スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バーニング ~バンボロ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「バーニング」について話していきましょう。

ロボコップ
この作品はトニーメイラム監督の1981年の作品だ。
最近になってブルーレイが発売された作品だな。

ガイコツ
今までは作品の噂は聞きつつもVHSしか出てなかったからなかなか観る機会に恵まれなかったんですが、ブルーレイが発売されたということで喜んで、その勢いで某ヨ○バシでポチってしまったようです。
いや~、勢いって怖いですね(笑)

ロボコップ
ポチった瞬間には痛みはないのに後でナイフが刺さってることに気付いて死ぬからな(笑)
クレジットの恐怖は置いといて、そろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



学生たちで賑わうキャンプ場に出現した殺人鬼。巨大なハサミを武器に若者たちは次々と犠牲になって行く……。
allcinemaより引用
BurningUKQuad.jpg
良い子も悪い子もバンボロおじさんがチョキチョキしちゃうぞ!
ガイコツ
子供のいたずらが原因の事故によって大やけどを負った意地悪なキャンプ場の管理人クロンプシー。彼は殺人鬼バンボロ(東宝東和命名)として蘇りキャンプ場にノコノコと足を踏み入れた若者たちに襲いかかる!という話です。
話的には完全に13金のパクリにインスパイアされた作品ですね(笑)

ロボコップ
完全にパクリインスパイアされた作品ではあるが、そういう雨後の筍的作品の中ではかなりクオリティが高い部類に入ると思うぜ。
演出も焦らしとかタメもしっかり使ってたりして緊張感の高め方も上手いし。

ガイコツ
全体的におちゃらけてなくて、楽しい若者の青春と適度なすっぽんぽん、恐ろしい殺人鬼と適度なゴア描写を真面目に描いている正統派B級ホラーといった趣がありますよね。
そして青春パートがそこまで退屈じゃないというところもポイントが高いです。

1316113767-burning.jpg
イジワルしすぎたせいで燃やされてしまったクロンプシーおじさん
ロボコップ
次にそんなそこまで退屈じゃない青春模様を見せている登場人物についてだが、全体的にパワーバランスが取れているカンジがするのがいいよな。
いじめっ子といじめられっ子も一方的な関係じゃなかったりするし。

ガイコツ
いじめっ子を諌める年長者がいたり、いじめられっ子に手を貸していじめっ子をからかう奴がいたりなんか全体的にいい子が多いんですよね、早く死ね!ってカンジのDQNばっかりではなくて。
すっぽんぽんになったり多少はしゃいじゃってはいますけど(笑)

ロボコップ
そして、いい子だろうが結局みんな殺されてしまうんだけどな(笑)
そういういい子にも悪い子にも無差別で悲惨な死が訪れることが現実の厳しさを暗示して・・・たりすることはないんだろうけど殺人鬼の理不尽さとかは強調されてて良かったかもな。

PDVD_010.jpg
稲川淳二アメリカンなシーン
ガイコツ
次にそんな理不尽な殺人鬼バンボロ(作中一度もこの名で呼ばれない)のおっさんですが、焦らしが上手いのがいいですね~。
序盤から主観シーンで子供たちに何度も接近して見せるんですがなかなか手を出しません。

ロボコップ
始まって一時間近く手を出さないのはさすがに長えよ!とは思ったけどな(笑)
まあその分クライマックスには植木ばさみででと暴れ回ってくれるし、死に方もなかなか味があったからそこで焦らし分も取り返してくれたと思うぜ。

the-burning.jpg
はさみ使いの魔術師ことバンボロおじさん
ガイコツ
最後にみんな大好きゴア描写についてですが、トム・サヴィーニが手掛けただけあって、全体的にしっかりしていて見応えのあるシーンもいくつかあって良かったです。
殺人鬼バンボロが使うデカいはさみも上手に使われているなという気がしましたし。

ロボコップ
チョキッとやったり刺したり振り払ったりはさみだけでも結構ゴアシーンのパターンが作れるんだなとかなんかちょっと感心しちゃったぜ(笑)
あとバーニングなだけあって人が燃えるシーンもあるんだがそこも結構見応えがあって良かったな。

the-burning-disfigured.jpg
バンボロおじさんの顔がまずゴアだったりする
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
13金パクリインスパイア作品ではありますが作りが真面目で演出や特殊メイクなどもしっかりしているので、思った以上に楽しませてくれる正統派なホラー作品だと思いますね。

ロボコップ
B級ホラーが好きな人には安心してオススメできるので興味のある方は是非観て欲しい作品だな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
あとトム・サヴィーニがこの作品の特殊メイクを語るという特典も地味に面白かったのでそういう意味でもオススメです。
ではまたー。




↓いい子も悪い子もひとポチしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/06/13 21:09 ] タ行 トニー・メイラム | TB(0) | CM(6)
alai氏もBlu-rayを衝動買いして、毎月クレジット請求の恐怖に恐れおののいておられるのですね・・。かく言うわたしも、アマ○ゾンで新作旧作問わずポチりまくって、毎月クレジット請求という名のゴアシーンに目を覆っています。基本、劇場で見て、少しでも気に入ったらBlu-rayで買っちゃうのですよね。え?キックアス2?キルズ?ロボコップ?当然アマゾ○ンで予約済みですよ?
[ 2014/06/15 09:36 ] [ 編集 ]
懐かしい作品ですね~
確かにパクリ…ではありますが(笑)
面白かったですよ、また久々に観てみたくなりました。
[ 2014/06/16 01:57 ] [ 編集 ]
Re: ユウさん
コメントありがとうございます!

ユウさんもポチポチ魔だったんですね!
魅力的な作品が何でもかんでもポチッとするだけで手に入ってしまうのでつい理性を忘れてしまう時がありますね~、恐ろしい・・・。
劇場で観て気に入ってソフトも欲しくなる流れ分かります!
それにしてもユウさんたくさん予約されてますね・・・(笑)
[ 2014/06/17 22:47 ] [ 編集 ]
Re: シャロンさん
コメントありがとうございます!

長いこと噂にのみ聞く存在だったのですが、やっと観られました。
パクリインスパイアではありますが、面白い作品でしたね~。
久しぶりにバンボロおじさんと再会されてみるのもいいと思いますよ!
[ 2014/06/17 23:11 ] [ 編集 ]
かなぶんです。
 alai Lama様

 この作品、私は未見なのですが、私が小学校1~2年の頃に公開されて、結構話題になったんですよね~。
 あの頃はスプラッター映画全盛の時代で、「バーニング」も「ルックルックこんにちは」っていう朝の情報番組で紹介されてたんですけど、朝っぱらからハサミで喉をチョキチョキして血がドクドク出る場面とか普通に流れていたのが、強烈に印象に残っていますi-229
 う~ん、懐かしい…是非観てみたいと思います(´∀`*)

 また遊びに来ます!(*^-^*)ノ~~マタネー
[ 2014/06/29 22:33 ] [ 編集 ]
Re: かなぶんです。
コメントありがとうございます!

私は噂でしか知らないのですが、東宝東和がなかなかヒドイ大胆な宣伝をやったみたいですね~。
殺人鬼バンボロが全米指名手配だとか(笑)
朝の情報番組でハサミでチョキチョキで血がドクドクとは・・・私は嬉しいですが苦手な人にはたまったもんじゃないですね(笑)
なかなかよくできた作品なので是非ご覧になってみてください。

またよろしくお願いします!
[ 2014/06/30 22:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。