スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

貞子vs伽椰子 ~LET THEM FIGHT!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「貞子vs伽椰子」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画は白石晃士監督の2016年の作品だ。
元はエイプリルフールネタだったのに嘘から出た実というか何と言うか・・・。
まあよく実現したよな、こんな企画。

ガイコツ
公開前のPR活動含めてあまりにもネタ臭が強すぎて最初は観に行くのをためらっていた筆者でしたが、観た人の評価が意外に好評なのとなんだかんだで気になっては観に行ってみたようです、しかも4DXで・・・。
「オデッセイ」以来の2度目の4DXでしたがメガネ族には厳しいですね、アレ(笑)

ロボコップ
ギミックでプシャッって水かけられるたびに真顔でメガネを拭くことになって逆に没入感なくなるんだよな。
そんなメガネにワイパーが欲しい筆者の話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




その映像を見ると貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死んでしまうという「呪いの動画」を見てしまった女子大生の有里。そして、入ったら行方不明になるという「呪いの家」に足を踏み入れてしまった女子高生の鈴香。共に呪いをかけられた2人を救うために立ち上がった霊媒師の経蔵は、貞子と伽椰子を戦わせるという秘策に打って出る。
映画.comより引用
02795e8003e98df8.jpg
怖がらせにきているのか笑かしにきているのか・・・。
ガイコツ
なんか色々あって呪いのビデオ観ちゃった2人の女子大生。2日後に訪れる死へのカウントダウンに怯える2人に迫る貞子の影!大学教授も霊媒師もお手上げの今、残された秘策はただ1つ、貞子に伽椰子をぶつけるというヤケクソ作戦だけだった・・・!という話です。ストーリーからハチャメチャですね(笑)

ロボコップ
とは言え他にどんな方法で貞子と伽椰子を対決させようとしても無理が出るから、そう考えるとこんな無茶苦茶な企画の中で非常に上手くやった方ではないかと思うぜ。
なんだかんだでちょっとワクワクしたしな(笑)

ガイコツ
予告編でも聞ける安藤政信の“バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!”というセリフはちょっと怪獣映画を彷彿とさせてなかなか良いセリフだなぁと思ってしまいました。
まあ実際本編で聞くと何言ってんだコイツ感もハンパないですが(笑)

let-them-fight.jpg
ケン・ワタナベも言ってた、バケモンにはバケモンぶつけろって。
ロボコップ
次にそんなハチャメチャなストーリーの語り口についてだが、とにかくフラグを立ててはすぐ回収っていう流れを繰り返していたのが印象的だったな。
死ぬ役ははじめっから死ぬ役然として登場してすぐ死ぬみたいな(笑)

ガイコツ
主人公たちのメインストーリー以外は場面転換を跨いで語られることがほぼないですよね。
謎を残さないという意味では非常に明快な語り口だったのですが、本家の「呪怨」みたいにあえて伏線として謎が残してある方が個人的には好みなのでそこはちょっと残念でした。

640_2016062616441816c.jpg
とりあえず危うきに近寄る、それがホラーヒロインの鉄則!
ロボコップ
次に登場人物についてだが、貞子に呪われる第一ヒロインの山本美月は可もなく不可もなくっていう印象。
一緒に呪われる友人役の佐津川愛美が取り乱しまくるのに対して、しっかり者でバランスを取るポジションだったから全体的に地味な印象になるのはしょうがないのかな。

ガイコツ
あと死に役たちのキャラが異常に濃いのも地味ヒロイン感を加速させてますね(笑)
そして、伽椰子に呪われる第二ヒロインの玉城ティナですが演技云々の前に画面に映る度目がデカい!って驚きますね、清々しいくらいに普通の高校生感がないです(笑)

ロボコップ
とはいえ、そんな女の子たちがみんなカワイく映ってたのは監督のウデなのかな、良かったぜ。
あと、そんな女の子たちを救うために奔走する霊媒師のでこぼこコンビだが、B級ホラー感まき散らし装置としてよく機能してたと思うぜ、菊地麻衣の子役臭100%演技も個人的にはツボ(笑)

