スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ムトゥ 踊るマハラジャ ~ドヤ顔の貴公子~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ムトゥ 踊るマハラジャ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はK.S. ラヴィクマール監督の1995年の作品だ。
インドの映画で今「ロボット」にも出演しているラジニカーントが主演の作品だぜ。


ガイコツ
筆者は「ロボット」観る前にインド映画の予習をしておこうということで観たようです。
中古屋とかに思いの外置いてなくてちょっと探すのに苦労したようですが。


ロボコップ
DVD探すために新宿とか秋葉原を死んだ魚のような眼をして徘徊してたな(笑)
では内容の話にうつろう。
ストーリーはこんなカンジ。



大地主で豪邸の主人ラージャに仕えるムトゥは、その誠実な人柄により周囲の信頼が厚い優秀な使用人。縁談を断るほど芝居小屋通いに夢中な主人に付き添ってやってきたある小屋で、一座の看板娘・ランガナーヤキ(ランガ)と出会う。ラージャは彼女に一目惚れ。一方、互いの第一印象は最悪だったものの、ふとしたきっかけでムトゥとランガは相思相愛の仲となる。そして、それを発端として事態はムトゥの出生の秘密を巡る大事件へと発展していくのだった。
ムトゥ
大娯楽と書いてマサラ読ませたいらしい。
ガイコツ
まあなんか上にストーリーつらつらと書きましたが正直どうでもいいですね(笑)
とにかくやら踊りやらが盛りだくさんで楽しませてくれます。


ロボコップ
160分くらいある作品なんだが1/3くらいは歌と踊りやってる気がするぜ。
しかも自然な流れの中で始まるわけじゃなく唐突に話に割り込んでくるわ、急にバックダンサーがワラワラと出てくるわ、衣装は変わるわ、挙句の果てにはダンス専用のよくわからん空間にワープするわやりたい放題だよな(笑)


ムトゥ1
二人で野原で踊りだしたとしても最終的にこんなカンジになります。
ガイコツ
で、一通り満足するまで踊ったら何事もなかったかのようにストーリー進行に戻るんですよね(笑)
はじめはオイッ!とツッコんでましたが途中からどうでもよくなってきます。


ロボコップ
何とも言えない多幸感脱力感があるよな。
歌にしても踊りにしてもすごく楽しそう、楽しませようというカンジがあって。
演技についてもノリノリなカンジがするし。


ガイコツ
ラジニカーントはパッと見は大してイケメンでも何でもない中年のオッサンなんですが、さすが向こうではスーパースター扱いされているだけあって演技にすごく貫禄がありますね。
特にドヤ顔はクセになります(笑)


ぺ・ヨンジュン
微笑みの貴公子
ムトゥ3
ドヤ顔の貴公子
ロボコップ
それに対してヒロインの女性はお目目パッチリのすごい美女だよな。
いかにもインドっぽいなぁと思うきらびやかな装飾もよく似合っているし。


ガイコツ
表情もすごく愛嬌があってかわいかったですねー。
ラジニカーントと一緒にいると失礼ですが美女と野獣みたいなカンジですね(笑)


ムトゥ5
豪華絢爛!
ロボコップ
ここまではインドらしい部分について話してきたが、他国の映画の影響受けてそうなところも結構あったよな。
ムトゥの戦うシーンがやたらカンフーっぽかったり。
まあ本場とは比べるまでもないクオリティーではあったが(笑)
拳が当たるか当らないかくらいのところで次々と敵が吹っ飛んでいくぜ。


ガイコツ
ヌンチャクのつもりなのか知りませんが首に巻いてるタオルをブンブンと効果音つけて振り回したりもしてましたよね(笑)
さすがに戦闘では使用してませんでしたが。
あとはカーチェイスならぬ馬車チェイスがあったり。


ロボコップ
最高時速30kmくらいのな(笑)
野原とか田舎道をチェイスするから車ではダメだったんだろうな。
「ロボット」ではカーチェイスやってるみたいで、それを見るとインドも発展したんやなぁとしみじみと思ってしまったぜ。


ムトゥ6
コブラが車内に入ってしまうという馬車チェイスならではのハプニング
ロボット
刮目せよ!インドの進化を!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
歌に踊りにカンフーもどきの戦闘に馬車チェイスに楽しそうなことガッツリ詰め込んだ頭空っぽにして楽しめる映画です。
初めてのインド映画でしたが面白かったですねー。


ロボコップ
次観る予定の「ロボット」の期待値がグンと上がったな(笑)
今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
言い忘れてましたがこの作品、字幕ないんで何言ってるかさっぱりですがyoutubeに全編アップされているみたいなんで下に貼っておきますね。(多分公式?)
4分30秒くらいから始まる歌で作品全体の雰囲気が何となくわかると思います(笑)
ではまたー。





↓クリックしていただければ筆者がラジニカーントに負けないくらいのドヤ顔をします↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
無糖A茶
初めて見ました。
[ 2013/02/22 15:49 ] [ 編集 ]
Re: 無糖A茶
コメントありがとうございます!
インド映画の独特の雰囲気がすごく面白い作品なので観て損はないと思いますよ!
[ 2013/02/22 23:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【ムトゥ 踊るマハラジャ ~ドヤ顔の貴公子~】
どうもです。今回は「ムトゥ 踊るマハラジャ」について話していきましょう。この映画はK.S. ラヴィクマール監督の1995年の作品だ。インドの映画で今「ロボット」にも出演しているラジ...
[2012/06/08 16:03] まとめwoネタ速neo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。