ゾンゲリア ~邦題がやりたい放題!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゾンゲリア」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はゲイリー・シャーマン監督の1981年の作品だ。
最近(といっても一週間ちょっとだが)B級ホラーとご無沙汰だったため、B級成分を摂取するためにこの映画を借りたようだ。


ガイコツ
完全に中毒患者ですね、筆者。
そのうち観ないと手が震えてきたりしそうです。
そしてそんな筆者にピッタリな胡散臭いタイトルですね(笑)


ロボコップ
あからさまに「ゾンビ」「サンゲリア」を意識したタイトルなうえに、脚本が「バタリアン」ダン・オバノンということで恐ろしいゾンビ臭がする作品だぜ(笑)
では内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



小さな港町に訪れたカメラマン。そのカメラマンに話しかける女性。翌日、カメラマンは炎上した車の中で発見される。しかしカメラマンは一命をとりとめ、町の保安官ダン・ギルズは、この一件がただの事故か、それとも事件か、捜査を開始する。捜査を進めていくうちに、ダンは恐るべき真実に少しずつ近付いていく。そしてダンが捜査を進めていく一方で、一人、また一人と犠牲者は増え続けていた。
ゾンゲリア
確かにインパクトの弱いタイトルだと思いますよ?でも、「ゾンゲリア」ってあぁたねぇ!
ガイコツ
・・・・まず一言言いたいのは、
邦題つけたヤツ出てこい!ってことですね。
作品本当に観てから邦題つけたのか疑いたくなるレベルです。


ロボコップ
まあゾンビ的なものは出てくるっちゃあ出てくるけど一般に言うゾンビものとは明らかに作風違うもんな。
基本的には主人公の刑事ダンが小さな港町ボッターズ・ブラフで起こる奇怪な連続殺人事件を追うというサスペンスホラーの色が強い作品だぜ。


ガイコツ
グロテスクなシーンもあることはあるんですが、見せつけるように何度も出てくるわけではなくて中だるみしないためのアクセントとして使われているって印象ですよね。
グロさとしては今見ると古さを感じるものから、今でもイテー!ってなるものまでまちまちでしたが。


ロボコップ
目に注射器グサッはベタだけど破壊力あったな、あと顔が酸で溶けたりも。
それとグロシーンは町人の集団が一人に襲いかかるっていう構図が多かったんだが、そこはちょっと「マニアック2000」を思い出したな。


ゾンゲリア3
べっぴんナースさんでも目にグサーッはいややー!
ゾンゲリア2
ムサイおっさんにガソリン掛けられて燃やされるのはもっといややー!
ガイコツ
グロシーンについて話しましたけど、それはあくまでアクセントであって本当の見所はサスペンスホラーとしての緊張感不気味な雰囲気ですよね。
あんまりネタバレしちゃいけない系の話なので詳しくは話しづらいのですが・・・・。


ロボコップ
舞台が小さな田舎の港町っていうのもいいよな。
規模が小さいおかげでその怪しい空気が町全体を包み込んでいる感じがして。
あとちょっとクトゥルフっぽい雰囲気もあるな。


ガイコツ
まあゾンビが関わるホラーはクトゥルフ神話に影響されているものも多いみたいですしね。
まあ実際は筆者はクトゥルフ神話ほとんど知らないので今回のクトゥルフっぽいって指摘が当たっているかどうかは不明ですが・・・・。


ゾンゲリア4
オッチャン「筆者のクトゥルフ知ったか痛くて見てられないわー!m9(^Д^)プギャー」
ロボコップ
最後は驚きのオチがあるのでそこも見所だな。
某名作とちょっと似てるって話もあったりなかったりするが・・・・。


ガイコツ
でもその某名作よりも古い作品なんでパクリではないんですよね。
まあ似てようが似てまいがオチが面白いというのは、さすが「バタリアン」監督「エイリアン」脚本のダン・オバノンの脚本といったところでしょうか。


ゾンゲリア5
刑事「君と僕どちらが先に真相にたどりつけるか勝負だハッハッハー」
ロボコップ
そろそろまとめにはいるが、
おどろおどろしい邦題とは違って非常に地味だが怪しい雰囲気や緊張感があり、手堅く作られているサスペンスホラー作品だと思うぜ。


ガイコツ
B級スプラッターをイメージしてみると拍子抜けしてしまうとは思いますが、個人的には面白かった作品なのでホラー好きな方は是非観てみてはいかがでしょうか。
あとネタバレするとアレな作品なのであまり調べず観るのをお勧めします。
今回はこのくらいですかね、ではまたー。


ロボコップ
最後にもう一度言いたいのは、
邦題つけたヤツ出てこい!だな(笑)
じゃあの。



邦題もひどいが私のタイトルのダジャレもひどいことは自覚している。
↓それはそうとよろしかったらクリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




※ネタバレ注意 未見の方は見ちゃいやん!
↓反転するとオチが似ていると噂の某名作が分かるかもしれません↓

教えません!



