スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野火 ~悲惨!陰惨!凄惨!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「野火」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画は塚本晋也監督の2015年の作品だ。
「鉄男」とか自主製作系の作品で有名な監督だな・・・と言っても筆者は塚本監督の作品観るのこれが初めてだったりするんだけど。

ガイコツ
筆者はこの作品、公開時は完全にスルーしており、それを後で知ってかなり後悔してたのですが、新文芸坐でリバイバル上映があってしかも監督のトークショー付きとのことで大喜びでホイホイと観に行ったようです。
トークショーの後にはサイン会もあったのでパンフにサイン貰って大喜びしてましたね(笑)

ロボコップ
なんかここまで書いてると筆者がすごくミーハーで現金なヤツに思えてくるな・・・実際そうだけども(笑)
そんなミーハーな筆者の話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



撮影OKだったトークショーの様子とサイン貰った直後大はしゃぎなミーハー野郎のツイッター
2016-03-20.jpg




日本軍の敗戦が濃厚になってきた、第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。1等兵の田村(塚本晋也)は、結核を発症したために部隊を追われて野戦病院へと送られてしまう。だが、病院は無数の負傷兵を抱えている上に食料も足りない状況で、そこからも追い出されてしまう羽目に。今さら部隊に戻ることもできなくなった田村は、行くあてもなく島をさまよう。照りつける太陽、そして空腹と孤独によって精神と肉体を衰弱させていく田村だったが……。
シネマトゥデイより引用
poster2_2016032101045031a.jpg
筆者はキャピキャピしてますが観た作品は血みどろドロドロです。
[ 2016/03/22 01:40 ] タ行 塚本晋也 | TB(0) | CM(0)

魔鬼雨 ~悪魔的存在感!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「魔鬼雨」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はロバート・フュースト監督の1975年の作品だ。
筆者はこの作品、タイトルだけで内容ほぼ知らなかったんだが、中古屋でたまたま見かけて面白そうなパッケージだったので買ってみたようだ。

ガイコツ
下にポスター画像貼っておきますが、パッケージもこれと同じで地獄絵図になってます。
怖いというか情報量多すぎてカオスなところが素晴らしいですね。
ボンクラ心を惹きつけてやまないです(笑)

ロボコップ
そして、ジョン・トラヴォルタのデビュー作という謳い文句も怪しさ満点で惹かれるところだぜ・・・!
では、トラヴォルタがデビュー作でどんな活躍をしたのか、内容を見ていこう。
ストーリーはこんなカンジ。




マークの父親が、帰宅した途端、雨の中で溶けてしまった。続いて今度は母親が姿を消してしまう。マークは一連の謎を追ううち、邪教集団と彼自身の一族の繋がりを発見するが……。
allcinemaより引用
Devils-Rain-poster-1.jpg
なんか悪魔が出てきて人が溶けて男が磔にされて美女がいて爆発があって車が吹っ飛ぶのは分かった。

古書店を彷徨く者 ~昔のホラー映画雑誌を買ってみた編~

ガイコツ
ハッピーハロウィンメリークリスマスハッピーニューイヤー鬼は外ハッピーバレンタイン!
かなりお久しぶりです・・・。

ロボコップ
ヤクルトがリーグ優勝してエキサイトしてたり、モンハンやってたり、仕事がちょっと忙しくなったり、ダラダラしてたり諸々の事情でずーっと更新が滞ってしまってたぜ。
またボチボチと更新していければと思うので読んでいただける奇特な方々はよろしくお願いします。

ガイコツ
今回はリハビリも兼ねて映画ではなく、最近古本屋で見つけた雑誌を簡単に紹介してみようと思います。
ヴイゾーンなるホラー専門誌なのですが、特集内容がなかなかにツボだったので買ってみたようです。

ロボコップ
ウキウキでレジに持って行ったんだけど、レジの人がかわいらしい若い女の子だったからなんか微妙に気まずい気分で会計を済ませたのを覚えているぜ・・・買ったのこの一冊だけだったから余計に。
そんな気まずい表紙はこんなカンジ。表も裏も死角なしだな(笑)




ヴイゾーン1ヴイゾーン2
どこからどう見ても全方位変態雑誌です。ありがとうございました。
[ 2016/02/21 23:24 ] 雑談 | TB(0) | CM(2)

映画は映画館で観ようの会 ~血みどろホラーナイト編~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ホラー・マニアックスpresents血みどろホラーナイト2015 第2夜 カニバリズム×ジャーロ! イタリアン・ホラー2大潮流大激突!」でサタデーナイトフィーバーしてきたよという話です。

ロボコップ
このイベントは8/29(土)に池袋の新文芸坐でやっていたものだぜ。
新文芸坐って映画館、いつもすごく気になってるんだけど池袋自体にほとんど用事がなかったからあんまり行く機会がなかったんだけど今回は外せない!ということで行ってきたようだ。

ガイコツ
筆者はこのオールナイトのためにあえて前日夜更かしし、当日は午後2時まで寝て睡眠サイクルをズラすという荒業まで行って睡魔との戦いに備えていたようです・・・バカとしか言いようがありませんね(笑)
そしてオールナイト終わった後も午後2時までグッスリ寝たようです。

ロボコップ
週末が全てオールナイトの為に捧げられたと言っても過言じゃないぜ・・・!(笑)
筆者のダメダメな週末事情の話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
上映作品は以下の通り。



上映作品は「食人族」 「サンゲリア」 「フェノミナ」 「シャドー」でした。
allnight.jpg allnight2.jpg
週末をズタズタに切り裂いた4作品!

エボラシンドローム 悪魔の殺人ウイルス ~下衆の極み!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エボラシンドローム 悪魔の殺人ウイルス」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はハーマン・ヤオ監督の1996年の作品だ。
「インファナル・アフェア」でカッチョよかったアンソニー・ウォンが若かりし頃に主演したことでも有名なカルト作品だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、観てみたいとは思いつつもソフトを見かけたことすらない作品だったのですがヒューマントラストシネマ渋谷がスーパークレイジー極悪列伝なる企画で何を血迷ったか「八仙飯店之人肉饅頭」などと共に上映するという快挙を成し遂げたので観に行ってみたようです。

ロボコップ
快挙なのか暴挙なのか分からんが、ソフトも高騰してるし映画館でやってくれたのはありがたかったな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



サエないチンピラのカイは、ボスの夫婦を殺害し、アフリカへと逃亡する。十数年後、アフリカの中華料理店で働いていたカイは、豚肉を仕入れにサバンナの奥地にある村を訪れることに。だが、その村はエボラ出血熱に侵されており、そのことを知らないカイは現住民の女性をレイプし、彼女の体液を浴びてしまう。だが、カイはなんと1000万人に1人のエボラウィルスに対する免疫の持ち主だったのだ!こうして歩く病原体となった彼は、香港に舞い戻り、市民を恐怖のどん底へと陥れる。
スーパークレイジー極悪列伝HPより引用
poster_201508162226477d2.jpg
伊波拉~!伊波拉~!
[ 2015/08/25 01:57 ] ハ行 ハーマン・ヤオ | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。