スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キラークラウン ~楽チープ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「キラークラウン」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はキオド兄弟監督の1987年の作品だ。
邦題は少し省略されてるんだけど原題は“Killer Klowns from Outer Space”ってなかなか怪しげな作品だぜ(笑)

ガイコツ
筆者はこの作品、好きでときどき見ているWatchMojoというところのランキングで度々紹介されているのを見て興味を持ち観てみたようです。
紹介の中で本編のシーンが一部使われていたのですが他の作品と比べても一際怪しげでしたもんね。

ロボコップ
怪しげというべきか安っぽいというべきか・・・どっちもか(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




星が落ちるのを目撃したデビーとマイク。星が落ちた場所に向かうと、そこにあったのは巨大なサーカステントだった。テントの周辺にはピエロが徘徊していたが、ピエロの正体は地球侵略を目論むエイリアンだった…。
tumblr_m3mv0lqjmr1ql3mmao1_500.jpg
宇宙では、誰もアイスクリームを食べられない!
ガイコツ
山にUFOが墜落した!サーカステント型のUFOにいたのはピエロの姿をした宇宙人だった!ピエロはなんやかんやして人間を綿菓子に変えて食糧にしてしまうらしい!町は大パニック!という話です。
すごく安っぽいけどしっかり面白いSFコメディですね。

ロボコップ
ストーリーなんてほとんどあってないような陳腐な話だし、見た目もすげーチープなんだけど、勢いがあってダレるところがないしアイデアも豊富でそういう安っぽさをものともしないパワフルさがあるよな。
というよりむしろこの作品は安っぽさあってこその作品かも(笑)

ガイコツ
まあ安っぽさ自体が笑える要素にもなってたりしますしね。
町が大パニックになっているハズなんですが、描写されるのが客が三人しかいない雑貨屋だったりバス停だったりパニックが数人単位でしか描かれないところとかなんか微笑ましい気持ちになります(笑)

k2.jpg
アレ?宇宙船が落ちたはずじゃ・・・。
ロボコップ
次に登場人物についてだが、特にいうことはないぜ(笑)
冒頭で最初の犠牲者となる物凄く棒読みで物凄く説明セリフ調のオッサンが登場したときにはこの作品大丈夫かと心配になった意外に大丈夫だった。

ガイコツ
大丈夫というのは下手な演技に慣れて気にならなくなるという意味で他の登場人物も軒並み演技がそんなにうまくない・・・いやへたっぴな人が多いんですけどね。
まあこの作品に演技を期待している人なんていないでしょうからやっぱり大丈夫でしょう!(笑)

klownscap1.jpg
物凄く棒読みで物凄く説明セリフ調のオッサン危ない!
ロボコップ
次に襲ってくるスペースピエロたちについてだが、ビジュアルは割とキモチワルイ顔をしているんだけど動いている姿を見ると結構愛嬌があってカワイイんだよな。
5体くらい出てくるんだけどそれぞれチビとか太っちょとか特徴があるのもいい。

ガイコツ
まあ筆者はチビと太っちょくらいしか見分けついてなかったみたいですけどね(笑)
またスペースピエロについては人間の襲い方にユーモアが感じられるのがすごくいいですよね。
ピエロという点を活かした面白いアイデアがたっぷりです。

ロボコップ
影絵の恐竜が人を襲ったりバルーンの犬で主人公を追跡するところとかなるほどなぁとちょっと感心しちゃったぜ(笑)
またそういう描き方をすることでエグイ描写がブラックなジョークレベルにカモフラージュされているようなところもあってそういう意味でも絶妙だなと思ったな。

k4.jpg
箱入り息子です。貰ってやってください。
k5.jpg
悪い子はパペットにしちゃいましょうね~。
ガイコツ
最後にその他の要素についてですが、音楽は筆者はあまり詳しくないのでアレですがThe Dickiesという有名なパンクバンドのキャッチ―なテーマ曲が作品とよく合ってて良かったです。
やっぱりB級ホラーにはロックが合いますね~。

ロボコップ
曲のカンジもちょっとチープな部分を感じさせるのが良かったな。
またラストは投げっぱなしな感もありつつなんかスカッとした終わり方をするのがB級っぽくもありこの作品らしさもあって素晴らしいと思ったぜ。

k9.jpg
あんまり出てくる意味は分からないけどラスボスにビッグピエロ君もいるぞぉ!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
全体的にチープではありますがそれをものともしない勢いとアイデアがありパワフルなB級映画の良さが詰まった素晴らしい作品だと思いますね~。

ロボコップ
B級映画が好きな人は機会があったらかなりオススメな作品だと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
またB級映画好きでない方にも“よきB級映画”を楽しめるのでオススメな作品ですね。
ではまたー。



おまけ:ノリノリなテーマ曲で盛り上がろう!


↓B級にも満たないブログですがひとポチいただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/05/03 22:33 ] カ行 キオド兄弟 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。