スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画は映画館で観ようの会 ~未知との遭遇編~

ガイコツ
どうもです。
今回は「未知との遭遇」を映画館で観直して感激したよという話をダラダラとしていきます。

ロボコップ
筆者は今回、新宿のシネマカリテという映画館のカリコレ2014なる企画でこの作品が上映されるということで喜び勇んで観に行ってみたようだ。
ラインナップがマイナーな新作だったり結構マニアックなカンジの企画みたいだな。

ガイコツ
新作のほかにも「ヘンゼル&グレーテル」「メガ・シャークVSメカ・シャーク」みたいなビデオスルーされた作品が上映されていたり、「イージー・ライダー」のフィルム上映や過去の名作もいくつか上映されてたりするのもなかなか魅力的ですよね。

ロボコップ
なんか宣伝員みたいなカンジになっっちゃったけど別に関係者じゃないぜ(笑)
でもこういう企画って割と貴重だし、ちょっとだけ応援したいような気にもなるよな。




未知との遭遇
今となっては知られまくってるポスター
IMG_1814.jpg
入口にエルトポおじさんが立ってる映画館、シネマカリテ
ガイコツ
いや~、映画館で観るとやっぱり違いますね~。
37年前の作品なんで大画面だと特撮などのちゃちさが目立ったりしないかななどどいらぬ心配をしていましたが、むしろスケールがアップして魅力も爆上げでした。

ロボコップ
前観たときはそこまで気にならなかったんだけど、UFOが出てくるときの雲がモクモクと湧いてくるシーンが不穏でもありキレイでもあり劇場で観たらすごく印象的に映ったぜ。
そしてやっぱりUFOのシーンは色鮮やかでスクリーンに映えるよな。

ガイコツ
クライマックスの船内のあのきれいなシーンを観てたらなんというか自分もUFO乗って地球から飛び立ちたい気分になってきますよね(笑)
あとUFOの巨大さもより感じられた気がします。

close encounters
乗り込んで飛び立ちたくなるUFO
ロボコップ
次に登場人物についてだけど、観るの久しぶりだったからか思ってた以上にぶっ壊れてるリチャード・ドレイファスにちょっとビックリした(笑)
ぶっ壊れ具合もスクリーンでスケールアップするもんなんだろうか・・・。

ガイコツ
ぶっ壊れ具合はスケールアップしてるのか分かりませんが、リチャード・ドレイファスが家の中に作ってたデビルズタワーはスケールアップしてましたね(笑)
あ、もちろん実物の方もそびえ立ってる感がググんとアップしてました。

close-encounters.jpg
何でもスケールアップや!
ロボコップ
最後に音についてだけど、UFOが接近してきたときの地鳴りのようなゴゴゴゴゴみたいな音はやっぱり映画館の大音量で感じられると格別だったな。
音の振動が体にも伝わってくるカンジ。

ガイコツ
家で地鳴りのようなゴゴゴゴゴを鳴らそうもんなら音の振動の前に苦情に身を震わせる羽目になりますからね(笑)
あとジョン・ウィリアムスの音楽のスケール感は映画館に合いますよね~。
サスペンスフルなシーンが音楽でさらにピリッと引き締まります。

ロボコップ
またクライマックスみたいなスケールが大きくて明るい音楽もいいよな。
正直あの音楽ないとハッピーエンド的な空気になれないんじゃないかって気もしたりする(笑)
あとちゃんと宇宙人の5つの音を音楽に組み込んでるところもいいよな。

alien-contact-close-encounters-of-the-third-kind-631.jpg
超カワイイ宇宙人たちもスケールアップ!
ガイコツ
まとめる程のこともないとりとめもない話をダラダラとしてきましたが、結論としてはやっぱり映画は映画館で観たらより楽しかったよというだけのことでした(笑)

ロボコップ
次いつ上映されるか分からないけど上映されることがあったら家で観られるからと言わず映画館に足を運んでみるのもすごくいいと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
あ、この作品自体は家で観てもしっかり楽しめる作品なのでもし万が一未見の方がいらっしゃったら是非観てみることをオススメしますよ~。
ではまたー。




おまけ:この音楽も宇宙人が起源なんじゃないかと勝手に思っています


↓ひとポチいただけると宇宙に飛び立つくらい喜びます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
やっぱゴゴゴゴ…です
懐かしいですねえ。
確かに本作なんて館で観ると一味、二味違ってくるんでしょうね。
そして、おっしゃる通りやっぱり音響が根本的に違いますわな。
家では「ゴゴゴゴ…」は出来ませんからねえ…。
さらにご高見の通り、ウィリアムス御大の作る楽曲ってのは
スケール感ございますな。何であんなに映画に合わせた曲が
作れるのか…やはり才能っちゅーことですかね。
[ 2014/06/07 22:05 ] [ 編集 ]
これ、これだけの有名な作品なのに、私未鑑賞なんですよ。
一回ちゃんと見ないとな~

映画館で鑑賞できるなんて凄くいいです!
[ 2014/06/08 20:07 ] [ 編集 ]
Re: やっぱゴゴゴゴ…です
コメントありがとうございます!

