スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラックホーク・ダウン ~アカンそれフラグや!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ブラックホーク・ダウン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はリドリー・スコット監督の2001年の作品だ。
「ブラックホーク・ダウン アメリカ最強特殊部隊の戦闘記録」ていうノンフィクション小説を映画化したものらしい。
筆者はこの前ここでパンフ祭りやったときパンフ読んではいたから、ずっとこの作品を観る機をうかがっていたらしい。


ガイコツ
そういえばちゃんとした戦争映画について話すの今回が初めてかもしれないですね。
エイリアンとドンパチとかはよく観てますが、人対人はまず本数もあんまり観てないですし。
観たことある作品としてパッと浮かぶのが「トラ・トラ・トラ!」くらいしかないです。


ロボコップ
主人公が非戦闘員の映画なら何本かは浮かぶんだけど、それはまた別のジャンルみたいな感があるしな。
ではそろそろ内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



1993年、国際世論におされた米軍は民族紛争の続くソマリアへ派兵。内戦を終結させようと、最大勢力ババルギディル族を率いて和平に反対するアイディード将軍の副官2名を捕らえるため、約100名の特殊部隊を首都モガディシュへ強襲させた。
当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだったが、作戦の開始直後に、アイディード将軍派の民兵の攻撃により、2機のヘリコプター、ブラックホークがRPG-7によって撃墜されてしまう。
敵地の中心へ仲間たちの救出に向かう兵士らは、泥沼の市街戦に突入していく。

ブラックホークダウン

────=== t ===───--- ブロロロロロ・・・・
     _,,r==lニニニl)-               
    ,イ_lコ l ̄::::l ̄ ̄l""ロー - ..,,__'ミo;'ヾ   
  (´、   .l_:::l__l_,,,,... ------'' " 
 

ガイコツ
すぐに終わる急襲作戦のハズが予想外の事態が重なってズルズルと泥沼の市街戦になり甚大な被害が出てしまうという、アメリカ軍がソマリア撤退するキッカケとなった失敗を描いた作品なんですが、すごいストイックな印象を受けますね。


ロボコップ
状況説明とかほとんどなしでずーっと休むことなく撃ち合いだもんな。
実際の戦場なんか行ったことないから(行きたくもないが)リアルかどうかは分からないが、画面から伝わる緊張感がハンパなかったな。


ガイコツ
監督いわくリアリティを追求したというだけありますよね。
戦闘のリアイティという点では負傷者の描写もなかなか容赦なかったですよね。


ロボコップ
指吹っ飛んでたり内臓デロリンしてるの平気で映してるもんな。
普通に銃撃された、血が出たとかだけだと正直痛さはあんまり伝わってこないんだけど、ここまで生々しくやられると結構くるものがあるよな。


ブラックホークダウン3
ヘリカッコイイ
ガイコツ
撮るアングルとかもこだわっててシーン一つ一つにすごい迫力がありますよね、カッコいいですし。
後のゲームとかにも大きな影響を与えたっていうのが納得の臨場感です。


ロボコップ
市街戦のカンジとかはFPSのゲームなら似たようなところいっぱいあると思うし、
アフリカの街並みで民兵が押し寄せてくるところなんかは「バイオハザード5」がもろにインスパイアされている気がするぜ。


ブラックホークダウン2
こっちは映画
コールオブデューティー4
こっちは「Call of Duty 4: Modern Warfare」ってFPSゲーム
ガイコツ
戦闘シーン以外の部分では地上で展開している部隊、車両部隊の兵士とヘリコプターで援護とナビゲートする兵士、本部から指令を出すお偉いさんと立場によって全然空気感が違うのが面白かったですね。


ロボコップ
その空気感の違いがチグハグな意思疎通を生んでお互いにフラストレーションをためていく様子が、戦争でもそうだけど自分の身近なところでも起きる現象として感じられたな(笑)
同じ目的に向かって進んでるハズなのに足並みがそろわないカンジ。


