スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レプティリア ~出来の悪い子ほど・・・~

ガイコツ
どうもです。
今回は「レプティリア」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の2000年の作品だ。
正直ソフトをお店で見かけるまでトビー・フーパーがこんな作品撮ってたことも知らなかったぜ(笑)

ガイコツ
劇場公開されていないうえにWikipediaにも作品ページがないですからね・・・(笑)
筆者はこの作品、お店でフラッと見た棚に置いてあったのでなんとなく買ってしまったようです。
普段ここまでなんとなくで買うことはあまりないのですがこの作品はなぜか買っちゃったんですよね。

ロボコップ
そんな安かったわけでもないし、なんでだろう・・・なんか怖い(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ・・・と思ったけど引用できるところが見つからなかったので今回はナシ(笑)




affiche-crocodile-2000-1.jpg
なんかポスター画像もすごい安っぽいぞ!
ガイコツ
ボートで湿地を旅する若者の一行、恋や遊びなどどうでもいい甘酸っぱい青春を送る一行に伝説の巨大クロコダイルが襲いかかる!ざまあみろ大変だ!という話です。
まあ特に変わったところのないオーソドックスなアニマルパニック作品ですね。

ロボコップ
バカな若者たちが自然の中に入っていってトラブッて取り残されて食われるっていうパッケージの“5年間の構想を経て作り上げた~”ってところを思わず二度見してしまうくらいのテンプレ通りの作品だったな。
この作品に5年てその5年間トビー・フーパーは相当なスランプだったんじゃないかと思ってしまうぜ(笑)

Crocodile9.jpg
5年かかってこの子が生まれました!
ガイコツ
次に登場人物についてですが、バカな若者が5、6人とその他食われるために出てくるオッサンが2人出てくる程度のコンパクトな構成でこれもいたってオーソドックスですね。
またどの人物も大して重要じゃないので見分けられなくてもいいという点もいつも通りです(笑)

ロボコップ
またそのどうでもいい登場人物たちが繰り広げる人間ドラマもいたってどうでもよくて途中からはよ食われろや!と思ってしまうのもおなじみだな(笑)
そんな登場人物たちだが、特筆すべき点があるとするとみんな演技がヘタクソという点だぜ・・・。

ガイコツ
英語の演技なんでちょっと棒程度なら正直分かんないですし、アニマルパニックなんで演技なんてそんな気にもしてないハズなんですが、今回はそれにしてもあまりに緊迫感がない演技で驚きましたね(笑)
これに関してはトビー・フーパーの見せ方も問題ある気もしないでもないですが・・・。

daewoo-lanos-t100-1999-1.jpg
今回の犠牲者の皆さん
ロボコップ
次この映画の主役であるクロコダイル君だが、今までボロクソに言ってきたこの作品だけどコイツについては割と好きだったりするかも(笑)
ハリボテとCGがシーンによって使い分けられていてどっちもちゃちいことはちゃちいんだけど愛嬌がある。

ガイコツ
ハリボテのシーンは鈍重でCGのシーンは意味不明にスピーディーなので動きの整合性あんまり取れてないところも甘さがあって素敵です。
またCGのワニの足がちょっと細くて頼りないところは萌えポイントですね。

ロボコップ
あとハリボテについては噛む動作に明らかに力感がこもっていないところとか微笑ましいよな。
なんか好きと言いながら粗ばっかりボロクソに言ってる気がしないでもないが、出来の悪い子ほどカワイイとか言うだろ、そういうことだ!

クロコ
こっちはハリボテの方
ガイコツ
最後にラストについてですが、なかなか衝撃と言いますか、脱力するラストでビックリしましたね。
ずーっとほぼテンプレ通りのような進行をしてきて、最後にテンプレから外してさらに意味の分からないラストを持ってくるところはある意味すごいと思います(笑)

ロボコップ
一応序盤にラストへつながる伏線は張ってあるんだけど、その伏線をそういう使い方しちゃいますかみたいな斜め上のオチだよな。
このオチ見ると、爆発オチって無理矢理だけど全然納得できるオチなんだなと思ったり思わなかったり(笑)

1184578__vlcsnap_67234.jpg
美女危うし!衝撃のラストを見逃すな!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
オーソドックスなアニマルパニックものとして特筆すべき点はそんなないですが、とりあえずクロコダイルはカワイく撮れている楽しい作品だと思います。

ロボコップ
トビー・フーパーの作品でちょっとだけ期待しちゃったからボロクソ言ってるけど、アニマルパニックとしてはそんなヒドイ作品というわけではないから好きな人は観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
こんだけ言った後、最後にちょっとだけフォローしてももう手遅れな気がしますけどね(笑)
ではまたー。




↓ひとポチしていただけるとこの作品を3000円くらいで買ってしまった筆者も成仏します↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/08/31 23:55 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(4)
やはり買わざるを得ないか
いやあ、私もこれは存じ上げませんでした。
またしても、alai Lama さんの、この類作品発掘力に
脱帽しておる次第であります。

フーパー・テンプレート、5年間の構想を経てこれか…、
重要性なしの上に大根揃いのキャストたち、愛すべき
仕様の主役クロコ君、そして有終の美を飾る脱力ラスト
等々、実に魅力的な作品のようですねえ。記事読んでて
幾度なく吹きだしてしまいましたわ。

ちょっとレンタルにはないのかも知れませんが、見つけたら
是非観賞したいと思います。情報ご提供、多謝です。
[ 2014/09/01 23:32 ] [ 編集 ]
ボンジュ〜ル。お久しぶりです。フランスでバカンス中のわたしが来ましたよ。パリには2年おきくらいに遊びに来てますが、alai氏は相変わらず薄暗い劇場に通いつめたり、ゴミDVDを買い漁ったりしているみたいですね。あ、ちなみに、フランスではもうすぐ、alai氏の大好きなロバート・ロドリゲス最新作のシン・シティ続編が公開間近らしくて、町中いたるところにポスターが貼ってあります。日本での公開が待ち遠しいですね。
しかし、最近、コップのはらわたの更新が遅いのが気になりますね。alai氏とは映画の趣味が真逆なので、わたしもコメントする機会はそれほどありませんが、アップされた記事は欠かさず目を通しているので、頑張って更新して下さいね。
[ 2014/09/03 18:38 ] [ 編集 ]
Re: やはり買わざるを得ないか
コメントありがとうございます!

作品発掘力というのかゴミ漁り力何というのか・・・(笑)

正直出来は良くないですが、
色々な要素が絡み合ってダメ映画愛好家の方々には楽しめる仕様になっているかと思います。
もちろんふじつぼだんきさんにはオススメです!(笑)

またダメ映画埋もれた名作を発掘すべく精進して参ります。
[ 2014/09/08 00:01 ] [ 編集 ]
Re: ユウさん
コメントありがとうございます!

ユウさんがパリジェンヌだったとは存じ上げませんでした。
アラン・ドロンのようなダンディとひと夏のアバンチュールを過ごされていたのでしょうか、羨ましい!
薄暗い穴倉でモグラのようになったり買ったときは3000円、売るときには50円のDVDを買ったりしていますが私の日々も充実しておりますよ!そう思わないとやってられないですし。
シン・シティの続編フランスではもう公開になるんですね~、日本ではいつでしたっけ・・・とにかく海外の情報に触れると日本遅いなと毎回思わされます。

最近ちょっと夏バテ気味で仕事から帰るとすぐ寝てしまってなかなか更新できていないんですよね~。
モチベーションはあるので涼しくなってきたらまたペース上げられるんじゃないかなぁと思います、多分ですけどね(笑)
[ 2014/09/08 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。