スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MY HOUSE ~悶々~

ガイコツ
どうもです。
今回は「MY HOUSE」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は堤幸彦監督の2012年の作品だ。
原作は建築家・坂口恭平のルポ「TOKYO 0円ハウス 0円生活」と小説「隅田川のエジソン」だぜ。
筆者は予告編で少し気になっていたのだが、運よく試写会に当たったので、
「うひょー!タダ映画だ!」とウキウキしながら観に行ったらしい。


ガイコツ
こんな卑しい根性丸出しのヤツが当たるんですから世の中神も仏もあったもんじゃないですね(笑)
こんなヤツだと分かってたら間違いなく最初にはじかれますよ、筆者。


ロボコップ
残念ながら応募フォームから人柄は読みとれんからな・・・。
試写会自体は監督と原作者の話も聞けたりして大満足だったようだぜ。
では内容の話にいこうか。
ストーリーはこんなカンジ。



とある都会の片隅で組み立て式の家に住む鈴木さんは、アルミ缶を拾い集めて換金し、さまざまな不要品を駆使して質素だがそれなりの生活を送っていた。そんな鈴木さんと、エリートコースを目指す中学生ショータや潔癖症の主婦トモコら、交わるはずのない人たちの生活がある事件をきっかけに交錯し……。
MY HOUSE
ドアップのいとうたかおさん。少し前まで役所広司だと勘違いしていたのは秘密である。
ガイコツ
堤監督の作品というとしっかり説明して分かりやすい笑いどころを作って流行りの俳優さんを使ってみたいな印象があったんですが、今回の作品は全然違ってびっくりしましたね。
モノクロBGMもなし、説明はおろかセリフも全然ないという。


ロボコップ
ストーリーに関しても起承転結あるカンジではなくて、出来事を淡々と描いているしな。
いつもとは正反対と言っていいくらいに違うよな。


トリック
堤監督の作品で一番最近観た作品。
ガイコツ
ストーリーは自ら選択してホームレスとして生活する鈴木さんエリート一家ショータトモコのそれぞれの生活の様子を交互に描いていきながら進行していきます。


ロボコップ
決して楽な生活ではないものの町で出るゴミを町の幸として工夫して活用したりと楽しく精神的に自由に暮らしている鈴木さんと、物質的には豊かなものの潔癖症だったりエリートコースを歩むことを強いられていたりどこか精神的に束縛されているショータやトモコが非常に対照的に描かれているな。


MY HOUSE1
空き缶集めの達人鈴木さん
MY HOUSE2
掃除機が友達のトモコ
ガイコツ
みんなこうすべきだとかそういった説教臭さはないですが、現代の生活や価値観に対する違和感と一般的な価値観とは異なる方向を自ら選択して幸福を掴み取っている人もいるんだというのを提示している気がしますね。


ロボコップ
もちろんその選択のいい面だけでなく、一般にホームレスと呼ばれる人たちに向けられる人々の攻撃的な面にさらされたり選択に伴う苦難もあって、そういうこともきちんと描かれているけどな。


ガイコツ
そして、その苦難を通して選択を曲げない鈴木さんの強さが非常に強調されていますね。
ただ自分で選択したら幸福になるんではなくてその選択を貫き通す強さがないと幸福は掴み取れない。そういった強さの上に鈴木さんの幸福は成り立っているんだなと思いましたね。


ロボコップ
まあ仮に筆者が今から鈴木さんのような生活することを選択したとしても幸福を掴み取れるとは到底思えんしな・・・。
そういう強さの部分は見て何かしら感じ取るべきところなんだろうな。


MY HOUSE3
鈴木さんのMY HOUSE
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
世間とは異なる価値観で幸福を見出し同時に苦難を抱える人を描くのを通して、幸福についての価値観を問い直している作品だと思います。
映画内でこうだ!って結論付けたりしていないので、スッキリはしませんし観た後も悶々と考えさせられますが、面白い映画なので興味のある方は是非観てみてはいかがでしょうか。


ロボコップ
幸福ってなんだろうっていつも考えている人はもちろんだが、むしろ俺は今幸福だって思っている人にも観てもらってもう一度問い直してもらいたい作品だな。
今回はこのくらいかな。
じゃあの。


ガイコツ
普段頭お花畑の筆者は悶々と考えたせいで頭がパンクしてしまったようです(笑)
ではまたー。



↓むずかしいことかんがえたせいでひっしゃはふらふらだ。くりっくしてくれたらかいふくするとおもうんだなぁ。 みつを↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/05/09 02:44 ] タ行 堤幸彦 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【MY HOUSE ~悶々~】
どうもです。今回は「MY HOUSE」について話していきましょう。この映画は堤幸彦監督の2012年の作品だ。原作は建築家・坂口恭平のルポ「TOKYO 0円ハウス 0円生活」と小説「隅田川のエジソン...
[2012/05/11 22:51] まとめwoネタ速neo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。