スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン ~Gが送り込んだGとGが戦う~

ガイコツ
どうもです。
今回は「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は福田純監督の1972年の作品だ。
最近ホラーばっかり観ていたので気分転換で観たようだ。


ガイコツ
筆者は平成ゴジラを観ていた世代で昭和ゴジラは一番最初のゴジラしか観たことがなかったのですが、ガイガンはビジュアルが大好きで小さいころはゴジラの格闘ゲームでも持ちキャラにしていたようです。


ロボコップ
作品は観てないが怪獣図鑑みたいなのを貪るように読んでたから名前だけはやたら知ってる頭でっかちな子供だったな(笑)
では内容の話にいこう。
ストーリーはこんなカンジ。



子供に平和を教えるための施設、世界子供ランドの建設が始まった。そこにデザイナーとして雇われた源吾は、偶然のことから“アクション・ツー”と呼ばれる謎のテープを手に入れる。源吾がテープを調査する内、やがて子供ランドは、M宇宙ハンター星雲による地球侵略の秘密基地であることが判明する。そしてついに、子供ランドからの誘導電波によって、宇宙怪獣ガイガンとキングギドラが地球にやってきた。
ゴジラ対ガイガン
デストロイアが好きです。でもガイガンの方がもっと好きです。
ガイコツ
人類が滅んだM宇宙ハンター星雲で繁栄しているデカイG(ゴキブリ)綿密な計画(笑)をたて、G(ガイガン)キングギドラを地球に送りこんできた!地球を救うため戦えG(ゴジラアンギラス
てカンジのGが送り込んだGとGが戦うストーリーなんですがなかなか粗いですね(笑)


ロボコップ
綿密な計画を立てたとのたまう宇宙人が出す怪獣への命令が
「東京周辺を手当たり次第に破壊しつくせ!」だもんなぁ(笑)
大雑把過ぎるやろ!
まあ地球侵略の計画なんか挫かれるためにあるからそれでいいのかもしれんが(笑)


ガイコツ
秘密基地にいとも簡単に大量のTNT持ちこまれてますしね(笑)
宇宙人はマヌケなカンジでしたが、人間たちのやり取りもなんというかトレンディドラマっぽいカンジですよね。
悪く言うと緊張感が全くないのでだいぶ好みが分かれそうですけど。


ロボコップ
自衛隊(?)のお偉いさんはこの中では割とシリアスな演技だったがマッハ400で宇宙から飛来する怪獣を鳴き声だけでキングギドラだと特定してたのは笑ったな。
さすが怪獣との幾多の戦いを乗り越えてきたベテランだわ。


ゴジラ対ガイガン3
とうもろこしをかじるヒッピーとカワイコチャン。トレンディー?
ガイコツ
怪獣についても人間っぽい動きをけっこうしててちょっとコミカルでしたね。
特にゴジラはアンギラスに急げと煽ったり、ガイガンとキングギドラにかかってこいよと挑発してましたし。


ロボコップ
最終的にキングギドラを背負い投げしたときには思わず一本!って言っちゃったわ(笑)
こういう戦い方はこれでちょっとプロレスっぽいテイストで嫌いじゃなかったけどな。


ガイコツ
でもスロー再生みたいな鳴き声とともに吹き出しが出て会話し出した時はさすがに卒倒しそうになりましたけどね(笑)
見てはいけないものを見てしまった気になりました・・・。


ロボコップ
ゴジラ「すぐていさつにゆけ」
アンギラス「OK!」
ローラか!