6402.jpg
やっぱり右の子目がデカいよなぁ。
6401.jpg
元々の演技がこれだったのか、演出付けられてこの演技になったのか気になる菊地麻衣ちゃん。
ガイコツ
最後にメインディッシュの貞子と伽椰子についてですが、思いのほか出番が少なかったですね。
出現したら必ず憑り殺すワンショットワンキルな二人なだけに、出現するけど取り逃がすみたいなハラハラシーンを作れないのが難しいところですね。

ロボコップ
あと、貞子のテレビの中から少しずつ迫ってくる描写であったり、伽椰子の上の階でドスンて音がして何かが這い降りてくる描写であったり、テンプレだけどタメのある出現シーンがなかったのが非常に残念。
なかなか出番ないんだし、最初かクライマックスの出現シーンくらいはじっくりやってほしかったなぁ。

6403.jpg
人間側にはエクスペンダブルズ的なショットがあるのに!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
企画自体がハチャメチャなのにテンポよくまとめたなぁというところで悪い感情はないのですが、個人的には観ているうちにあれもこれもとない物ねだりしたくなる作品でした。

ロボコップ
観てて飽きさせない作品ではあると思うから、興味のある人はせっかくなら映画館で観た方が楽しめるんじゃないかなと思うぜ、だが4DX、お前は許さん!
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
4DXについては完全に個人的な逆恨みじゃないですか・・・。
ではまた~。



ラストに流れることでなんか後味スッキリになる良い曲


↓ひとポチいただければ筆者も4DXへの呪怨から解放され成仏します↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2016/06/26 17:04 ] 白石晃士 | TB(0) | CM(2)
食わず嫌いはいけません。
今日は~。
TVスポットで貞子VS伽椰子の空中激突シーンみて、なに?これ。
しかしネットのいろんな感想読むとホラー映画としてはなかなかよくできた作品みたいですね。
元祖「リング」で初めて貞子が登場した時は怖くてしょうがなかったんですが、
今ではプロ野球の始球式に登場するキャラですから。
マエケン体操してるの見ると「恐怖」より「愛嬌」が感じられて、それもどうかな~。

(先月、上京ついでに神宮球場いってきました!
 試合は期待の原 樹里投手がベイスターズ打線にサンドバック状態。
 残念ながら完敗でしたが、生つば九郎&つばみ・山田てっちゃんのHRなど
 ホームの雰囲気は堪能できました♪
 なんかチーム状態はゴタゴタしてますがCSという有難い制度のおかげで連覇は
 あきらめてませんので、これからの巻き返しに期待してます!)
 
 


[ 2016/06/28 17:04 ] [ 編集 ]
Re: 食わず嫌いはいけません。
つばめ女さん

コメントありがとうございます!
ツッコミどころ満載で色々思うところもあるのですが、
TVスポットやYouTubeの動画を見ているときはヤバさに比べると
よくぞまとめたなぁという感想が先に来てしまうような作品でした(笑)

貞子、伽椰子、俊雄の3人はキャラクター化されすぎてて、
もう素直に怖がるのが難しくなってきてるかもしれませんね。
それこそそっと10年くらい寝かせるとかしないと・・・。
初めてリング観た後は消えたブラウン管テレビを夜正視出来ないくらい怖かった記憶がありますね~。

5月なら丁度気持ちいいくらいの気候で良さそうですね!
原君は今ちょっともたついてますが、まだ前半戦ですし後半盛り返してくれたらいいなと思いますね~。
あと由規の1軍復帰がいよいよ間近になってきたようでちょっとドキドキしてます・・・!
広島が独走しちゃってますが2位までたった2ゲーム差、全然ひっくり返せます!
(まだ優勝も諦めちゃいないですけどね笑)
[ 2016/07/03 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。