スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デス・マングローヴ ゾンビ沼 ~汚い!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「デス・マングローヴ ゾンビ沼」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はボドリゴ・アラガオン監督の2008年の作品だ。
ブラジルの作品なんだけどブラジル映画なんか観るの初めてかもしれない。

ガイコツ
筆者はこの作品、「ゾンビ大陸 アフリカン」を借りようと思ってレンタル屋に立ち寄ったのに見当たらず、やけになり“アフリカンがダメならブラジリアンや!”という謎の理由で借りてみたようです。

ロボコップ
「ゾンビ大陸 アフリカン」だって十分怪しいタイトルなのにさらに怪しいの借りて大丈夫なんだろうか・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ブラジルの極貧の村に暮らす住民たちは、泥沼から貝類を捕獲して生計を立てていたが、水質汚染の波が押し寄せ漁業は壊滅状態に。ある日、泥沼の中からゾンビが出現し…。
amazonの内容紹介から引用
Poster-de-Mangue-Negro-primeiro-longa-de-Rodrigo-Aragão
もはやどれがゾンビでどれが人間だか分からん
ガイコツ
かつて魚や蟹、カキなどが豊富に獲れたが、水質汚染によって現在は生物が全くいなくなってしまったマングローブ林からゾンビたちが出てくるよ!という話です。
まあストーリーなんてどうでもいいですよね!(笑)

ロボコップ
正直ストーリーなんかに注目して観ていたら眠くてしょうがなくなるB級・・・いやC級作品だよな。
かくいう筆者も105分とそんな長くない作品にもかかわらず間で10分くらいのインターミッションをとって入念に眠気を飛ばしつつ鑑賞していたし(笑)

ガイコツ
多少は低予算なグダグダ映画に慣れている方はいいですが、そうでない方は片手に携帯など暇つぶしの道具を持って鑑賞されると最後まで楽しく観られると思います。
・・・一体なんのアドバイスをしているんでしょう、私は(笑)

avi.jpg
この沼はもうなんも獲れねぇんだ的なことを言ってるオッサン
ロボコップ
そんなストーリーはアレなこの作品だが、それでも観ようと思わせてくれる部分がゾンビのシーンだぜ。
まず薄暗いマングローブ林というシチュエーションがなかなか不気味でいいよな、沼地には底なし沼もあってそこには何人も沈んでいるといういわくもあったり。

ガイコツ
また地面が泥なので身動きが上手くとれないのと、さらに泥で絵面的に汚くなるのがいいですよね。
沼地からヌッとゾンビたちが起き上ってくるのですがゾンビとかそういうこと以前に泥だらけでばっちくてなんか嫌って気持ちになりますし(笑)

1306269764_8bb3e3d34098.jpg
沼地で長期熟成、香りが違います!
ロボコップ
あとゾンビのシーンは泥でばっちいだけでなく腐ってたりゴアゴアだったりゾンビ本来の汚さもしっかりとあるのが良かったな。
出てくる奴らみんなが大体血糊やら特殊メイクでグチャグチャのドロドロになる(笑)

ガイコツ
CGを使わず特殊メイクで頑張っているところもいいですよね、汚さの表現はやっぱり特殊メイクがいいです。
また他の部分のどうしようもない安っぽさに比べて特殊メイクはなかなかクオリティが高いんですよね。
部位破壊など激しいシーンも多くなかなか見応えがありました。

ロボコップ
首チョンパとか頭かち割り、下顎割りなどオーソドックス(?)なものから、顎から上がない体に別人の砕けた頭が引っ付いたゾンビみたいなアクロバティックなものまでバリエーションも豊富だったしな。
とにかくここが見所なんだ!っていう意気込みはすごく感じられたぜ。

d9af85af86de.jpg
画像が粗いわ被写体が汚いわでもう何が何だか・・・
ガイコツ
最後にその他の要素についてですが、登場人物は最初割と人数がいっぱい出て来て戸惑いますが重要な奴ら以外は序盤で勝手にゾンビになって退場していくのであまり注意していなくても大丈夫です(笑)
演技に関しては・・・まあご察し下さい。

ロボコップ
あと音楽についてだが安っぽいのは間違いないんだけどチャカポコチャカポコとなんかちょっと必要以上にリズミカルなのが印象的だったな。
これはアレなのか、サンバの国だからなんだろうか・・・?

MangueNegro_2.jpg
ジャングルでサバイバルするならやっぱり松明だよね。
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ストーリーや画面の雰囲気などかなり安っぽいところはありますが、マングローブ林から現れるゾンビたちやゴアシーンはしっかりしていてなかなか面白い作品でした。

ロボコップ
薦められる人はちょっと限られるけど、ゾンビやゴアシーン好きの方は是非観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
逆にそういうの好きではない方はスルーして大丈夫だと思います、タイトルも怪しいですしね(笑)
ではまたー。




↓怪しい作品も扱う怪しいブログですがよろしかったらクリックお願いします↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。