ゴジラ対ガイガン4
ちょっとジャイアン気質の見え隠れするゴジラ
ゴジラ対ガイガン2
アンギラス「偵察ぅ?ん~、OK!」
ガイコツ
この作品はゴジラとかに比べて悪役の怪獣の方がカッコ良かった気がしますね。
しゃべらないっていうのも大きいですが、コミカルな動きもあんまりしないので。


ロボコップ
まあ筆者のガイガンびいきってところも大きいと思うけどな(笑)
まあそれを差し引いてもガイガンはカッコ良かったな。
鎌みたいな鋭い手に腹の回転ノコギリ、赤いモノアイにいかにもサイボーグ的な統一感のない体、悪役を体現したような怪獣だぜ。


ガイコツ
目からレーザーが出る設定なのに作中で一切使わず、戦闘機を一生懸命チョップで撃ち落としてるの見たとき少し悲しくなりましたけどね(笑)
ていうかポスターでもレーザー出してますよね。


ゴジラ対ガイガン1
レーザーが出なくても好きだぜガイガン!
ロボコップ
そろそろまとめに入るが、
全体的に緊張感はあんまりないが逆に画面にかじりついてなくてもいいから気楽に観られる作品だと思うぜ。
ゴジラもちょっとコミカルなかんじだがガイガンがカッコいいので何の問題もない


ガイコツ
筆者のガイガン好きはこの映画を観てより強まったようです(笑)
今回はこのくらいですかね。
ではまたー。


ロボコップ
なんか一本観たら他の作品もみてきたくなっちゃったなー!
今度は評判のいい対ヘドラとかも観てみたいぜ。
じゃあの。



↓クリックしていただければ元気百倍、我が家のGと死闘を繰り広げます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/05/27 21:14 ] ハ行 福田純 | TB(1) | CM(4)
予告がまた脱力系で
こんにちは、怪獣物もご覧になるのですか、ますます趣味が合ってしまいます(ーー;)

ガイガンはリアル小学生(わたくし1966年生まれです)だった僕の廻りでもたいへん人気のある怪獣でした。腹部の電ノコがなんか生物を超えた感じがして(ウルトラマンエースに出てくる「超獣」の感覚に近かったかも)見ててみょうに興奮したものです。デザインとしてもすごく秀逸だと思いますし。

あのフキダシ場面は意外とすんなり受け入れられたような気もしたけど、予告見たときにゴジラが「ぼく、映画館で待ってるよ!」ってフキダシ付けられてるの見たときはさすがに子供心でも失笑物でした。
[ 2012/05/28 16:32 ] [ 編集 ]
Re: 予告がまた脱力系で
コメントありがとうございます。
たまにはいいかなと気まぐれに観たのですが、思いのほか面白くて怪獣物にハマりそうです(笑)

ガイガン人気あったんですね!なんだか嬉しいです!
たしかに言われてみれば少しウルトラ怪獣っぽさがあるかもしれないですねー。
ウルトラマンエースはヒッポリト星人がちょっとトラウマです(笑)

宣伝でもフキダシつけてたんですね。
ゴジラの一人称がぼくってちょっとなぁ・・・。
[ 2012/05/28 22:27 ] [ 編集 ]
ゴジラ対カナブン
 alai Lama様
 コメント失礼します、かなぶんです。

 ガイガン、カッコいいですよね~!サイボーグ怪獣という設定にピッタリのシャープなデザインがいいですよね。アチコチとんがってるし、お腹のノコギリとか、ああいうのに子供心にしびれたものでした…
って言うか、今でもしびれてますi-229台詞の吹き出しは衝撃的でしたね…。

 デストロイヤー…って、平成ゴジラに出て来たデストロイアの事でしょうか…?

 また遊びに来ますね!
[ 2012/05/29 12:26 ] [ 編集 ]
Re: ゴジラ対カナブン
コメントありがとうございます。
ガイガンのカッコよさを今でも語り合えるとは思っていなかったので嬉しい限りです!
アンギラスのトンガリとはまた違ったトンガリ具合でシビレますね!

デストロイア…?
あっ、オキシジェンの方がデストロイヤーで、怪獣の方はデストロイアだったんですね(;´Д`)
自分の好きな怪獣の名前を間違えるとはお恥ずかしい限りです…。
ご指摘ありがとうございますm(_ _;)m

これからもよろしくお願いします!
[ 2012/05/29 12:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン ~Gが送り込んだGとGが戦う~】
どうもです。今回は「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」について話していきましょう。この映画は福田純監督の1972年の作品だ。最近ホラーばっかり観ていたので気分転換で観たようだ。
[2012/05/28 03:12] まとめwoネタ速neo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。