スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NY心霊捜査官 ~一粒で二度おいしい~

ガイコツ
どうもです。
今回は「NY心霊捜査官」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はスコット・デリクソン監督の2014年の作品だ。
少し前の作品の「フッテージ」とかホラーが印象的な監督だな。
あとこの作品は製作がジェリー・ブラッカイマーというところが豪華だぜ。

ガイコツ
筆者はこの作品、知り合いにブラッカイマー作品好きがいたんでその人に劇場公開時から猛烈にプッシュして毒見させようと感想を教えてもらおうとしていたのですが、その人がタイトルで引いちゃって全然観ようとしなかったため、シビレを切らせて自分で観ることにしたようです。

ロボコップ
この程度のタイトルでドン引きするなんて全く情けない限りだぜ・・・まあたしかに初めてタイトル聞いたときうわっドB級なタイトル!とは思ったけど(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ニューヨーク市警の刑事ラルフ・サーキは、動物園で子どもをライオンの檻に投げ捨てた女を逮捕するが、女は何かにとり憑かれたように震えていた。また、別の夜に逮捕した、妻に暴力をふるった男も同じ様子で、ラルフは全く別のこれらの事件を通じて、自分にしか見聞きできない何かの存在を感じとる。ジョー・メンドーサ神父からは、霊を感じる能力を捜査に生かすべきだと助言されるが、ラルフ自身は悪霊や霊感といったものを信じ切れない。しかし、それぞれの事件現場に残された「INVOCAMUS」という謎の言葉を見つけたラルフは、より一層、悪霊の存在を強く感じるようになる。
映画.comより引用
dobkyu.jpg
誰だこんなZ級なタイトル付けた奴は!
ガイコツ
最近異常な事件にいくつも遭遇してうんざり気味なニューヨーク市警のラルフ刑事。それぞれの事件の当事者たちには繋がりがあり、更に何か知ってる風なイケメン神父まで現れる・・・!という話です。
ちょっと「セブン」風味なサスペンスっぽい雰囲気で展開していくホラーですね。

ロボコップ
大きな出来事はそんなにドタンバタン起きない代わりに静かだけど薄暗くて緊張感が常にある雰囲気はこのサスペンスチックな話によく合ってて良かったと思うぜ。
こういう点に関しては「フッテージ」と少し似ているかも。

ガイコツ
「フッテージ」は最後までその雰囲気が続いていた印象がありますが、この作品は終盤で悪魔が正体を露わにすると途端に悪魔VSエクソシスト的展開に移行していくのが面白いですよね。
それまでのサスペンスっぽい雰囲気が好きだった人は興ざめしかねないとも思いますが・・・(笑)

Deliver-Us-From-Evil-Movie-2014-Eric-Bana-Ralph-Sarchie.jpg
ペロッ・・・これは大掛かりなダイイングメッセージ!?
ロボコップ
次にそんな心霊ワールドに入り込んでしまう主人公のラルフ刑事についてだが、エリック・バナが神経質そうで暗い役柄を上手く演じていたな。
映画の雰囲気を象徴するキャラだと思うぜ。

ガイコツ
そこまで大きなアクションを取るようなキャラではないので正直主役の割に地味な面は否めないのですが、家族とのすれ違いや過去のトラウマなどからくる負のオーラは抑え目な演技からしっかり滲み出てましたね。
そんなラルフ刑事に心霊ワールドの道案内をする神父役のエドガー・ラミレスも怪しげで良かったです。

ロボコップ
怪しさって言ってもホラー的な怪しさじゃなくてペテン師的な怪しさがあるのが面白いよな(笑)
イケメンでなんかエキスパートみたいに振る舞っているんだけどこいつ大丈夫かみたいな心もとなさもあるという絶妙な雰囲気を持ったキャラクターだったな。

Deliver-Us-From-Evil-Movie-2014-Edgar-Ramirez.jpg
ぱわーおぶくらいすと!こんぺるずゆー!
ガイコツ
次にそんな主人公たちが遭遇する悪魔たちですが、エクソシストものでおなじみの通り人に憑り付くので実態を表すわけではないのですが憑り付かれた人たちが「イベント・ホライゾン」を彷彿とさせる過激で不健康な姿に変貌するのが楽しいですね~。

ロボコップ
また、序盤・中盤の捜査パートと終盤のエクソシストパートで悪魔の怖さの描き分けされているのが面白いよな。
捜査パートでは事件の犯人として精神異常者的な恐怖が、エクソシストパートでは人体を乗っ取って悪事を働く悪魔の心霊的な恐怖が描かれているぜ。

Deliver Us from Evil (2014 (3)
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     コ ロ ン ビ ア       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

ガイコツ
最後にその他の要素についてですが、そこまで期待していたワケではなかったゴア描写が思いの外痛々しく描写されていたのが印象的でしたね。
悪魔に憑りつかれた人間の描写もそうですし、事件の中で発見される死体の描写もなかなかでした。

ロボコップ
楽しいゴアではなくて痛々しさと汚さが伝わってくるエグイ系のゴアシーンだぜ。
女性の飛び降り死体のシーンは「女優霊」を彷彿とさせるエグさだったな。
前作の「フッテージ」は「リング」ぽいところがあったしもしかしたらJホラー意識してる部分があるのかね?

Deliver Us from Evil (2014 (4)
猫派の筆者が卒倒したシーン
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
序盤・中盤のサスペンスっぽい緊張感のある空気感もいいですし、終盤のちょっとサービス気味なエクソシストバトルも楽しい一粒で二度おいしい作品だと思います。

ロボコップ
作りはスコット・デリクソン監督とブラッカイマー製作だからしっかしりてるし、ホラー好きな人には基本的にオススメできる作品だと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
一応グロ注意ですけどこんなブログ見てる人にそんなこと言うのも野暮な気ですかね・・・(笑)
ではまた~。




↓ひとポチいただけると筆者が憑りつかれたように喜びます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
どういう捜査なのか
へー、ブラちゃんがこんなタイトルの映画に一枚噛んでるですかあ。
…って、勝手な邦題なんでしょうけど。よく見たら、ジェリー・
ブラッコイマーとかになってませんでした…?

貴記事読んで、確かにしっかりしてそうな内容だと感じますね。
前半、後半それぞれに楽しめる仕様というところでしょか。
最近加齢のせいかあんまりゴアなのはシンドイとこあるんですが、
これはちょっとトライしてみよかな…。
[ 2015/02/23 22:21 ] [ 編集 ]
Re: どういう捜査なのか
コメントありがとうございます!

自分もこの作品の紹介ページとかパラパラ見ているときに
ブラッカイマーの名前があって、へぇこんな映画も手掛けるんだと驚きました。
未だにブラッコイマーやらプラッカイマーじゃないかと疑っています・・・(笑)

作品自体はなかなかしっかりしていたのでオススメです。
ゴアもまあ・・・しっかりしてますがゴアメインのコッテリした作品ではないので
美味しくお召し上がりになれるのではと思います(笑)
[ 2015/02/28 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。