スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エスケープフロムL.A. ~スネーク大運動会ポロリも(ry~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エスケープフロムL.A.」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1996年の作品だ。
同監督の1981年の映画「ニューヨーク1997」の続編(リメイク?)だぜ。


ガイコツ
前作から15年も経って撮られていたんですねぇ。
主役のカート・ラッセルも前作に比べてちょっと老けてます(笑)


ロボコップ
カッコよさは全然衰えてなかったけどな。
筆者はずっと前に1度レンタルDVDで観たんだが、最近になってもう一度観たくなってBDを買ってしまったらしいぜ。


ガイコツ
「ストーリーは把握してるから大丈夫」とか余裕ブッコいて日本語字幕なしのBDに挑戦して、早口でまくし立てるキャラ、エディのセリフを字幕ですら追えなくて死にかけてましたね(笑)


ロボコップ
筆者の拙い英語力に幸あらんことを・・・。
てか「ニューヨーク1997」は日本版BD出てるんだしさっさとコッチも日本版BD出してくれればいいのに
ではそろそろ内容の話にいこうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



1998年、アメリカの反政府勢力が力を増し国家警察が結成される。当時の大統領候補は「罪の都市」ロサンゼルスに大地震が来ると予言。2000年、マグニチュード9.6の大地震が起きる。その後、憲法が改正され終身任期の大統領が誕生。地震でロサンゼルスは島になり、本土から隔絶する壁で囲まれ、警察隊が監視する新生道徳国アメリカの流刑植民地となる。新憲法に従わず市民権を失った者は全員この島に追放され二度と出ることはない。
2013年、大統領の娘が機密装置を盗み、乗っ取った大統領専用機からポッドで脱出。ロスで最大のテロ集団へ投降する。
大統領は追放センターに到着した史上最も悪名高き犯罪者で元特殊部隊員「スネーク・プリスキン」を単身潜入させる。彼の体には死亡率100%のウイルスが打たれ、神経組織破壊までのタイムリミットは8時間8分26秒。時間までに装置の奪還が条件。解毒剤は任務成功時でなければ投与されない中で、再びスネークの孤独な戦いが始まる。

エスケープフロムL.A.
NYに続きL.A.まで監獄島にしてしまう男、ジョン・カーペンター


ガイコツ
まあ何はともあれ、アウトローなヒーロースネーク・プリスキンを愛でる映画ですね。
今作ではバイクに乗って大暴れするスネーク、荒野のガンマンごっこでズルをするスネーク、バスケするスネーク、サーフィンするスネーク、グライダーに乗ってまた大暴れするスネークなど多種多様なスネークを楽しめます


エスケープフロムL.A. バイク
ウィリー!
エスケープフロムL.A. グライダー
空から颯爽登場!
エスケープフロムL.A. 荒野
ガンマンごっこに興じるスネーク。ズルしたあとのセリフ“Draw”は絶品


ロボコップ
大体がWiiスポーツとかでありそうな競技だな(笑)
スネークはすげーワルっていう設定なんだが、マヌケなところが結構あってなんか憎めないんだよな。
人の忠告に従わないで、言わんこっちゃない結果になることも結構あるし。


ガイコツ
ワルというよりもワルガキに近い感覚かもしれませんね(笑)
先ほども言いましたがとにかくスネークを愛でる映画なので、他の登場人物の扱いの雑さはハンパないです。


ロボコップ
これは「ニューヨーク1997」のときからそいうだったが、ストーリー上で必要無くなったキャラは"ストーリー中盤なのに打ち切られたマンガ"のような唐突な最期を迎えるよな(笑)
スネークに協力した結果ハッピーになったヤツもしかしたらいないんじゃないか・・・?


エスケープフロムL.A. スネーク
金田一、コナンに並ぶ関わったら危ない人スネーク
エスケープフロムL.A. ブルースキャンベル
チョイ役で出演のブルース・キャンベル。もちろん扱いは雑。

ガイコツ
あと良かったところは世界観ですかね。
完全に統制された自称“自由の国”アメリカとアメリカと敵対しキューバなどと手を組むL.A.とどちらにも属さぬ一匹狼スネークみたいな。


ロボコップ
世界観もそうだが、劇中描かれている荒廃したL.A.の雰囲気も良かったな。
いかにも無秩序でカオスなかんじが。
装飾のセンスもなんか世紀末だし(笑)


エスケープフロムL.A. 車
車に人形の首とミラーボールつける意図を小一時間問い詰めたい
ニューヨーク1997 シャンデリア
ちなみに前作は外シャンデリアつけてて、ミラーボールは車内。これも小一時間問い詰めたい。

ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
粗を探せばいくらでもありますが、スネークの冒険を童心に戻ってワクワクしながら楽しめます。
ジョン・カーペンターの「これやればカッコイイやろ!」みたいな要素がタップリ詰め込まれたおもちゃ箱みたいな作品ですよね。


ロボコップ
良い意味でガキっぽい作品だからコッチも細かいこと気にせずに純粋に楽しむのがいいと思うぜ。
あとラストがめっちゃカッコイイから必見。
今回はこのくらいかな。
じゃあの。


ガイコツ
あ、そうそう前作の「ニューヨーク1997」と併せて観るとより楽しめると思いますよ。
ではまた。



↓いつまでも童心を忘れない素敵なそこのアナタ!クリックお願いします!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。