スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バトルシップ ~USA!USA!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「バトルシップ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はピーター・バーグ監督の2012年の作品だ。
まだ公開されたばっかりだな。
あとユニバーサルの100周年記念の作品だぜ。


ガイコツ
筆者は派手にドンパチやってるのを観た後最終的にUSA!ってやりたいがためにこの作品を観ることにしたようです。
そういえば去年もそんなこと言って「世界侵略: ロサンゼルス決戦」観に行ってましたね。


ロボコップ
どうせ今回もなんだかんだ言ってUSAの大勝利なんだろ?とか言いつつ観てしまう、水戸黄門的な安定感があるな(笑)
では内容の話にいこうか。
ストーリーはこんなカンジ。



アメリカをはじめとする世界各国の護衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われるハワイで、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。しかし、呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛かけてくる。その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパーと、彼がライバル心を燃やす自衛艦の指揮官ナガタだった。弱点も戦略も読めないエイリアンに対し、知力と体力の限りを尽くして立ち向かう海の精鋭たち。果たしてエイリアンの攻撃の目的は何なのか?アレックスとナガタはそれを阻止することができるのか?そして、彼らは地球を壊滅の危機から救うことができるだろうか!?
バトルシップ
キッチュって響きがちょっとカワイイと思ってしまう私。

ガイコツ
「興味本位で呼んだけどまさか来るとは思わなかった!ヤベェ!」
っていう「トイレの花子さんか!」とツッコミたくなるようなベタな話を宇宙規模に拡大したカンジのストーリーなのですが、さすがハリウッドというかさすがユニバーサル100周年というかそれをド迫力で描いています。


花子さん
花子さんで画像検索かけたらビックリ。監督が堤幸彦でもっとビックリ。
ロボコップ
監督が海軍が好きというだけあって海戦が非常に魅力的だったな。
映画のモチーフになったボードゲームみたいにレーダーに映らない敵をブイが測定する波の高さをもとに特定するところは画的には地味でもすごい緊迫感もあったし。
あとはなんと言ってもミズーリの戦いっぷりは最高だったな。


ガイコツ
イージス艦みたいに遠距離から敵を探知してミサイルで叩く方が戦略的には優れているのかもしれませんが、戦艦が近距離でお互いに主砲向けあって撃ち合うのはこれぞ海戦!ってカンジがするし華がありますよね。


ロボコップ
多分、監督は海軍の中でもちょっと昔の戦艦とかが好きなんだろうなと思ったぜ。
日本でもいるじゃん、今のイージス艦より戦艦大和(スペースバトルシップじゃない方)とかの方が好きだって言う人。


ガイコツ
たしかにミズーリを動かす際に既に退役したおじいちゃんたちを登場させたあたりも昔をリスペクトしているかんじがありますよね。
70年前に作られて20年前に引退した戦艦が、最新の駆逐艦ですらやられた恐ろしい宇宙船と互角にドンパチやっているの観ると戦艦に興味なくてもなんか応援したくなります


ミズーリ
おじいちゃん戦艦ミズーリ
ロボコップ
宇宙人についてはめっちゃ強いけど戦い方によっては何とかなる、攻めは強いが防御が脆い絶妙な強さだったな。
まあ、圧倒的だったら違う映画になっちゃうけど(笑)


ガイコツ
兵器に関してもビームとかどうしようもないものじゃなくて、破壊力は凄いけど砲弾とかアナログなカンジですしね。
あと宇宙船がディティールまで凝っててカッコイイです。


ロボコップ
ガシャコンガシャコンいいながら砲門を開くところとかスゴイ凝っててさすがトランスフォーマーのスタッフだなと思ったぜ。
それと宇宙人はパワードスーツ装着して出てくるんだがそれもいいカンジでメカニカルだったな。


ガイコツ
パワードスーツも2種類あって華奢な方は研究者で攻撃性は低く、ガッチリしている方は用心棒で粗っぽいんだ、と監督が語っていてホント細かいところまで気にしているんだなぁと感心しましたね。
二足歩行でメカというところから「リアル・スティール」に似ているなと思ってしまったのは秘密です。


ロボコップ
筆者にはヒュー・ジャックマンの“Watch me!”が聞こえてきた気がしたらしいぜ(笑)


リアル・スティール
リアル・スティール名場面集その1“Watch me!”
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
宇宙人との戦闘では少なかった海戦を大迫力で描いていてとにかく圧倒される映画です。
主人公の成長やら浅野忠信演じるナガタとの友情も見どころですね。
筆者は人間ドラマに関しては大して注目していなかったので感想については話しませんが(笑)


ロボコップ
浅野忠信もチョイ役じゃなくて主要キャラとして活躍しているぜ。
ただし日本語のセリフは英字幕しか出ないうえにめっちゃ聞き取りずらいから気をつけろ(笑)
今日はこのくらいかな、じゃあの。


浅野忠信
もうセリフなしとは言わせない!
ガイコツ
あ、言い忘れていましたがエンドロールのあとにもちょっとだけ映像があるので席立たないで待っていた方がいいですよ。
やたらエンドロール長いですけど(笑)
ではまた。




↓トイレの花子さん呼んだことあるそこのアナタ!クリックしてみましょう。何か起こるかもしれませんよ・・・?↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/04/20 20:44 ] ハ行 ピーター・バーグ | TB(1) | CM(1)
私も昨日行ってきました!
こんにちは。
私も昨夜観に行ってきました。
alai Lamaさんの記事がアップされているのを知っていたのですが
自分の記事をアップするまで読ませて頂くのを我慢してましたv-11
面白かったですよね。分かりやすいストーリーなので、話以外に目が配れるというか。
久しぶりに映画館で映画らしい映画を観て満足です。

↓TB打たせてもらいました。事後報告ですみません。(ちゃんと出来たかな
よろしければalai Lamaさんも打ってください。
[ 2012/04/21 18:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

『バトルシップ』(2012) - BattleShip -
最先端の技術を使った、どこか懐かしい海戦アクション ■バトルシップ -BattleShip-■ 2012年/アメリカ/131分  監督   :ピーター・バーグ  脚本   :ジョン・ホーバー、エ...
[2012/04/21 18:08] momoな毎日


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。