スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サウンド・オブ・ミュージック ~An die Musik~

ガイコツ
どうもです。
今回は「サウンド・オブ・ミュージック」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はロバート・ライズ監督の1965年の作品だ。
同名のミュージカルが原作の映画で、アカデミー賞も5部門受賞していたりする言わずと知れた名作やな。


ガイコツ
筆者は午前十時の映画祭で鑑賞してきたようです。
実は中学生か高校生の音楽の時間で上映会みたいなことやってたんですが、そのときは全く興味なくて、残念ながら睡眠時間に充ててしまったようです。


ロボコップ
もったいないことしてたんやなぁ・・・。
でもウトウトしながらでも微妙に観ていたようでストーリーはうっすらと覚えていたらしい。
で、ストーリーはこんなカンジ。
まあみんな知っとるかな?



見習い修道女のマリアは、お転婆が過ぎて外の世界へ送り出される。家庭教師となったマリアは、規律を重んじるトラップ大佐と、7人の子供たちに迎えられた。大佐は、亡くなった妻を思い出させることをすべて禁じ、音楽さえ許さない。マリアは、大佐の留守中に子供たちを山に連れ出し、歌う喜びを教える。帰宅した大佐は、子供たちの美しい歌声に胸を打たれ、再び、豊かな心を取り戻していった。やがて、マリアとトラップ大佐は互いへの愛を自覚するが、その頃、戦争が暗い影を落とし始めていた。
サウンドオブミュージック
この画像もおなじみですなー


ガイコツ
オーストリアの自然などの美しい映像素晴らしい歌と音楽愛情に溢れたストーリーと3拍子揃った映画ですね。
正直ミュージカル映画に対して食わず嫌いなところがあったんですが、めっちゃ感動してしまいました(笑)


ロボコップ
最近の映画でミュージカルってあんま見かけることが無いから触れる機会もあんまりなかったしな。
この映画は音楽のおかげか、とにかく全体の雰囲気が明るいのがいいよな。
登場人物の運命はは結構山あり谷ありなんだけど。


ガイコツ
家庭教師に恋して婚約破棄したり、国外への亡命があったり重くしようと思えばいくらでもできそうなテーマもありますもんね。
作る国や人が違ったら復讐とか心中とか出てくる「下女」みたいな映画になったりしそうです(笑)
それを明るくしているのは音楽もそうですが登場人物の前向きさも大きいですよね。


ロボコップ
悩んだりしているとき必ずに主人公たちを前向きに背中を押してくれる周囲の人たちもいい味出してるよな。
てか主要登場人物はみんなキャラがしっかりたってていいな。
特に大佐は含み笑いみたいな表情が印象的だったわ。


ガイコツ
大佐役のクリストファー・プラマーってどこかで名前聞いたようなと思っていたら
今年「人生はビギナーズ」アカデミー賞助演男優賞を受賞されていたんですね。
調べてたらこの映画まで気になってきました(笑)



サウンドオブミュージック 大佐
イケメーン!
クリストファー・プラマー
まだまだ元気メーン!

イッポンマンゾクメーン
ついでにイッポンマンゾクメーン!これもある意味ミュージカル?・・・失礼しました。

ロボコップ
音楽については、ミュージカル映画だから当たり前っちゃ当たり前なんだがみんな歌うまい
一時期合唱の団体に所属していた筆者は子供たちに対して
「ドレミ覚えた瞬間にあんな上手く歌えるようになるわけなかろうが!チクショーめ!」とか発狂してたが(笑)


ガイコツ
そういう設定なんだから仕方ないでしょうに(笑)
曲も映画観たからひいき目入ってるかもしれませんが、全曲ハズレなしですよね。
その中でも特にマリアと修道院長がスゴイと思いました。


ロボコップ
曲が良くて歌い手も上手いと更に輝きが増すよなー。
このままだといつまでもイイヨナーとか言いながらダラダラいってしまうからもうそろそろ締めるが、
とにかくいい映画なので観たらいいと思うぜ。


ガイコツ
あんまり構えず楽に観たら非常に楽しめると思いますよ。
観たことない方は是非是非。
一度は観たことある人が多いとは思いますが(笑)
最後に、トラップ家の方が経営されているロッジがあるみたいなのでリンク載せておきますね。
ではまた。


             トラップファミリーロッジいいとこ一度はおいでチョイナチョイナ

サウンドオブミュージック2
最後に一番印象的だったシーンをば。ロマンチックが止まりませんな。

↓こういう映画観た後人のいないところで鼻歌歌い出してしまう方はクリック!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/03/22 10:24 ] ラ行 ロバート・ライズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。