スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エクスタミネーター ~もっさり感~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エクスタミネーター」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はジェームズ・グリッケンハウス監督の1980年の作品だ。
この作品のほかには「プロテクター」を撮ってたり「マニアック・コップ」みたいなB級ホラーの製作総指揮をしていたりいかがわしい臭いがする人だな(笑)

ガイコツ
筆者はこの作品、DVDリリースされてた時から気になってはいたんですが値段的にどうかなと思って二の足を踏んでいたら、某ツ○ヤの発掘良品コーナーに並ぶようになったので借りてみたようです。
・・・けちんぼですね。

ロボコップ
その割には変なところにお金使っちゃって全然貯まらんのだけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ベトナム戦争中、ベトコンの捕虜となったジョンは処刑される寸前、戦友マイケルの決死の反撃で難を逃れた。
帰還後、2人はニューヨークの同じ職場で働き始めるが、ある日、マイケルがジョンを助けるために撃退したチンピラから報復を受け、廃人同然にされてしまう。チンピラはもとより、警察の無力さにも怒りを爆発させたジョンは自身の手で復讐する事を決意し、復讐を果たした。その過程でジョンは“闇の死刑執行人=エクスタミネーター”となり、街にはびこる悪人どもを次々と処刑していく。

Wikipediaより引用
img_1.jpg
“ターミネーター”じゃねーから!“タミネーター”だから!
ガイコツ
ベトナムで心の傷を負った帰還兵ジョン。帰還後は戦友マイケルと共に働いていたジョンだったが、泥棒退治をしたことがきっかけでマイケルがチンピラどもに半殺しにされてしまう!許せん・・・許せーん!という話です。
なんというか色々な作品からパクったインスパイアされたような作品ですね。

ロボコップ
復讐譚&処刑人なところは筆者は未見だけど「狼よさらば」らしいし、ベトナム帰還兵で娼婦がうんたらみたいなところは「タクシードライバー」っぽい雰囲気もあるし、44マグナムで悪を討つのは「ダーティ・ハリー」でもあり・・・。
そういう意味で作品の骨格の部分にオリジナリティはあんまりないな(笑)

ガイコツ
この作品でオリジナリティが出てくるのはそういう部分ではなく悪趣味さでですからね。
話の進み方なんかは割といい加減なカンジなんですが、悪趣味描写だけは一部ちゃんと見どころを作ってあるところがなんというからしさが出てていいと思います(笑)

large_the_exterminator_blue_blu-ray_7.jpg
よくも相棒を・・・許さーん!
ロボコップ
次は登場人物についてだが、処刑人エクスタミネーターになるジョンを演じるロバート・ギンティのもっさりとした風貌や演技が何とも言えないな。
復讐者なんだけどカッチョよくも渋くもなくなんかもっさりしてるんだよな(笑)

ガイコツ
また雰囲気がもっさりしているだけでなく、悪党を処刑するくだりについてもなんかイマイチ首尾一貫していないところがこの作品の特徴ですよね。
おばあさんをカツアゲしたチンピラたちを追っかけて処刑するために他人のバイク盗んだ挙句事故ったり(笑)

ロボコップ
グヘヘな事しようとしてお金払った女の子がはんだこてで体中傷だらけにされていたことに怒って、はんだこてで虐めた変態オヤジを処刑したりな。
なんというかすごく俗物なカンジが嫌いではないけど(笑)

large_the_exterminator_blue_blu-ray_10.jpg
お分かりいただけるだろうか、このもっさりしたカンジ。
ガイコツ
次にその他の登場人物についてですが、そんなエクスタミネーター=ジョンを追いかける同じくベトナム帰還兵の刑事も登場するんですが、なんかあんまりパッとしないんですよね。
捜査しているシーンよりも恋人のお医者さんとイチャイチャしてるシーンの方が多いという(笑)

ロボコップ
なんかどいつもこいつも役柄にあった働きを首尾一貫してやり遂げてる奴がいないよな。
むしろ悪役たちの方が出てきて悪さして死ぬという役割をしっかりと果たしているという意味で筋が一本通っている気すらしてくるぜ・・・(笑)

large_the_exterminator_blue_blu-ray_6.jpg
イチャイチャしてないで捜査しろ!
ガイコツ
最後にみんな大好き悪趣味描写についてですが、スタン・ウィンストンが手掛けたと言われる冒頭の首チョンパはなかなかのクオリティで素晴らしいですね~。
ただその後意外に直接的な描写が少ないのがちょっと残念ではありますが。

ロボコップ
ちょっと竜頭蛇尾な感はあるよな。
まあ直接的ではないにしろオッサンをミンチ機にかけたり、オッサンを丸焼きにしたり主にオッサンをとにかく酷い目に遭わせまくっているんだけど(笑)

large_the_exterminator_blue_blu-ray_8.jpg
女の子虐めた報いでこの後酷い目に遭う予定のおっさんたち
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
お世辞にも出来がいいとは言えませんが、イマイチ締まらないB級な雰囲気がなんか嫌いにもなれない作品ですね(笑)

ロボコップ
特別オススメはしないけどB級映画が好きな方は観てみてもいいんじゃないかなと思う作品だな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
まっとうな映画が好きな方は全然スルーして構わない映画だと思いますよ!(笑)
ではまたー。



↓もっさりしたブログですがひとポチいただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
懐かしいなあ
こんにちは。

僕はこれをテレビで見たような気がします。確か「ゴールデン洋画劇場」でロバート・ギンティの声を阪神辞めたばかりの(「ベンチがアホ」発言の時ですね)江本孟紀がアテていたと思うんですが、キャスティングも無茶ならこんなもん(我々のような好き者にとっっては大歓迎なのですが(^_^;))を夜9時に放送していたのも無茶な時代だったと思いますね。

もう何年も見てなかったんでそろそろ再見したい気分になってます。

[ 2014/06/16 08:33 ] [ 編集 ]
Re: 懐かしいなあ
コメントありがとうございます!

この作品もテレビで放映されていたんですね~!
しかも夜9時とは・・・おおらかでいいなぁ。
しかもロバート・ギンティの声の吹替えが江本孟紀とは!豪華というか何と言うか・・・(笑)
今調べたら新しいDVDに吹替えもちゃんと収録されているようなので、怖いもの見たさ(聞きたさ)でもう一度観なきゃいけない気がしてきました(笑)
[ 2014/06/17 23:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。