ガイコツ
あとは出発前の準備のところでフラグ立てまくってたのにはちょっと笑っちゃいましたね。
「すぐ終わるから水筒はいらねーぞ」
「夜までいる予定ないし暗視装置も必要ないぞ」
「背中向けて逃げねーから抗弾パネルもいらねーよ」



ロボコップ
全 部 必 要 だ っ た じゃ ね ー か !
その他にも「民兵は銃撃下手で石投げてくっから避けろよ」とかナメまくってていかにも失敗しますっていうカンジだったな(笑)


ブラックホークダウン4
「俺らナメられすぎじゃね?一回ヤキいれてやらんといかんわ!」
ブラックホークダウン5
「正直スマンかったと思っている・・・」
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
監督がリアリティを重視したというだけあって、画面から伝ってくる緊張感臨場感が素晴らしい作品だと思います。
戦争映画の好きな方もそうでもない方も是非観てみたらよいと思いますね。
って好きな人は割とマストで押さえてる作品だとは思いますが(笑)


ロボコップ
また、あんまりここでは話さなかったが兵士の行動や言葉に考えさせられるものがあったりするので戦争アクションとしてだけでなく色々な楽しみ方がある作品だと思うぜ。
今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
この作品はまだ国内ではBD化されていないみたいなので早くしてほしいですねー。
ではまたー。



↓何?深い考察が読みたい?力不足ですまない。このランキングにはきっと深い考察を書いた記事があるはずだ!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
この作品、大好きです!
おはようございます。
朝からいいもの読ませて頂きました。
この作品大好きで、しばらく「ブラックホーク、ダウン↑、ブラックホーク、ダウン↓」がマイブームだったあの頃。
弾が当たらないあの人の「乗りたいかね?」も好きな台詞です(1発かすめたけど)。
でも映画館で観てないんですよね。

>本部から指令を出すお偉いさんと立場によって全然空気感が違う
これこれ!コンピュータのブルーだか、グリーンだかの画面が顔に映って、現場は砂まみれ血まみれなのに対して
こっちはクールな感じなんですよね、ホントにゲームをしているみたいで。
戦争は偉い人がコマを動かすゲームなんでしょうけど。

すっかり目が覚めたので、顔洗いに行ってきます。フゥーーハッ!!
[ 2012/06/08 07:14 ] [ 編集 ]
Re: この作品、大好きです!
コメントありがとうございます。
この記事で目覚めを悪くされなかったようで幸いです(笑)
今まで観た戦争映画の中でも(そんなに観てませんが・・・)1,2を争うくらい面白くて、色々な人がこの作品を褒めてオススメしている理由が分かりました。
コレ映画館で観られた人がすごい羨ましいですねー。

>現場は砂まみれ血まみれなのに対してこっちはクールな感じ
「我々は主導権を失った」のセリフのとこなんかまさにそうですよね。
偉い人は頭を抱えてるけど、実際そのツケを払わされてるのは現場というもどかしい構図を端的に表しててすごく印象に残りました。

またmomorexさんのブログにもお邪魔させていただくと思いますのでよろしく願いします。
[ 2012/06/08 17:31 ] [ 編集 ]
私の友達もこの映画がすごく面白いって言ってました!!
でも私はまだ未見だったり…。今度借りてみたいと思います。
[ 2012/06/08 20:10 ] [ 編集 ]
Re: 黒 紅 茶さん
コメントありがとうございます!
きっと楽しめるので是非是非・・・!

お友達と映画の話ができるのいいですね!羨ましいです。
悲しいことに自分の周りには映画好きが少ないのでこのブログが結構心の拠り所だったりします(笑)
海外ドラマハマってる人ならボチボチいるのになぁ・・・。

これからもよろしくお願いしますm(-_-)m
[ 2012/06/08 21:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【ブラックホークダウン ~アカンそれフラグや!~】
どうもです。今回は「ブラックホーク・ダウン」について話していきましょう。この映画はリドリー・スコット監督の2001年の作品だ。「ブラックホーク・ダウン アメリカ最強特殊部隊の
[2012/06/09 14:31] まとめwoネタ速neo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。