っていうのは嘘で「シックスセンス」にちょっとだけ似てます
スポンサーサイト
この映画、気になってました
ホラー好き主婦です。
オチを内緒にしてくれて、ありがとうございます。
ずっと気になっていた映画で、某ネットレンタルの予約リストの上位に入れていました。
見るのが楽しみですねー。

いつも、どんな映画がここで取り上げられるか、更新をワクワクしながら待っています。
B級がお好きなら、ラリー・コーエン監督の「ザ・スタッフ」なんてどうですか?
人間をたべるアイスクリーム・・・というキャッチフレーズな映画です。
アマゾンで500円で新品DVD売っていたので、思わず買いました。
なかなか面白い映画でしたよ。 B級だけど。
[ 2012/06/29 16:58 ] [ 編集 ]
Re: この映画、気になってました
コメントありがとうございます!
面白かったので是非観てみてください。
オチもそうですし邦題と内容の違いに驚くと思います(笑)

備忘録的な感じで始めたのですが、楽しみにしていただけてうれしいです。
「ザ・スタッフ」ですか・・・・聞いたことなかったタイトルですがキャッチグレーズの時点ですごい惹かれますねー!
しかもお財布にもやさしい(笑)
紹介してくださってありがとうございます!今度観てみますね。
[ 2012/06/29 20:00 ] [ 編集 ]
かなぶんです。
 alai Lama様
 コメント失礼します、かなぶんです。

 ゾンゲリア、高校の時にVHSで観ましたよ!日本公開当時、私は小学生でしたが、子供心に「このタイトルって…」と思いました(笑)でも、けったいな邦題に反して、内容は、なかなかに味わい深いホラーでしたね。私は残念な事に、あらかじめオチを知っていたので、衝撃度は半減してしまいましたがねi-241あと、「海岸で女性に誘惑されても、ホイホイついて行かないようにしよう」と思いましたよi-229

 ちなみに、ダン・オバノンは大のクトゥルフ・フリークで、少年時代に作家・オーガスト・ダーレス(クトゥルフ関連の一連の小説を、神話の形に再構成した方…らしい)のところに、自分で書いたクトゥルフ神話のイラストを持ってった位だそうですから、映画にも自然にそんな雰囲気が出たのかも?しかし、「ゾンビが関わるホラーはクトゥルフ神話に影響されているものも多い」とは知りませんでした…。

 また遊びに来ます!
[ 2012/07/01 10:37 ] [ 編集 ]
Re: かなぶんです。
コメントありがとうございます!
味わい深い内容なのに邦題の胡散臭さのせいでだいぶ損している気がしますね。
流行りにノったれ!みたいなノリは好きですが(笑)
知らないおじさんはもちろんですがきれいなお姉さんもついていっちゃダメなんですねー、世の中って怖いv-12

ダン・オバノンの情報ありがとうございます!
勉強になりました。クトゥルフ・フリークなら多少なりとも影響があったかもしれないですねー。
クトゥルフ神話には「死霊のはらわた」やルチオ・フルチの作品も影響を受けていると聞いたことがあります(名称を借る程度だったりしますが)。
多いっていうのはちょっと語弊があったかもしれないです(汗)
[ 2012/07/01 18:23 ] [ 編集 ]
私もこの映画見たことあります。てか、家にDVDあります(笑)
ゾンビ映画と期待してみたら以外にもサスペンス映画だったのにびっくりです。

最後の展開の救いの無さは衝撃的でした。
B級感はありますが、イタリアン・ゾンビものと比べたらストーリーがある程度
しっかりしているという点で悪い作品じゃありません…邦題を除いて(苦笑)
[ 2012/07/02 01:14 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ややっDVDまでお持ちとはなかなかマニアックですね(笑)
自分も観る前まではいろんな意味で血湧き肉躍るゾンビ映画だと思ってました。

最後の展開は驚きました。終わり良ければすべて良しではないですけど、あれでのおかげで作品全体に対する印象もだいぶ変わったと思います。
バカな邦題のせいで評価がどうしても意外としっかりしているになりがちなのがちょっと残念だなあと思う作品です・・・・。
[ 2012/07/02 08:09 ] [ 編集 ]
はじめまして
当作品、様々なメディアで意外と佳品と聞いてたので、見てみたかったのです。
たしかに雰囲気を楽しむ映画ですね。
オチは『…センス』の元ネタなんでしょうか。『…センス』はホラーだけど物悲しくてお気に入りですが、
その後の彼の監督作品はどれもはずしまくりで、『ヴィレッジ』でもう見るのをやめました。

不気味な感じは『悪魔の墓場』と似てませんか?
こちらもバッドエンディングも含めてお気に入りです。

当作品とダン・オバノンが結びつかなくて…でも見てよかった~!

全くの余談なんですけど、今息子が6歳で、将来一緒にホラー映画見るのが夢(笑)なんです。
今見せると旦那に怒られるので…いつからならいいいのかしら?
私は小学校低学年の頃にはTVの午後のロードショーで母と一緒に『サスペリア』とか見てたけど。
最近は昼間っからホラー映画やらないですよね。CMですら…

新参者が長々と失礼しました。いろいろ見させていただきます
[ 2014/05/13 10:16 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして
はじめまして。
コメントありがとうございます!

邦題はものすごく怪しいですがなかなか面白い作品ですよね〜。
オチは「…センス」を先取りした感がありますが、「…センス」が真似てるってワケでもない気もします。
シャマラン監督は「アフターアース」では宣伝でも名前を強調されなくなってしまって少し寂しい気持ちになりました(笑)

「悪魔の墓場」は未見なのですがストーリーなど読むと面白そうな話ですね〜。
今度是非観てみます。

ダン・オバノンは関わった作品が一定以上のクオリティーになっているので名前があるとちょっと心強くなります。

息子さんとホラー映画いいですね〜。
私は小学生の頃テレビでやってた「リング」を親と見てしばらくの間トラウマになった記憶があります。その反動で今は好きですけど(笑)
たしかに最近はホラー映画やらなくなってきてますよね。「バイオハザード」とか「貞子3D」とかホラーか微妙なラインのはやってますが本格派ホラーが恋しいです…。

これからもよろしくお願いします!
[ 2014/05/15 08:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL