スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エスケイプ・フロム・トゥモロー ~夢の国?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エスケイプ・フロム・トゥモロー」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はランディ・ムーア監督の2013年の作品だ。
ディズニーランドで無断撮影したということで話題になっている作品だな。
筆者はこの作品、TOHOシネマズのカードを再発行しに行くついでに観てみたようだ。

ガイコツ
低予算で大ヒットとか作品内容以外の部分でアピールしている映画は正直地雷っぽい気がして普段はあまり気が進まないのですが、3連休パワーに押されてすごくなんとな~くなカンジで観に行ってしまいましたね(笑)
B級かも怪しいくらいのホラーなのに劇場は意外にお客さんが入っててビックリしましたね。

ロボコップ
どう考えても他の作品にした方がいいだろって人もいたりしてディズニーパワーをヒシヒシと感じたぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




会社に突然クビを言い渡された中年男のジム(ロイ・エイブラムソン)は、口うるさい妻とわがままな2人の子供と共に人気テーマパークにやって来た。夢と魔法の国で何度も現実から逃げたくなる衝動に駆られたジムに、妄想と現実が入り交じった奇妙な出来事が次々と襲い掛かってくる。
シネマトゥデイより引用
poster2_201407220040302b3.jpg
不正使用してもディズニーはグレイト&パワフルなのだ!
ガイコツ
妻と子供と楽しいディズニーランド旅行だ!と思ったらその直前に会社クビ宣告食らったんですけど。家族に言い出せぬまま暗澹たる気持ちでディズニーランド行ったらなんかカワイイフランス娘がいたりしてよく分かんなくなってきた!という話です。
現実と幻想の境が分からなくなっていくという話なんですが、話自体がよく分からない作品ですね(笑)

ロボコップ
ディズニーランドで違う意味で夢の世界に入り込むというアイデアはいいと思うんだけど、主人公のクビになったオッサンの行動がすごい何となくで意思が全然見えないんだよな。
その上行動に一貫性があるわけでもないから最初から最後まで腑に落ちることが全然なかったぜ。

ガイコツ
映ってる世界が現実か分からないうえに、主人公の行動意図も分からないので観てるこっちは宙ぶらりんで放置されたようなモヤモヤ感がありますよね。
さすがに何か定まったものがないと定かではない事柄も浮き上がってこない気がします。

o-ESCAPE-FROM-TOMORROW-facebook.jpg
夢の国は本当に夢の国なのか!?
ロボコップ
次に演出についてだが、白黒映画にしたのは上手い考えだなと思ったぜ。
主人公のお先真っ暗で色彩がなくなったカンジが現れてるし、白黒にすることによって光と影の加減で普段楽しく見えているアトラクションが不気味に見えるのが面白かった。

ガイコツ
プーさんが光の加減で不気味に見えたときはちょっと感心しましたね。
あとは生々しい描写を描こうという努力が見えましたよね。
ゲロ吐く音とか下痢の音に妙に力を入れていたりして(笑)

ロボコップ
白黒になると血などのビジュアル的な生々しさという点ではちょっとスポイルされてしまうのでその分音ってことなのかもしれないがなかなかお下品で好感が持てたな(笑)

escape-from-tomorrow.png
手前の奴がなんか怖い
ガイコツ
最後にラストについてですが、こちらについてもイマイチよく分からないで置いてきぼりにされたまま終わっちゃったという感が否めないですね~。
終わり方自体は嫌いではないんですけどね。

ロボコップ
終わり方が嫌いじゃないというより“オッサンが血を吐いた末、ミッキースマイルで猫目を見開いて死ぬ”っていうアイデアが好きなだけだよな。
あのシーン観たときこの映画嫌いなれないなと思った(笑)

screenshot101.png
この映画屈指の名シーンだと思います
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ディズニーランドで幻想に入り込む男を撮るなどアイデアはいいのですが、そのアイデアに引っ張られて話をぼやかし過ぎちゃったのが残念な作品だと思いました。

ロボコップ
そこまでオススメはしないけど、話のタネにするには丁度いい映画だと思うから興味のある人は観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
カップルの方はちゃんとしたディズニーの方の「マレフィセント」を観に行くことをオススメしますよ!
ではまたー。




↓当ブログは「マレフィセント」を観に行かれたあなたのクリックもお待ちしております↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/07/24 07:47 ] ラ行 ランディ・ムーア | TB(0) | CM(2)
ネズミのチャックを下ろしてくれれば伝説になったのに(笑)
[ 2014/07/27 17:04 ] [ 編集 ]
Re: ヒッシーさん
コメントありがとうございます!

ディズニーランドで撮るっていう発想はふざけてて面白いのに、そこから先があんまりふざけてなくてしかもそんなに巧くないっていうのが残念でしたね~。
仰る通りでネズミのチャック下ろすくらいのはっちゃけっぷりを期待していたんですが・・・。
[ 2014/07/29 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。