以前家で観たときは面白いながらもふ~んこんなモンなのかみたいな気持ちもどこかにあったのですが、今回は素直にスゲーってまさにスピルバーグ映画に出てくる口ポカンとして見とれてる人状態でした。
画面は最近は頑張ればそれなりのサイズのが手に入りますが、音は住環境が整ってないと満足のいく「ゴゴゴゴ・・・」は難しいですよね。
仰る通りでウィリアムス御大は単に曲がイイだけでなく、曲が映画に強く結びついているのがすごいですよねぇ。
曲聴いただけで映画のシーンがバッと頭の中に浮かんできますもん。
才能って恐ろしい・・・。
[ 2014/06/08 23:17 ] [ 編集 ]
Re: シャロンさん
コメントありがとうございます!

一度観ておいて損はない作品だと思いますよ!
ちょっと分かりづらいところもありますが、序盤のサスペンスフルな演出もクライマックスの視界が一気に開けるような爽快感もさすがスピルバーグといったカンジです。

映画館で観られたのはホントラッキーでした。またどこかでやらないかなぁ・・・。
[ 2014/06/08 23:41 ] [ 編集 ]
バリー君は勇気があるなと
こんにちは、タイトルを聞いただけでおおーと唸る思い出の映画です。

確か小学5年か6年の頃公開時に劇場で見たのと「特別編」を数年後に見て、そのまたすこし後で地元の二番館がリバイバルしてくれたときにも行きました。何度見てもツボは毎回変わらず(ーー;)どーしてバリーは家であんなに怪現象が起こっても怖がらないのだろうかとか(私ならビービー泣き通しだと思います)ニアリーの奥さんについ同情してしまったり、壮大なテーマ曲が鳴り響く中でのシャンデリアみたいな巨大UFOイルミネーション祭りに説明不能な感動を覚えたり(T^T)

それとこの映画ってかつてテレビでよくやっていた「矢追純一UFOスペシャル」の再現フィルムをカネかけて作り直したような「70-80年代のUFO好きが感じるリアリティ」がすごくありまして、そういう面でもたいへん魅力を感じておりました。

できればIMAXシアターみたいなところで再見してみたいものです。
[ 2014/06/11 09:02 ] [ 編集 ]
今晩は~。
「シネマカリテ」よい企画ですね!関東在住の方が羨ましいです。

「未知との遭遇」はブラウン管で鑑賞するよりも、やはり映画館で観るべき映画ですか。
確かにあのキラキラした宇宙船と、未知なる宇宙人と対面する場面は映画館だとテンションアップ間違いなし?

宇宙人、実在するとしたらこういうのがいいです~。「マーズアタック」みたいなのは勘弁して。

(石川カツオ、やりますね~!先週、京セラドームでの対オリックス戦を現地観戦してきましたが、
まさかまさかのナイスピッチ。
ほぼ完投勝利は嬉しい誤算でした。←周囲のヤクファンも同じこと言ってました。
ハタケの負傷離脱は残念ですが。というか、ケガ人出てもあ、そう。てな感覚です。
慣れとは恐ろしいですね~。
セリーグが混戦模様なのでライアン&バーネットが復帰したらAクラスも夢ではないです。
開幕当初は悲惨なシーズンになりそうでしたが、希望を持って応援できそうですね!)

[ 2014/06/11 23:07 ] [ 編集 ]
Re: バリー君は勇気があるなと
コメントありがとうございます!

しろくろshowさんにとっても思い出の作品なんですね~。
しかも小学生の頃からのお付き合いとは昔馴染みのようなカンジですね(笑)
たしかにバリーはちっちゃい子で天真爛漫だからって無理があるだろってくらい泣かないですね~。
私もあんな現象に出会ってしまったら大人になった今でも泣くかもしれません(笑)
あとニアリー自身は謎が解けたりUFOに連れて行ってもらったり本人が納得する形で終わっていますが、奥さんにとったら夫が狂ったようにしか見えませんもんね・・・。
巨大UFOイルミネーション祭りはおっしゃる通りで言葉に表しにくい謎の感動がありますね~。

「矢追純一UFOスペシャル」検索してみましたが非常に楽しそうな番組だったようですね。
最近UFOってあんまり大々的には取り上げられなくなってしまいましたので少し寂しいです。

IMAXシアターで未知との遭遇!いつかそんな夢のような企画が実現するといいですね~!
[ 2014/06/15 01:10 ] [ 編集 ]
Re: つばめ女さん
コメントありがとうございます!

人がやたら多くて混雑ばかりで嫌だなぁと常々思っているんですが、こういう企画があると東京に住んでて良かったなぁと感じます(笑)

「未知との遭遇」はやっぱり映画館で観ると違いましたよ!
仰る通りでキラキラした宇宙船の迫力に観ているこっちの目もキラキラでした。

宇宙人、ちっちゃくてヒョコヒョコしててカワイイですよね!
こんなカンジで友好的な宇宙人だったら遭遇しても安心なんですけどね~。


石川2度目の完封ですもんね~。
ここ数年はどうもピリッとしないイメージだったのですが、最近はいい投球が多くてエースと呼ばれていたころの石川が帰ってきたような気がしていて嬉しいです。
ハタケに止まらず遂にバレンティンまでいなくなってしまいましたね・・・(汗)
適役がいないにしろ飯原四番はさすがに血迷ってるのかと思いました(笑)
広島が急降下して2位3位が5割付近にいるので、スワローズもどうにか5割まで持っていってCS争いに加わりたいところですね~。
一軍で見られるのはもう少し先でしょうが、由規が二軍で復帰登板を果たしたのもすごく楽しみです。
[ 2014/06/15 23:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。