楢山節考 ~生々しい!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「楢山節考」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画は今村昌平監督の1983年の作品だ。
木下恵介監督も映画化してるから2回目の映画化作品だな。
カンヌでパルムドールも獲ってる作品らしいな。

ガイコツ
筆者はこの作品、ずーっと気になってはいたものの観ていなかった作品だったんですが、丁度早稲田松竹で今村昌平特集をやっていたので他の作品と併せて観てみたようです。
名画座様様ですね~。

ロボコップ
にわかな筆者でも一気見して知ったかできるからな(笑)
そんな邪悪なミーハー野郎な筆者の話は置いておいて内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




信州の山深い寒村。いまだ元気に働くおりんだったが、今年、楢山まいりを迎えようとしていた。それは、70歳の冬に皆、息子に背負われ楢山へ捨て置かれるという村の掟のこと。神に召されると喜ぶおりんに対し、息子・辰平は気持ちの整理がつかない……。
allcinemaより引用
narayamabushi_ko.jpgthe-ballad-of-narayama-movie-poster-1983-1020235410.jpg
左は感動作風な日本版、右は倍賞美津子の股間を拝むシュールな英語版。
ガイコツ
ストーリーのメインラインはいたってシンプルで主人公の辰吉が70歳の母親のおりんを楢山まで捨てに行く、いわゆる姥捨て山の話なのですが、上映時間2時間以上とたっぷり時間が使ってるだけあって周辺情報を描き込みが素晴らしい作品ですね~。

ロボコップ
現代とは価値観が異なる世界ではあるんだけど、どういう村でどういう風習があって、それぞれの登場人物がどういう人物かというところがしっかりと描き込まれているから、楢山に老人を置いていくっていう習わしもその中の一つの事柄として変に浮いてないのが良いと思ったな。

ガイコツ
日常から大きく逸脱したイベントではなく日常生活の延長線上にある別れとして描いているんですよね。
変に異質なものに描いていないところが観ている側にも現実離れした話ではないと感じさせる説得力があって、逆にズシンと重みが増したような気分になりますね。

balladnarayama1.png
村をとことん描き込む!
ロボコップ
次に登場人物についてだが、緒方健が演じる主人公の辰吉は村のしきたりやら体面なんやらに縛られていたり、その体面を守れずに死んだ父親の影がちらついたりする中、“長男としての役割”をまっとうしようともがいている姿が生っぽくていいよな。

ガイコツ
またそうした“長男としての役割”のために抑えてきた母親への感情が楢山まいりを遂行するクライマックスで一気に爆発するところがまた素晴らしかったですね~。
また、もう一人の主人公ともいえる坂本スミ子演じる母親のおりんも一筋縄ではいかない感が印象的ですね。

ロボコップ
後に残る人が困らないようにアレコレやった上で楢山参りを滞りなく遂行できるように準備したりと、自分の死に際を完璧にしようと終活コーディネートするんだが、単なる高潔さだけではなく遂行できず恥を晒した夫への執念や“長男としての役割”にもがく辰吉への愛情など奥で色んな感情が渦巻いているのがすごく良いな。

balladnarayama9.png
感情の爆発!
vlcsnap2011111513h09m22.png
そしてダイナミック終活!
ガイコツ
次にその他の登場人物についてですが、どのキャラクターもそれぞれ欲望をむき出しにして生きていて妙な生っぽさとたくましさが同居しているのが印象的ですね~。
左とん平演じる利吉やあき竹城演じる玉やんなどキャラも強くて素晴らしいです。

ロボコップ
とん平は欲望むき出しの情けない役どころのコメディリリーフではあるんだが、その背景に村のしきたりや家族制度などでどうしようもない部分が哀愁を感じさせて何とも言えない味わいのあるキャラクターで良かったな。
あき竹城はすっとぼけた婆ちゃんのイメージが強いけどしたたかな女性役が堂に入ってて見直しちゃったぜ(笑)

balladnarayama6.png
そしてなんか脱がされて拝まれてる倍賞美津子!
ガイコツ
最後にその他の要素についてですが、最初に話した周辺情報の描き込みの中で村の規範から外れた者に対する容赦ない仕打ちは容赦なく描いたり、下衆で笑えるシーンはとことん下衆に描いたりと何でも歯止めなくストレートに描いているのが非常に印象的でしたね。

ロボコップ
今村監督って人間の意地悪くて冷徹なところから情けない笑えるところまでつぶさに捉えて生々しく描くことにホント長けた監督だなぁと観ながら感心してしまうな。
こういうところを見ていると今村監督の作品が重喜劇って呼ばれるのもよく分かるぜ。

balladnarayama8.png
narayama3__crop.jpg
楢山の地獄絵図っぷりもドストレート!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
今村監督の圧倒的な描き込みと独特の生々しさが楢山節考の物語や舞台となる山村のイメージとガッチリ噛み合っている素晴らしい作品ですね。

ロボコップ
非常に監督の色の出たコッテリした作品だから好みは分かれるだろうけど、よく出来た作品であることはたしかだから観たことない人は観てみても損はなんじゃないかな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
一応ポスターの通り倍賞美津子のすっぽんぽんも拝めますし是非どうぞ(笑)
ではまた~。




↓ひとポチいただけると筆者も生々しく喜びます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/06/07 03:02 ] ア行 今村昌平 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL