スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

喰女 クイメ ~うらめしや!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「喰女」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画は三池崇史監督の2014年の作品だ。
つい昨日から公開が始まった作品だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、「オーディション」などを撮った三池監督のホラー作品ということで楽しみにしていたので公開日にウキウキしながら観に行ってきたようです。
ホラー以外はそこまで惹かれなかったりするんですがホラーはなんか期待してしまいますね~。

ロボコップ
鬼畜っぷりを発揮してくれるのか楽しみだぜ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




有名女優、後藤美雪主演で企画された舞台『真四谷怪談』。恋人の美雪の口添えで見事に伊右衛門役を射止めた売れない俳優の長谷川浩介だったが、浮気癖で優柔不断な性格が災いして共演者の朝比奈莉緖や美雪の付き人の倉田加代子にまで手を付けてしまう。浩之の浮気に気づきながらも彼を受け入れようとする美雪と不貞の限りを尽くす浩介の現状が『四谷怪談』の岩と伊右衛門のそれぞれの役と一致していくことで、次第に二人は役に異常なほどにのめり込んで行き、芝居と現実との区別のつかない狂気の世界へ陥っていく。
Wikipediaより引用
kuime.jpg
ウワキダメ、ゼッタイ
ガイコツ
浮気者の海老蔵が主演舞台の四谷怪談の共演者に手を出しまくるよ!彼の恋人で彼にこの役を斡旋した柴咲コウが激おこプンプン丸だよ!うらめしやだよ!という話です。
話自体はオーソドックスですが舞台と現実を混ぜ合わせながら描くやり方が特徴的な作品ですね。

ロボコップ
劇中劇の四谷怪談がかなりガッツリと時間を割いて描かれていたのが意外だったし印象的でもあったな。
もっとサラッと触れる程度かなと思ってたんだけど実際は現実パートよりも劇中劇パートの方が長いくらい。
それだけ重点を置いてやってるからか劇中劇だけでも観たいくらいの見応えがあったぜ。

ガイコツ
また劇中劇はセットや美術も美しくてそういう意味でも見応えがありましたよね~。
ホラーにしては予算が出ているのか、全体的にセットにもお金がかかっているようで安っぽさがあまりなかったのも個人的には良かったと思います。

347267_006.jpg
お~いお茶だけど伊右衛門を演じる海老蔵
ロボコップ
次に登場人物についてだが、市川海老蔵はなんというか世間の持ってる悪いイメージの方を凝縮したような役を演じててすごく合ってた気がする(笑)
演技に関しても良かったと思うし。

ガイコツ
劇中劇と現実の二つのパートで似たような役を片方は舞台の演技で、もう片一方は映画の演技で演じ分けているのは単純に観ていて面白かったですね。
柴咲コウは嫉妬に狂っていく女性を頑張って演じていたと思います。

ロボコップ
まず柴咲コウが若い女に男を取られる役をやるということ自体がまずちょっと意外だったし、表立ってギャーってカンジではなくて静かに狂っていく姿はなかなか良かったぜ。
またクライマックスの方でなかなかエグイこともやっててそこは見所かも(鬼畜的な意味で)。

kou.jpg
今回の柴咲コウは這います!
ガイコツ
その他の登場人物についてですが、芝居の共演者を演じる伊藤英明は何とも言えぬ怪しさがあり脇役ながら存在感が光っていて素晴らしいなと思いましたね~。
また劇中劇パートと現実パートでの演技の振れ幅の大きさにこの人すごいなと感心してしまいました。

ロボコップ
途中ホントにコイツ伊藤英明かと思ってしまうようなシーンとかあったもんな(笑)
あと柴咲コウから海老蔵を寝取ろうとする若手女優役の中西美帆は出番はあんまり多くなかったけど「オーディション」の椎名英姫のような裏のある美人な雰囲気がオッと思った。

114006.jpg
変わり果てた姿になってしまった海猿
ガイコツ
最後にみんな大好きゴアシーンについてですが、ゴアシーン自体はそこまで多くはなかったですね。
クライマックスとか要所要所にはPG12を実感できる程度の楽しいゴア描写がいくつかありましたけど(笑)
またそういう楽しいゴアシーンの部分は隠さずこれ見よがしにやってるところは好感が持てました。

ロボコップ
でもそういう直接的な描写はそこまでキツイわけではなくて、本当にドギツイのは間接的な描写というところがこの監督の真骨頂でホント上手いなぁと思ったぜ。
さっきも言ったけど柴咲コウのシーンとかようやるわと思った。

347267_002.jpg
海老蔵「表蕎麦屋で」 柴咲「うらめしや~」
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
話の描き方が面白く役者もいいですし、監督の鬼畜なところも出ていますし、楽しいゴアシーンもある面白い作品だと思いますね~。

ロボコップ
三池監督の作品が好きだったりホラー好きな方は是非観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
カップルとか家族で観に行くのにはあまりオススメ出来ないカンジはありますけどね(笑)
ではまたー。



↓ひとポチしていただけると筆者が喰い気味で喜びます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/08/24 23:58 ] マ行 三池崇史 | TB(0) | CM(2)
おぉ
もう観たんですね!早い。
私はこれからなんで、観たら続き読みにきます。
[ 2014/08/25 19:55 ] [ 編集 ]
Re: おぉ
コメントありがとうございます!

公開前から気になっていたので居ても立っても居られず初日に観に行ってしまいました(笑)
シャロンさんの感想も楽しみにしております。
[ 2014/08/27 00:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。