リアル・スティール ~Watch me!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「リアル・スティール」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はショーン・レヴィ監督の2011年の作品だ。
映画館でも観たし筆者の好きな作品のようだな。

ガイコツ
ソフトも買って気が向いたときに好きなシーンのあるチャプターだけ飛ばし飛ばしで観直したりしていたのですが、この前久しぶりに全編通して観直すことができたので記事にしてみるみたいです。

ロボコップ
好きな作品の感想だから割と騒いでるだけになるがご了承ください(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




2020年、リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。プロボクサーからロボット格闘技の世界に身を転じたチャーリーは、スクラップ寸前のロボットを闇試合に出場させて一攫千金を夢見ていた。そんなある日、離婚のため離れて暮らしていた11歳の息子マックスを預かることになり、慣れない父子の共同生活が始まるが、廃工場で旧式ロボット「ATOM」を発見したことから2人の運命が大きく変わっていく。
映画.comより引用
155570_02.jpg
オススメシーンは“Watch me!”です。
ガイコツ
かつては有望ボクサーだったチャーリー・ケントン。しかし人間のボクシングが廃れた今ではロボットボクシングで金ばかり失い、生き別れていた息子の親権すら親族に売り渡そうとするダメ親父。そんな彼がなんやかんやで息子と三か月間過ごし、さらに不思議なロボットATOMと出会うことで変わり始める・・・!という話です。
ダメ男の復活ものと親子の絆復活ロードムービーものを組み合わせた超王道な話ですね。

ロボコップ
ダメ男の復活のくだりなんかは「ロッキー」を彷彿とさせるし、親子の絆のくだりなんかは同じスタローンで言うと「オーバー・ザ・トップ」など色々思い出すし既視感はすごく感じる話ではあるよな(笑)
でもそれらの要素のまとめ方がすごく上手いんだよな。

ガイコツ
話のテンポはダメなところをしっかり映した後そこから駆け上がっていく疾走感があっていいですし、盛り上げるところしんみりさせるところも丁度いい塩梅でしっかり全体のバランスが取れてるんですよね。
終わり方もここってところでピシャッと締めてますし。

201112242133396e4.jpg
ダメ親父とボロロボットの逆襲が始まる・・・!
ロボコップ
次に登場人物についてだが、ダメ親父役のヒュー・ジャックマンがいい演技をしてるよな。
ダメ親父なんだけど根は悪いヤツじゃなくて子供っぽいんだけどどこか憎めないところもあってみたいな、なんというか絶妙なところを突いてくるキャラだぜ(笑)

ガイコツ
またそのダメ親父が作中で段々成長していくのがグッとくるんですよね。
この映画は子供以上に親父の成長をメインで描いているという感があります。
そんな親父の成長を促す息子ですがダコタ・ゴヨがヒュー・ジャックマンに負けずいい演技してますよね。

ロボコップ
ちょっと大人びていて生意気で、子供っぽい親父と口喧嘩など丁度いいパワーバランスでやりあえるのがいいぜ。
また親父の成長を見守り、親父の戦う姿に目を輝かせるところがすごくグッとくるよな。
クライマックスのリングサイドで生き生きとシャドーボクシングやってる親父を見てる表情とか最高だぜ。

gigantes-de-acero-real-steel.jpg
筆者的名シーン“Watch me!”ダコタ君の表情もいいですね。
ガイコツ
次にロボットボクシングに出てくるロボットたちについてですがフルCGでしっかりと作り込まれていて、世界に違和感ななく溶け込んでますしかなりリアルですよね。
またそれぞれのロボットに特徴があって表情豊かなところも素晴らしいです。

ロボコップ
主人公機のATOMは弱っちそうに見えてガッツがあるのがいいし、そのほかの“超悪男子”とかいう謎の言葉が書いてあるノイジー・ボーイとか頭が二つあるツインシティーズとかラスボスのゼウスとかみんな愛嬌があるよな。
子供の頃ガシャーンとか言って戦わせてたおもちゃの延長戦にあるようなデザインだと思う。

20111224213327c76.jpg
超悪男子!
44692000001-1182871876001-rsareyoureadyforrealsteel-dre-c-hd-3500-jpg.jpg
決めポーズがボルト的なゼウス君
ガイコツ
最後に音楽についてですがこちらも使い方が上手いなぁという印象がありますね~。
盛り上げるところは今風のビートの効いた音楽をしんみりさせるところは穏やかな音楽をみたいな感じでしっかりと場面に合った音楽が選択されているなという気がします。

ロボコップ
特にすごいなと思うのはやっぱりクライマックスの音楽のかかり方だよな。
かかるタイミングも最高だし、音楽も爽快感があってかつやかましすぎず、でも明らかに泣かせにかかってるっていうところが恐ろしい(笑)

real-steel.jpg
蝶のように舞い蜂のように刺す!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
今まで何度も見たような超王道な話ながら、それを丁寧にまとめ上げて誰でも楽しく観られるように仕上げている素晴らしい作品だなと思いますね~。

ロボコップ
大人から子供までみんなで楽しめる作品なので友達同士だったり、親子で観るのもいいんじゃないかなと思う作品だな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
でも筆者はもっぱら一人で観てるんですけどね・・・(笑)
ではまたー。




↓Click Me!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/05/13 22:41 ] サ行 ショーン・レヴィ | TB(0) | CM(2)
最後の会場前に立っていた巨大ロボの彫像がガンダムにしか見えませんでした(笑)
[ 2014/05/14 01:06 ] [ 編集 ]
Re: ヒッシーさん
コメントありがとうございます!

ガンダムっぽいの分かりますねー、お台場な気分になります(笑)
[ 2014/05/15 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL