スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 ~何とも言えない!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はコーエン兄弟監督の2013年の作品だ。
カンヌで審査員特別グランプリを受賞した作品みたいだな。

ガイコツ
まあ言うても筆者そんなにカンヌで賞を受賞した作品を欠かさずチェックしてるわけではなく、それどころかほとんど観た覚えがないんですけどね(笑)
「ノーカントリー」とか撮ってるコーエン兄弟の作品だワーイとなって観に行ったようです。

ロボコップ
まあ今回は「ノーカントリー」みたいな怖~いカンジではなさそうだけどな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




60年代の冬のニューヨーク。シンガーソングライターのルーウィンは、ライブハウスで歌い続けながらも、なかなか売れることができずにいた。音楽で食べていくことをあきらめかけていたが、それでも友人たちの助けを借り、なんとか日々を送っていく。
映画.comより引用
poster2_20140601152730217.jpg
ダメ男が今日もゆく!
ガイコツ
行き当たりばったりでどうしようもないダメ男、だけどどこか憎めないフォークシンガー、ルーウィン。そんな彼のダメだけどどこか憎めないとある一週間に迫る!という話です。
何とも言えない独特な雰囲気の作品ですね。

ロボコップ
コーエン兄弟作品のブラックなユーモアや苦みもありつつ、主人公がフラフラとあちこち行くのでロードムービー的要素もあって、また悲しさを含みつつもどこか安心させるようなところもあるんだよな。
それが合わさると・・・何とも言えない雰囲気になる(笑)

ガイコツ
世渡りが下手糞でフラフラしてる状態にちょっとモヤッとしつつも、不安定な状態に変わらず身を置き続けてる主人公に愛のある視線が注がれていて少しホッとする部分もあるんですよね。
自分でも何言ってるのか分かりづらいと思いますが・・・観てもらえれば分かります(笑)

ild_main_large.jpg
猫を抱えて今日もゆく!
ロボコップ
次に登場人物についてだが、ルーウィン・デイヴィス役で主演のオスカーア・アイザックの何とも言えないくたびれた演技が役柄によく合ってて良かったな。
成功したいって欲はあるんだけど自分を曲げられなくて上手く世渡りが出来ないみたいな。

ガイコツ
で、このままじゃ成功できないってことに自分でも気づいていて諦めも少し入っている部分もあるのですが、だからと言ってその生活を変えられるわけでもないっていう自分の好きなようにやってるようで八方塞がりみたいな状況の男をうまく演じてますよね。

ロボコップ
またそういう男が単なる自分勝手なダメ男ではなくて、すごく人間臭さがあってどこか放っておけない愛される要素を持った男にもなっているところがすごいと思うぜ。
観ているうちにコイツは放っておけないぞって気分になってくる。

ild_sub10_large.jpg
放っておけない男、ルーウィン・デイヴィス
ガイコツ
次にそんなルーウィンの周りの登場人物についてですが、ルーウィンと腐れ縁な女性ジーン役のキャリー・マリガンがなかなか強烈で良かったですね。
カワイイ外見から発せられるルーウィンへの痛烈な罵倒はなかなかシビレました(笑)

ロボコップ
Mな人は大喜びなシーンだろうな(笑)
あと人じゃないんだけど劇中に登場する猫が恐ろしくカワイイのが堪らんかったな!
猫自体がカワイイだけでなく撮り方もどうしたら可愛く撮れるかをよく心得ている撮り方だったぜ。

ild_cast2_large.jpg
理不尽なまでの攻めにシビレル!
ガイコツ
最後に音楽についてですが、全編通してギターの気持ちいい音とフォークソングが随所随所に散りばめられていてすごく耳にも楽しい作品でしたね。
役者の皆さんも聞き惚れるくらい歌が上手かったですし。

ロボコップ
また単に歌が上手いだけじゃなくて歌いながら演技もしていて、演技によって歌が、歌によって演技がより真に迫ったものになるという相乗効果があるのがいいよな。
しかし本業歌手じゃなくてあんなに朗々と歌えるのはなんかすごいなと思ってしまったぜ。

ild_sub9_large.jpg
ちゃっかりいる本職歌手のティンバーレイクさん
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
何とも言えない物語の雰囲気に、何とも言えないくたびれた魅力のルーウィン、何も言えないくらいにカワイイ猫に美しい音楽と魅力たっぷりの素晴らしい作品だと思います。

ロボコップ
気になっている人は是非観てみてこの何とも言えないカンジを体感してみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
何とも言えないばっかり言ってて何も説明できてない気もしますが大丈夫ですかね、この記事・・・(笑)
ではまたー。


おまけ:劇中でも歌われる500 milesをピーター・ポール&マリーで


↓この何とも言えないアイコンをひとポチしていただけると筆者が喜びます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/06/01 22:19 ] カ行 コーエン兄弟 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。