映画は映画館で観ようの会 ~コルネット・トリロジー編~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」「ワールズ・エンド ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」の三本立を映画館で観てきたよという話です。

ロボコップ
シネマート新宿という映画館で金曜の夜にオールナイト上映されていたので、仕事終わりのベットリとした体を引きずって観に行ったようだぜ。
オールナイト上映行くのは今回が初めてなんだけど、お客さんの女子率がやたら高くてビックリしたな。

ガイコツ
どうせ筆者のような死んだ眼をしたむさ苦しい男たちがたむろっているんだろうなとか勝手に想像していたので、半々かそれ以上女子でちょっと面食らいましたね(笑)
エドガー・ライトって女子人気高いんだなと思いました。

ロボコップ
スィートなカンジの他のお客さんに対してスウェットな筆者は逆に浮いててなんか申し訳ない気持ちになったぜ。
スパイシーな臭いがしちゃいかんなとか思いつつ汗ふきシートで念入りに体拭いたりして(笑)
そんな浮いてしまった筆者の話は置いといて、そろそろ作品の話に移ろうかな。



cornettotrilogy.jpg
コルネット・トリロジーと呼んだりもするらしいです。
IMG_1815.jpg
映画館内には楽しげな展示も!

ガイコツ
まず最初に「ショーン・オブ・ザ・デッド」についてですが、三作品の中で一番まったりした雰囲気でリラックスして笑えるような描写が多いですよね。
お客さんの笑い声も一番よく上がってたかなと思います。

ロボコップ
まあ単純に一本目だからまだ元気な人が多かったってのもあるんだろうけどな(笑)
あとサイモン・ペッグとニック・フロストが演じてるダメ男たちの描き方はこの作品が一番苦みが少ないから、そういう意味で観やすい作品かなと思うぜ。

ガイコツ
あと印象的だったのは、QUEENのくだりはやっぱり盛り上がりますね~。
どんどんパニックが広がっていくところがスピード感抜群で描かれていて、音楽のおかげで謎の爽快感もあるっていう素晴らしいシーンだと改めて思いました。

Shaun_of_the_Dead_0386.jpg
三作品見比べるとこの頃は若いなと感じるサイモン・ペッグ
ロボコップ
次に「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」についてだが、筆者は体力が微妙になってきて中盤のおとなしめなところはちょっとボーっとしながら観てたな(笑)
とは言え、クライマックスのアクションを大画面で観られたのはすごく良かったぜ。

ガイコツ
パロディとか入れてユーモラスな感じにしてますがアクションシーン撮るの上手いなと感心しますよね~。
街の通りやスーパーマーケットでの攻防の手に汗握るワクワク感はアクション映画としても一級品じゃないかなと個人的には思ってたりします。

ロボコップ
あとパロディの部分だと二丁拳銃で横っ飛びするジョン・ウー的なアクションはやっぱ燃えるんだけどサイモン・ペッグとニック・フロストのおかげ(?)で絵面が非常にバカらしく、緩いカンジになるのがいいな(笑)
そういう意味では役者のパワーをすごく感じた気がする。

Hot_Fuzz_84.jpg
燃えるけどなんかマヌケ!
ガイコツ
最後に「ワールズ・エンド ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」についてですが、筆者は下戸なのに調子乗ってビール飲んじゃったりしたので5分くらい寝たところもあったようです(笑)
まだ公開中の作品なのでそこまで劇場のありがたみは感じませんでしたがやっぱり面白かったですね~。

ロボコップ
単品で見たときも思ったけど、ダメ人間の苦みは他2作品と比べても強く出ている作品だったな。
あと「ホットファズ~」に続いてアクションが面白いし、SFならではのスケールが大きいシーンも結構あったりするからそういう部分は劇場で観てこそって部分になるだろうな。

worldsend-01.jpg
みんな大好き首チョンパ!左端は作品を経るごとに出番が増える男、マーティン・フリーマン
ガイコツ
まとめるほどのことも話してないのでアレですが、
いつも通り映画を映画館で観たら楽しかったよというのと、オールナイト上映も色々あったけど楽しかったよという話でした。

ロボコップ
エドガー・ライトの作品なら多分またどこかでリバイバルとかオールナイト上映とかやる機会はあると思うから、好きな方は観に行ってみると楽しいんじゃないかなと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
「ワールズ・エンド~」なんかはビールもよく売れますし、そういう意味でもどこかの映画館でまたやるんじゃないかなという気がしますね(笑)
ではまたー。




↓ひとポチいただけるとオールナイトの影響で土曜日半日動けなかった筆者も喜びます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
意外と女子人気高いんですね!!(←なぜか意味もなく喜んでる)
私も同じ日に、シネマートの18:40くらいの回の「ワールズ・エンド」見たんですが、その時は私含めて10人くらいしかいませんでしたよ(笑)。

しかしエドガー・ライトは女子人気割と高いんですかね? 確かにタランティーのよりはまだポップさがあるかもしれませんね。つっても、さえないオッサンがパブ12件ハシゴするという部分には女子ウケ要素は全く感じませんが(笑)。

私はすぐトイレへ行きたくなってしまうんで、ここ最近は映画館ビールを自粛してたんですが(タラのジャンゴの時は上映中に3回もトイレへ行ってしまいました)、今回はさすがにビール片手に見てしまいました。
[ 2014/06/22 21:12 ] [ 編集 ]
あー、報告が遅れましたが、わたしもワールズ・エンド、劇場で見ましたよ。わたしはシネ・リーブルで見たのですが、公開から1ヶ月程経っていたにもかかわらず、ほぼ満席でした。そしてalai氏の仰る通り、女子率高めでした。まあ、わたしはオバさんなんでアレですが、若いコ多勢来てましたよ。
まあ、alai氏も、オールナイトでエドガー・ライト見たりしちゃって、リアル・サイモン・ペッグにならないで下さいネ
[ 2014/06/23 22:48 ] [ 編集 ]
Re: 意外と女子人気高いんですね!!(←なぜか意味もなく喜んでる)
コメントありがとうございます!

ややっ!アンジーさんとニアミスしていたんですね~。
オールナイトの回は私の列だけで10人いるぐらいの埋まり方でしたよ!
女子もインターミッションに女子トイレに大行列ができてたのでなかなか人気が高かったようです。

エドガー・ライト監督の女子人気の理由は何なんでしょうね~。
マーティン・フリーマンあたりは女子人気高そうですが「ワールズ・エンド」以外はメインキャストじゃないですし・・・。
皮肉は効いてますがアメリカのコメディほどお下品じゃなかったりするところもいいのかもしれません。

この映画はビール飲みながら観ようという気にさせられますよね~。
高いなぁとか思いながらボディントンなるビールを乗せられて買ってしまいました、美味しく飲めたから良かったですけどね(笑)
[ 2014/06/24 00:08 ] [ 編集 ]
Re: ユウさん
お返事が遅くなってしまいすみません(汗)
コメントありがとうございます!

ユウさんもワールズ・エンドをお気に入りのシネ・リーブルで観られたんですね~。
しかし公開一か月で満員はすごいですね~。好きな人は足繁くリピートしてそう(笑)
オッサンばっかりのむさ苦しい映画館で観るよりは精神衛生上良いのでいいんですが、女子率の高さはなんでなんでしょうかね。
まさかサイモンとニックのちょっぴりホモォ…な男の友情が人気とか・・・?

幸い(?)下戸なのでリアルゲイリー・キングにはなりませんが、ショーンくらいのダメ男になる可能性は全然ありますね~(笑)
[ 2014/06/28 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL