FC2ブログ

スペースバンパイア ~すっぽんぽん!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「スペースバンパイア」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の1985年の作品だ。
「悪魔のいけにえ」の監督に、脚本は「エイリアン」ダン・オバノン、音楽はヘンリー・マンシーニなどビッグネームが名を連ねている作品だぜ。


ガイコツ
こんな大物が勢揃いの作品ならきっと名作なんでしょうね!


ロボコップ
き、きっとな(震え声)
ま、まあ早速だが内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




ハレー彗星と共に地球に接近してきた謎の宇宙船。そこには3体の人間が安置されていた。だが研究のため地球に持ち帰った、人間と思われていたその生物は人々の精気を吸い取る宇宙の吸血鬼だった。
Yahoo映画より引用
スペースバンパイア
フォースと共に在れ・・・!
[ 2012/08/21 23:50 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(6)

ポルターガイスト ~スピルバーグ感~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ポルターガイスト」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の1982年の作品だ。
筆者は前回の「ファンハウス 惨劇の館」に続きトビー・フーパー監督の映画だということで鑑賞したらしい。


ガイコツ
でもこの映画はトビー・フーパー監督ということよりスティーヴン・スピルバーグ製作っていう方が一般的によく知られていると思いますけどね。
で、そんな風潮に対し意味不明な反抗心を持った筆者は「スピルバーグにつられたワケじゃねえし!トビー・フーパーの作品だから観てるんだし!」というこれまた謎の気概を持って鑑賞に臨んだようです。


ロボコップ
筆者は反抗期の中学生か!?
・・・まあ厨二病の筆者は置いといて内容の話にうつろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



フリーリング一家は、新興住宅地のクエスタベルデに越してきた。だが、家の中で物がひとりでに動きだすという奇妙な現象が発生。そして嵐の晩、庭の大木が突然息子ロビーを襲い、また末娘キャロル・アンはクローゼットの中に吸い込まれて消えた。両親は、行方不明のキャロル・アンを助けるため、超心理学を研究するレシュ博士らを家に招く。家の中で起こる並外れた超常現象を目撃したレシュは、これまでに何軒もの家を清めたという霊媒師のタンジーナに助けを求める。一方父親は、クエスタベルデ一帯が墓地を潰してつくられた住宅地であることを知る。
ポルターガイスト
スピルバーグからの、卒業(尾崎豊風)
[ 2012/05/23 20:55 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(1) | CM(6)

ファンハウス 惨劇の館 ~リア充爆殺大作戦~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ファンハウス 惨劇の館」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の1981年の作品だぜ。
筆者がトビー・フーパー監督の作品を観るのは「悪魔のいけにえ」以来で2作品目だな。


ガイコツ
「悪魔のいけにえ」はハンマーガツン!扉ガラガラピシャッ!の場面から最後のチェーンソーダンスまでずっと口アングリ状態でしたね。


ロボコップ
有名だからって理由だけで観て重傷を負った初めての体験だったな(笑)
だいぶ慣れた今なら楽しく観られるかもしれんが、どうだろう。
では内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



とある田舎町のカーニバルに4人の若い男女が遊びにやってくる。4人はそこのお化け屋敷ファンハウスに入ってみる。だが、その中で4人は偶然客引きの男が女を殺害する場面を目撃してしまい、ファンハウスからの脱出を試みるが出口が見つからず・・・。
ファンハウス1
や~い、お前ん家、おっばけ屋敷~
[ 2012/05/20 23:36 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(1) | CM(0)