ブラックブレッド ~大人の事情~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ブラックブレッド」について話して行きましょう。


ロボコップ
この映画はアグスティー・ビジャロンガ監督の2010年の作品だ。
スペインの作品でアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表にもなった映画だぜ。
ダークミステリーという宣伝がされていたので自称ミステリーハンターの筆者が急行したらしい。


ガイコツ
急行とかいう割に公開されてから既に1週間経ってますけどね(笑)
スペイン内戦後の話ということで当時の状況を把握するためにWikiでかるーく予習してから観に行ったようです。


ロボコップ
単語リンクで飛んでるうちにいつの間にかスペイン内戦とあんまり関係ない電撃戦の項目眺めてたけどな(笑)
ではそろそろ内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



スペイン内戦終了後のカタルーニャ地方の山あいの村で、少年アンドレウは森の中でディオニスとその息子クレットが息絶えるのを目撃。クレットは「ピトルリウア」という言葉を残す。それは子供たちの間で洞窟に住むと信じられている怪物の名前だった。かつてディオニスと左翼の同志だったアンドレウの父に殺人の疑いがかけられ、父は追及を逃れるために姿を隠す。そんな中、アンドレウは、大人たちが隠してきた、過去と現実を知る事になる。
ブラックブレッド
電撃戦(でんげきせん、独:Blitzkrieg、英:lightning war)とは、一般に機甲部隊の高い機動能力を活用した戦闘教義である。
ガイコツ
・・・・Wikiで調べといてよかったですね。
物語が割とスペイン内戦について知ってること前提で進むので多少でも予習してなかったら主人公の家族がなぜ迫害を受ける対象になったかしっかりと分からなかったかもしれないです。


ロボコップ
簡単に言うと左派と右派が戦って右派が勝った内戦後、親が左派のため貧しい暮らしを強いられている家庭の子供の物語だぜ。
最初に一つ殺人事件が起き、それをキッカケとして少年の周囲、そして少年自身に起こる出来事や変化を描いているってカンジだな。


ガイコツ
殺人事件の犯人は誰なのかっていう謎が物語を動かすパワーとなっているんですが、謎解きがメインではなくてその謎が解き明かされていくことによる主人公自身の変化が見所の作品ですね。


ブラックブレッド1
このかわいい少年が変化していきます。
ロボコップ
最初は無邪気だったた主人公が殺人事件をきっかけに大人の汚い部分を知ったり、それを知りすぎてしまったせいで妙に大人びてしまった少女と出会うことによって主人公自身もある意味大人になっていくんだが変化がなんだか悲しいんだよな。


ガイコツ
その大人の汚い部分だって完全に悪ではなくてその状況下ではどうしようもない部分もあるんですよね。
でも純真な子供にとってははその事実もそれを自分に隠そうとしていることも大きなショックだし裏切りにも近い感情を持ってしまうというのがなんともモヤモヤするところです。


ブラックブレッド2
大人の事情満載の大人たち
ロボコップ
妙に大人びた少女については存在自体に痛々しさがあったな。
父親が自殺し母親が男作っていなくなったことによって、大人になったと言うより大人にならざるを得なかったってカンジだし。


ガイコツ
急速に大人になった反動なのか異常にすれたカンジというか邪悪さも持っていますよね。
で、まだ純真さを残す主人公に惹かれつつ、主人公を自分のいるところまで引きずり込もうともしている姿に非常に観ていて苦しくなりました。


ブラックブレッド3
この画像でちょっと邪悪なカンジが伝わるだろうか・・・?
ロボコップ
同じスペイン内戦を扱った映画として「パンズラビリンス」もあるが、あちらは辛い現実の逃げ道としてファンタジーの世界を作り出していたのに対して、「ブラックブレッド」は逃げ道が与えられずに真正面から辛い現実を全て受け止めさせられたってカンジだったな。


ガイコツ
どっちも悲しさを感じる作品ですけど、ファンタジーがない分この作品の方が非常にエグみが強いなぁと思いましたね。
まあジャンルが違うんで比べること自体がアレかもしれませんが。


ブラックブレッド4
連行される父の裏にも辛い現実が・・・・?
ロボコップ
そろそろまとめにはいるが、
どうしようもない現実とそれに逆らえない大人たち、そしてそれを見せつけられた主人公の変化していく様子に非常にもやもやする映画だと思うぜ。
全体的に暗めで重い話だがすごい見ごたえのある映画だと思うので気になってる方は是非。


ガイコツ
謎解きメインではないですし観ながら推理するってカンジではないですが、伏線とかもぼちぼち張ってあって面白い話なのでミステリ好きな方も多分楽しめるんじゃないですかね。
今回はこのくらいですかね、ではまたー。


ロボコップ
あ、スペイン内戦について知らない人は観る前にかるーくでもいいんで確認しておくとより作品にすっと入れるようになっていいと思うぜ。
じゃあの。




ミステリーハンター的には今回は謎解きメインじゃないので引き分け!犯人予想は外してたけどノーカン!
↓あ、お見苦しいところをお見せしました。よろしかったらクリック願いします。↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL