スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悪魔の起源 ジン ~アラビアーン?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「悪魔の起源 ジン」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の2013年の作品だ。
製作国がアラブ首長国連邦っていうのが筆者的には初めてでちょっと珍しいカンジがするな。

ガイコツ
しかもホラーというのがまた珍しいですよね。
筆者はこの作品、そうした物珍しさとトビー・フーパーの新作ということに惹かれて単館レイトショーのみという悪条件を懸命に乗り越えて観に行ってみたようです。

ロボコップ
ちょっと前のポール・バーホーベンといいトビー・フーパーといい扱い悪すぎやしないかと言いたくなるぜ・・・!
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




アラブの豪華なマンションに新居を構えたサラマとハリド。ある日、ハリドが仕事にでかけ、サラマが1人で家にいると、いるはずのない赤ん坊の泣き声が聞こえてくる。そして、全身を黒い衣装に身を包んだ何者かが、天井や壁などあらゆる場所から出現。次々と起こる不気味な現象に悩まされるサラマは、かつて自分が産んだ子が悪霊にとり憑かれる夢にうなされるようになり……。
映画.comより引用
poster2_20140406234041075.jpg
何でも“悪魔の”ってつけりゃいいワケじゃないぞ!
ガイコツ
子供を失って以来塞ぎ込んでしまった妻のために故郷であるアラブに豪華新築マンションを買ったよ!アメリカでは元気のなかったこれで妻も元気に・・・と思ったらこのマンションなんかおかしいんですけど!という話です。
アラブの豪華新築マンションと舞台は変わってますが話は意外とオーソドックスなホラーですね。

ロボコップ
引っ越してきた夫婦に色々な怪奇現象が起こるというのもそうだし、その夫婦の出生や過去がその現象に絡んでいるというオチのもまあどこかで見たような設定で目新しさはあまりないかもな。
設定についてかなり説明しちゃうから序盤の方でオチまでの流れが何となく読めるようになってるし。

ガイコツ
このオチが簡単に読まれてしまうというのがなかなか難しいところで、物語を楽しむというよりこのオチまでどう繋いでいくかを観るというちょっと冷めた見方になってしまう部分がありますよね。
説明不足もアレですが今回はもう少し謎を残して引っ張ってくれた方が良かったかなと思います。

195351652013.jpg
世の中残しておいた方がいい謎も割とあるのだ。
ロボコップ
次に恐怖演出についてだが、今までのホラーで見たことあるようなな描写が多く散りばめられていたな。
「ポルターガイスト」っぽい描写からJホラーっぽい描写まで何でもかんでもアラブのマンションに詰め込まれてるのでちょっと変な気分になったぜ(笑)

ガイコツ
ただここにもちょっと問題があって恐怖演出やショックシーンの数は多いですし、面白いシーンもいくつかあるのですが畳みかけるような勢いがあまり生まれていないのが残念ですよね。
キツイ言い方をすると1個1個がただ並んでいるだけと言いますか・・・。

ロボコップ
また今回は全体的に画面が小奇麗というかさっぱりとしたカンジがあって、今まで観てきたトビー・フーパー作品にあったジリジリとした嫌な緊張感や怪しさが薄い気がするんだよな。
撮影機材の変化の影響もあるんだろうけどここまでアッサリした雰囲気の人だったかしらという気がするぜ。

new-official-trailer-for-tobe-hoopers-djinn.jpg
ジンさんも割と清潔そう。
ガイコツ
次に登場人物についてですが、アラブ系の人が主演でホラーというだけでなんか新鮮に感じましたね(笑)
特に夫が仕事でマンションで一人ぼっちにされるわ家にいたら怪奇現象ガンガン起こるわでどんどん追い込まれていく妻の描写は良かったと思います。

ロボコップ
また妻の様子を怪しみながらもあんまり行動を変えようとしないニブチンな夫もベタながらちょっとイラッとさせるカンジが嫌いじゃなかったな。
他も強烈なキャラはいなかったけどどの登場人物も何かしら引っかかる部分があって良かったと思うぜ。

3djinntobehooper010712.jpg
妻の危機をサスペリアスティックに表現!
ガイコツ
最後に夫婦たち(主に妻)を恐怖のどん底に叩き落とすジンについてですが、ビジュアルなどにイマイチインパクトがないのがちょっと残念ですよね。
せっかくアラブの作品なのでらしさガンガンのお化けにしても良かったと思うのですが。

ロボコップ
まあ言うてもアラブらしさが何かって聞かれるとよく分からないんだけどな(笑)
しかしそれにしたって黒衣の女が這い寄ってくるっていうのは何というか今までにも見たことあるお化けの要素の組み合わせというカンジがしてしまったな。

djinn.jpg
這い寄るジンさん、Jホラーっぽくもある。
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
アラブという舞台自体は変わっているもののイマイチ目新しい部分が感じられずちょっとインパクト不足な作品ですね。

ロボコップ
ダメダメというわけではないんだけどあの「悪魔のいけにえ」のトビー・フーパー監督の新作と考えるとちょっとアレかなぁというカンジだな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
とはいえ百聞は一見に如かずだと思うでトビー・フーパーフリークの方々はトビー・フーパーのアラブでの成果を是非チェックしてみるといいと思いますよ!
ではまたー。




↓目新しさのないブログですがひとポチいただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/04/08 21:20 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。