FC2ブログ

悪魔の起源 ジン ~アラビアーン?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「悪魔の起源 ジン」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の2013年の作品だ。
製作国がアラブ首長国連邦っていうのが筆者的には初めてでちょっと珍しいカンジがするな。

ガイコツ
しかもホラーというのがまた珍しいですよね。
筆者はこの作品、そうした物珍しさとトビー・フーパーの新作ということに惹かれて単館レイトショーのみという悪条件を懸命に乗り越えて観に行ってみたようです。

ロボコップ
ちょっと前のポール・バーホーベンといいトビー・フーパーといい扱い悪すぎやしないかと言いたくなるぜ・・・!
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




アラブの豪華なマンションに新居を構えたサラマとハリド。ある日、ハリドが仕事にでかけ、サラマが1人で家にいると、いるはずのない赤ん坊の泣き声が聞こえてくる。そして、全身を黒い衣装に身を包んだ何者かが、天井や壁などあらゆる場所から出現。次々と起こる不気味な現象に悩まされるサラマは、かつて自分が産んだ子が悪霊にとり憑かれる夢にうなされるようになり……。
映画.comより引用
poster2_20140406234041075.jpg
何でも“悪魔の”ってつけりゃいいワケじゃないぞ!
[ 2014/04/08 21:20 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(0)

ヒルズ・ラン・レッド -殺人の記録- ~本当にあった怖い映画~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ヒルズ・ラン・レッド -殺人の記録-」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はデイヴ・パーカー監督の2009年の作品だ。
タイトルで「ヒルズ・ハブ・アイズ」を思い出したりするけど特に関係ない作品だぜ。

ガイコツ
まあそもそもヒルズしか被ってないのに関係あると思う方がおかしいのかもしれませんけどね(笑)
筆者はこの作品、最近ホラーをあまり観ていないということでB級ホラーをいくつか物色していたのですが、中でも評価がまずまずだったので観てみたようです。

ロボコップ
A級作品で評価がまずまずなら迷うところだが、B級ホラーなら問題なくゴーサインが出るのはなんなんだろう(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




1980年代に製作されるものの、フィルムはおろか、スタッフやキャストまで行方不明となった幻のホラー作品“ヒルズ・ラン・レッド”。その噂を聞いた映画マニアの学生タイラーは、真相を探るべく当時撮影に使われたロケ地を探索することに。そして、監督の娘アレクサを捜し出し、仲間と共に撮影現場へ向かうタイラー。しかし、現地に辿り着くと、映画の中のキャラクターで赤ん坊のマスクを被った殺人鬼“ベビーフェイス”が現実に姿を現わし、タイラーたちを襲い始める。本当の死の恐怖を味わう羽目になったタイラーはさらに、ある驚愕の事実を知るのだが…。
allcinemaより引用
The-Hills-Run-Red-cover.jpg
わしの映画を探しとるのはどこのどいつじゃ!
[ 2014/03/20 23:15 ] タ行 デイヴ・パーカー | TB(0) | CM(2)

アメリカン・ハッスル ~役者の魅力爆発!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アメリカン・ハッスル」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はデヴィッド・O・ラッセル監督の2013年の作品だ。
何やらアカデミー賞に沢山ノミネートされていたりする作品らしいな。
というよりもあんまり調べてなかったから観る前はそれくらいしか知らなかったぜ。

ガイコツ
急に空いた時間を使って観に行ける作品はないかなと適当に探して観に行ったカンジだったので“この作品アレやろ、ディカプーが出てない方やろ?”みたいな色々失礼な事言ってましたね(笑)

ロボコップ
無知は人を尊大にするな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




79年、ラスべガスやマイアミに続くカジノタウンとして開発中のニュージャージー州アトランティックシティ。詐欺師のローゼンフェルドを逮捕したFBI捜査官のディマーソは、司法取引でローゼンフェルドを捜査に協力させ、偽のアラブの大富豪をエサにした巧妙なおとり捜査によって、カジノの利権に絡んだ大物汚職政治家たちを逮捕していく。
poster2_201402062329559dc.jpg
ハッスルハッスル!

デビルズ・ゾーン ~マネキン!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「デビルズ・ゾーン」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はデヴィッド・シュモーラー監督の1978年の作品だ。
前回の「処刑山 -デッド・スノウ-」に引き続き今回も不健全な作品だぜ。

ガイコツ
不健全成分不足で禁断症状が出ていたときにタイトルからして不健全だろうと思われる作品をまとめて4本も借りてしまったのでどんどん消化していかないといけないですからね(笑)
観ないまま返却するのは癪ですし。

ロボコップ
でも正直2本観終わった時点でもうお腹いっぱいな感はあるんだけどこれから大丈夫なんだろうか・・・。
過ぎたるは猶及ばざるが如しな筆者の話は置いといて、そろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ドライブ中の若者グループがたどりついたのは荒れ果てた蝋人形館。彼らはそこで、不気味なマスクをつけた男に殺されていく……。
Yahoo!映画より引用
tourist_trap_xlg.jpg
お前もマネキンにしてやろうかぁ!

処刑山 -デッド・スノウ- ~不健全!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「処刑山 -デッド・スノウ-」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトミー・ウィルコラ監督の2007年の作品だ。
東京では今日初雪が降るとか降らないとか言ってたからピッタリの映画だな!

ガイコツ
そんなロマンティックな理由でこの映画選んだとしたら本格的に頭おかしいですよ!(笑)
まあホントは筆者が12月に入ってから不健全な映画を観ておらずそろそろ禁断症状が出る頃だったので観ただけなんですけどね。

ロボコップ
それはそれで筆者本格的に頭おかしいんじゃないのか・・・?(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



8人の医学生が休暇を利用して雪山を訪れる。そこは、かつてナチスの兵団が略奪を繰り拡げた後に全滅したといういわくつきの土地だった。山小屋に寝泊まりした医学生たちは偶然ナチスの財宝を発見し、横領しようとする。するとそのとき、冷凍されていたナチ兵たち突如ゾンビとして復活し、学生たちを襲い始める。ナチゾンビたちは数名を食い殺すが、何とか生き延びた者たちも負けじと斧やマシンガンで武装して友人の弔いのために反撃を開始する。
Wikipediaより引用
dod_sno.jpg
三つ数えろ!“アイン ツヴァイ ダイ!”