スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リベリオン ~ガン=カタマスターならしょうがない!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「リベリオン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はカート・ウィマー監督の2002年の作品だ。
筆者は作中に出てくるガン゠カタというこの映画オリジナルの戦闘術に惹かれて観ることにしたようだ。


ガイコツ
厨二病クサイの好きですからね、筆者。
東洋武術に特有の「素早い手技主体の格闘」に、「統計的に命中率の低い位置へ動くことで射線を避け、逆にこちらの弾丸を効果的に撃ちこむ」という、科学的な考えが採用されている
この文言だけでお腹いっぱいです(笑)


ロボコップ
銃のガン+武術の型(カタ)でものすごい単純なネーミングだけどな(笑)
ではそろそろ内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



第3次世界大戦後、人間は戦争の根源である「人間の感情」を抑制する薬、プロジウムを開発した。人々は毎日薬の投与を義務付けられ、本や絵画、音楽は一切禁止された。違反者の取り締まりを行うプレストンは、最小限の空間で銃の威力を最大限に伸ばす武道ガン・カタの達人。ある日プレストンは、誤ってプロジウムの瓶を割り、投与をしないまま仕事に就く。それは、プレストンが長い間忘れていた「感情」のかけらを、ゆっくりと目覚めさせていった…。
リベリオン1

この格闘技を極めることにより…
     ( ゚д゚) ;y=‐ ;y=‐
     (\/\/

攻撃効果は120%上昇
     ( ゚д゚) ;y=‐
     (\/\
          \ ;y=‐


防御面では63%上昇
     ー=y;―
         |
      (゚д゚ )
 ー=y;_/| y |


ガン=カタを極めたものは無敵になる!
  ー=y;  ( ゚д゚)   ;y=‐
    \/| y |\/


ガイコツ
期待通りガン=カタアクションが良かったですねー。
マトリックスみたいなワイヤーアクションとかはないんですがスタイリッシュでカッチョイイです。
銃を取り出すにしても袖から「タクシードライバー」方式でシャッと出すなど、細かいところにもこだわりがあったのも面白かったですし。


ロボコップ
お決まりの敵の弾は当たらずこっちは百発百中というご都合展開といえばそうなんだが、冒頭でガン=カタの説明が入っているせいか「ガン=カタマスターなら仕方ないか・・・!」という気分になる(笑)


リベリオン2
ガン=カタマスターならこの強さもしゃーないわ!
ガイコツ
個人的には雑魚敵との戦いは圧倒的だと爽快感があっていいのですが、ボスキャラ級のヤツらにはもう少し苦戦してもよかったんじゃないかなぁと思いましたけどね。
まあ強すぎるのもガン=カタマスターだからしょうがないですかね。


ロボコップ
Wikiのカート・ウィマーの項目に
ヒーロー物に対して独特の美学を持っており、ヒーローが苦戦することを「最終的に勝つことがわかっているのだからつまらない」と批判して圧倒的な実力で勝つヒーローを好むという。
って書いてあるしそこらへんは監督の好みなんだろうな。


ガイコツ
あと、思ったほどアクションシーンだらけの映画じゃなかったことに少しびっくりしました。
ガン=カタアクションもっと見たかったです。これの3倍くらいあってもOKってくらい。


ロボコップ
何だろうな、ストーリーとか世界観も凝ってるところを見せたかったんかな。
中盤あんまりアクションがないので「ガン=カタアクションまだ~?」ってカンジになったのは否めない。


      ☆ チン     マチクタビレタ~
                        マチクタビレタ~
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < ガン=カタアクションまだ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん |/

リベリオン3
ガン=カタをお休みしている間は剣道やるぜ!ニンニン!
ガイコツ
ストーリーについては薬によって感情を失い、感情を喚起する芸術や娯楽が禁止された世界で主人公が感情を取り戻し、感情を奪い人々を支配している国の中枢との戦う、といった重厚さや深みも出せる話なのですが設定の細かい粗が多いのが少し気になりますかね。


ロボコップ
細けえこたぁいいんだよ!っていうにはアクション以外のところに割き過ぎている気がするし、ドラマをじっくり見てくれっていうには細かいことが気になってしまう、痛し痒しなカンジがするんだよなぁ。


ガイコツ
細かいのか微妙ですが、この流れは笑いましたね。
やった!最高権力者に謁見できるぞ!暗殺のチャンス!
→係員「権力者は暗殺を恐れているからその手に持っている刀は預かるぞ!」主人公「うむ」
→権力者「かかったな主人公!お前の反逆はお見通しだ!丸腰で死ね!」
→怒り狂った主人公、袖に隠し持っていた銃をシャッと出し乱射!



ロボコップ
空 港 レ ベ ル の 身 体 検 査 も し と ら ん の か!
まあでも、ガン=カタマスターだからそれもしょうがないかな!


リベリオン4
子犬のかわいさに初めて気づく主人公、どうするアイフル状態!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ガン=カタアクションがとにかく面白いのでそれだけでも観る価値はあるかなと思います。
ストーリーや世界観については細かい部分が個人的には結構気になりましたがあんまり気にせず観るのが正解なんですかねー。


ロボコップ
アマゾンとかレビューサイトのレビュー見る限りだと筆者的には痛し痒しだったアクションとドラマのバランスもおおむね高評価みたいだから、好みによってそこら辺はだいぶ感じ方が違うんかな。
今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
まあ最終的には好みとしか言いようがないですよね(笑)
ではまたー。



↓クリックすればあなたもガン=カタマスター!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/06/27 02:06 ] カ行 カート・ウィマー | TB(0) | CM(2)
かなぶんです。
 alai Lama様
 コメント失礼します、かなぶんです。

 周囲で「ガン=カタが凄い!」と評判になっていたので観ましたが、確かに思いのほか、アクションシーンが少なかった気が…i-229でも、確かに東洋武術をベースにしたっぽいガン=カタはカッコよかったですね!でもボスキャラとの対決は、何かジークンドーの組手みたいになってた気が…。
 それと、主人公の同僚の黒人がラスボスの前に自信満々で主人公にかかって行って、メチャクチャあっさり死んじゃったのが印象的でした…て、言うか、元同僚なんだから、そんなひどい殺し方しなくてもi-282

 また遊びに来ます!
[ 2012/07/01 20:07 ] [ 編集 ]
Re: かなぶんです。
コメントありがとうございます!
ガン=カタのアクションはもっとクドイくらいに見せつけるカンジでも良かったと思いますねー、それだけ魅力的でしたので。
ジークンドー・・・・聞いたことがなかったのでググりましたがブルース・リーはやっぱり偉大なんですねー!
確かにボスとの戦いは銃口がこっち向かないように手をはたいて防ぎあってるのがちょっとそれっぽいですね。
同僚の黒人は剣道みたいなことやってたときはいい勝負だったんですけどね・・・・、犬は殺せないけど自分が今までいた側の警察や元同僚にはホント容赦ない主人公はかなり鬼畜だなと思いました(笑)

これからもよろしくお願いします!
[ 2012/07/02 00:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。