スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルゴ探検隊の大冒険 ~安心!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アルゴ探検隊の大冒険」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はドン・チャフィ監督の1964年の作品だ。
ストップモーションの巨匠レイ・ハリーハウゼン監督の作品としても有名だな。

ガイコツ
筆者はレイ・ハリーハウゼンの作品ガッツリ観るの今回が初めてなんですよね。
前から観たいと思っていたんですが「パシフィック・リム」あたりから本格的に観ないとと思うようになり、やっと重い腰を上げて観てみることにしたようです。

ロボコップ
しかし「パシフィック・リム」からもう半年くらい経ってるんだよな、光陰矢の如しというか何と言うか・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




かつてのギリシャ王アリストの子ジェイソンはある日、父の仇とも知らずにペライアスの命を助ける。そして彼の勧めにより、それを手にした者に富と繁栄をもたらすと言われる“黄金の羊の毛皮”を求め、選び抜かれた勇者たちと共にアルゴ号に乗船、目的地であるコルキス国を目指す旅に出るのだった。その旅は困難を極めたが、道中コルキス王に仕えるメディアを助けたことからコルキス国に辿り着く。しかし、同行していたペライアスの息子アカスタスの策略で、ジェイソンたちは捕らわれてしまう。そんな危機をメディアに救い出され、やがて“黄金の羊の毛皮”を発見するジェイソンだが…。
allcinemaより引用
POSTER-JASON-AND-THE-ARGONAUTS1.jpg
大海原の遥か彼方の国コルキス!そこに平和と繁栄をもたらす“黄金の羊の毛皮”は実在した!(探検隊ナレーション風)
ガイコツ
殺された父の復讐を果たすため、奪われた父の王国を取り戻すためジェイソン率いるアルゴ探検隊が冒険の旅に出る!目指すは国に平和と繁栄をもたらす黄金の毛皮だ!という話です。
昔の作品だから当然ちゃ当然なんですが懐かしい気分になる作品ですね。

ロボコップ
話もお宝を目指して冒険するというだけのシンプルなものだしな。
この作品は観たことなくてもこういう作品が元になった映画やらアニメやらゲームやらに子供の頃から親しんでいたりするから観ててすごい安心感があるぜ。

ガイコツ
話の筋はお約束のようになっていてその中で描かれる冒険にワクワクドキドキするというある意味水戸黄門的な楽しみ方ができる作品ですよね(笑)
どんなにピンチになってもジェイソンがなんとかしてくれる!的な。

960_jason_argonauts_blu-ray_4x.jpg
困難があっても割となんとかなるから安心したまえ!
ロボコップ
次に登場人物についてですが、演技で印象に残る人はパッと出てこないんだけどアルゴ探検隊の隊員たちがみんなワイルドな格好をしているのがなんかいいぜ(笑)
やっぱりガレー船漕ぐの男たちはムンムンとして汗臭くなくちゃな!

ガイコツ
またヒロインが妖艶なカンジで良かったですね。
健全な作品なのですっぽんぽんになったりすることはありませんが儀式の踊りのシーンなどちょっとセクシーなところが素敵でした。

960_jason_argonauts_blu-ray_7.jpg
健全な作品だからね!
ロボコップ
次にみんな大好きモンスターたちについてだが、どのモンスターも何とも言えない愛嬌があってすごくカワイイ。
恐ろしいモンスターであることもたしかなんだけどCGとはまた違った現実から浮いているカンジといい、ちょっとぎこちない動きといい見ててニヤニヤしてきてしまうぜ。

ガイコツ
手間のかかったすごい職人技というのは承知しているのですが、アナログならではの味時折見せる隙が見ててすごく和むんですよね。
骸骨剣士がムクムクと土から出てきてピシッと気を付けして静止するところとか最高ですね。

ロボコップ
骸骨剣士は主人公たちと戦っているところも迫力があるし、やられ方などどこかコミカルなところもあっていいよな。
あとこれはストップモーションじゃないんだけど主人公を助けるために海から現れるトリトンがかなりツボだったな。
合成も上手いし何より崩れる岩山を必死に押さえる表情がすごく良かった(笑)

960_jason_argonauts_blu-ray_10.jpg
家に人形欲しくなるくらいキュート!
960_jason_argonauts_blu-ray_6.jpg
素晴らしい踏ん張り感!
ガイコツ
最後に音楽についてですが、バーナード・ハーマンのスコアがまたたまりませんね~。
「シンドバット七回目の航海」みたいなジャン!ジャン!ジャーンと!いう速いテンポも好きなんですが、今回は大海原に漕ぎ出す時のゆったりとしたテンポがすごく印象的です。


ロボコップ
ゆったりとすることによってアルゴ探検隊が冒険する世界のスケールの大きさや雄大さが感じられるし、太鼓のテンポがガレー船の音頭をとっているようにも聞こえて面白いよな。
バーナード・ハーマン好きだから作品観る度に毎回サントラすごい欲しくなるぜ(笑)

960_jason_argonauts_blu-ray_11.jpg
女神も見とれる男臭さ爆発なガレー船
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
オーソドックスな冒険譚をワクワクドキドキを安心して楽しめる面白い作品ですね。
古い技術は古い技術なりの良さがあるなと再確認できます。

ロボコップ
「パシフィック・リム」は観たけど最後のレイ・ハリーハウゼンて誰?っていう人や筆者のようにレイ・ハリーハウゼンはあれやろ、骸骨剣士がすごいんやろ?みたいに知ったかしている人は是非観てみて欲しい作品だな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
ようやく筆者も知ったか卒業への道を一歩踏み出すことができましたね(笑)
ではまたー。




↓ポチッとしていただけると筆者が骸骨剣士のようにはしゃぎます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
シンドバッドよりアルゴでした
こんにちは。

僕のトシですとこれはTVで何度となく見た映画で子供の頃から大好きな作品でした。同じハリーハウゼンのものでもシンドバッドシリーズより楽しい映画だと思っています。

それとテーマ曲がいいのも同意します(^◇^;)出だしの♪ぱーばーばー、ばばーばーばばーばん♪(伝わるかな??)がなんかえらそうでカッコ良いですよね(引っ越し作業の時とかに合いそうな曲でもありますが)たぶんHDDのどっかにサントラデータが残っていると思うので今夜探してみます(((‥ )( ‥)))

[ 2014/03/14 11:20 ] [ 編集 ]
Re: シンドバッドよりアルゴでした
コメントありがとうございます!

シロクロshowさんは子供の頃から親しまれていたんですね。大人になってから観ても面白いですが子供の頃観られたら何倍もワクワクドキドキしたんだろうなと考えると羨ましいです。この作品が良かったのでシンドバットシリーズも今度是非観たいなと考えています。
テーマ曲いいですよね~!出だしの部分、多分分かります。
引越し出かけたら重い物をよっこいしょと持ち上げるときにリズムに合わせてしまいそうですね(笑)
[ 2014/03/16 22:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。