映画は映画館で観ようの会 ~血みどろホラーナイト編~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ホラー・マニアックスpresents血みどろホラーナイト2015 第2夜 カニバリズム×ジャーロ! イタリアン・ホラー2大潮流大激突!」でサタデーナイトフィーバーしてきたよという話です。

ロボコップ
このイベントは8/29(土)に池袋の新文芸坐でやっていたものだぜ。
新文芸坐って映画館、いつもすごく気になってるんだけど池袋自体にほとんど用事がなかったからあんまり行く機会がなかったんだけど今回は外せない!ということで行ってきたようだ。

ガイコツ
筆者はこのオールナイトのためにあえて前日夜更かしし、当日は午後2時まで寝て睡眠サイクルをズラすという荒業まで行って睡魔との戦いに備えていたようです・・・バカとしか言いようがありませんね(笑)
そしてオールナイト終わった後も午後2時までグッスリ寝たようです。

ロボコップ
週末が全てオールナイトの為に捧げられたと言っても過言じゃないぜ・・・!(笑)
筆者のダメダメな週末事情の話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
上映作品は以下の通り。



上映作品は「食人族」 「サンゲリア」 「フェノミナ」 「シャドー」でした。
allnight.jpg allnight2.jpg
週末をズタズタに切り裂いた4作品!
ガイコツ
まず最初の「食人族」について、作品の内容については観たことあるので改めて特にいうことはないのですが、スクリーンで見ると映画全体がスケールアップしたカンジになっていいですね。
ジャングルを散策するシーンなどもリアリティが増したような気がします。

ロボコップ
序盤から中盤の少し退屈するかなと思ってたところも楽しく観られたのは良かったな。
亀のシーンとか猿のシーンとか本物のゴアもスケールアップしたのは堪らんかったけど・・・。
あとはリズ・オルトラーニの音楽が大音量で聞けて良かった。プ~ンプ~ン♪って音楽も含めて(笑)

cannibal_party.jpg
怪しい宴もスケールアップ!
ガイコツ
次に「サンゲリア」についてですが、映画館効果でしょうか、こちらも家で観たときはなかなかな中弛み感を感じた気がするのですがこっちも全然退屈せずに観られました。
木片が目に刺さるシーンは初見のときも衝撃を受けましたがド迫力でホント素晴らしいですね~!

ロボコップ
その他、作り物感タップリな顔に本物の虫がウジャウジャ這ってるという顔の中に矛盾を抱えているコンキスタドールなゾンビたち<やもう何が何やらよく分からないゾンビVSシャークもスクリーンのおかげでスケールアップしてて面白かったぜ・・・珍シーンなのは変わらないけど(笑)

ガイコツ
あとクライマックスの診療所の燃えるシーンは地味に(?)すごい迫力あるなと感心してしまいましたね~。
規模が小屋一戸とは言えちゃんと燃やしてるのでスクリーンで観るとしっかりとスケールアップします。
あとブーブー鳴る低音が印象的なBGMも映画館パワーで非常に魅力的でした。

sang.jpg
汚い顔もスケールアップ!
ロボコップ
次の「フェノミナ」については初見だったんだが、冒頭からガラスを突き破って女性が死ぬシーンが出てきてダリオ・アルジェント印だなぁとワクワクしてしまったぜ。
全編通して演出もダリオ・アルジェント独特なキレキレっぷりで素晴らしかった。

ガイコツ
ダリオ・アルジェントの作品を初めてスクリーンで観れたので感動しちゃいましたね~。
あとこの作品と言ったら主演のジェニファー・コネリーですが、ハッとするほどキレイな女の子が容赦なく虐められる姿がスクリーンで大写しになってるのを夜中に見るとかなんか背徳的な気分になりますね(笑)

ロボコップ
そんなこと言ってると蝿に集られて死ぬぞ・・・!
それとこの作品のもう一つの主役と言っても過言じゃない音楽も、恐怖シーンで流れる合ってんだかよく分からないけどハイになるハードロックとかが大音量で聴けたおかげで眠気が吹っ飛んだわ(笑)

phenomenaCap7.png
ジェニファー・コネリーもスケールアップ!これは嬉しい!
tumblr_m6fzmh3Fzx1qzr8nao1_500.jpg
背徳感もスケールアップ!
ガイコツ
最後に「シャドー」についてですが、冒頭ショックシーンはないものの、シンセサイザー(?)がワウワウ言ってる独特な音楽から始まるところがやはりダリオ・アルジェント印だなとワクワクしますね(笑)
とはいえ序盤は殺人シーンも控えめで早朝観るには地味な滑り出しで不安になりました。

ロボコップ
しかし中盤の家を屋根を乗り越える謎のカメラ→布の穴越しに女性の恐怖する顔→すっぽんぽん女がガラス突き破って死ぬ→水道でカミソリ洗うという怒涛の変態シーンの連打で一気に目が覚めるぜ(笑)
それからはジュリアーノ・ジェンマの死にっぷりが素晴らしいクライマックスまで一気に駆け抜けてたな。

tenebrae_1351656491_crop_550x297.jpg
眠気も切り裂く変態カットもスケールアップ!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
四本もあったのでちょっとずつしか話せなかったですが、どの作品も非常に濃厚な味わい深い作品で非常に楽しい一夜が過ごせましたという話でした。

ロボコップ
観た後に気付いたんだが、音楽も印象的な作品揃いだからそういう意味でも映画館で観られて良かったな。
週末はズタズタにされたが、ズタズタにされ甲斐のある企画でホント良かった(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
なんだかんだで快適に過ごせましたし新文芸坐はオールナイト企画もよくやっているので、気になる企画があったら是非また行ってみたいなと思いました。
ではまた~。



おまけ:プ~ンプ~ン♪



↓ひとポチいただけると筆者がプ~ンします↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサーサイト
なんて楽しいラインナップ
こんばんは、久しぶりにお邪魔いたしますm(__)m

さすが東京ですね、こんなモノ(良い意味で言っております(^_^;))が普通にオールナイト上映されているとは実にすぱらしい。

「フェノミナ」は公開当時に映画館で見たのですが、こんなキレイな子になんて無体なことをするのかと(ーー;)スクリーンに向かって文句(と同時にちょっと自分も参加してみたいとか)言いたくなったことを思い出しました。いや、ホント懐かしいです(当時は確か劇場内にFMで音を飛ばすという試みをやっていて、ラジオとヘッドフォン持参で行くとより恐怖が味わえるというのを売りに宣伝していたはずです←「クランキー・サウンド」とかいう適当なネーミングでした。私は怖かったんで持って行かなかったですけど(^_^;))

「食人族」も劇場へ行ったはずですが人食いシーンより亀の甲羅バリバリ剥ぐとこの方がなんかイヤでしたね~・・・あとの2本はビデオでしか見たこと無かったのでたいへん羨ましいです。
[ 2015/09/15 21:45 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/10/26 12:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL