マチェーテ・キルズ ~おバカ(褒め言葉)~

ガイコツ
どうもです。
今回は「マチェーテー・キルズ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はロバート・ロドリゲス監督の2013年の作品だ。
「マチェーテ」の続編にあたる作品だな。
偶然だけど三つ続けて続編の記事だな、しかも新作で。

ガイコツ
作品ごとに大作からB級までテイストは大きく違いますけどね~。
そしてこの作品は一番B級な作品にあたると思います(笑)
何と言っても主演がダニー・トレホですしね。

ロボコップ
トレホおじさんがB級映画の代名詞みたいに言うのはやめろよ!(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




麻薬捜査官のマチェーテは、アメリカ大統領から、マッドマンと呼ばれるメキシコの麻薬王を倒してほしいとの依頼を受ける。しかし、マッドメンは自分の心臓が止まると同時にワシントンD.C.へミサイルが飛ぶように仕組んでいた。その仕掛けを解除できるのは、世界一の武器商人ヴォズだけだったが、ヴォズもまた、世界を混乱に陥れようと企んでいた。
映画.comより引用
poster2_201403082049243d1.jpg
バーカ!バーカ!(褒め言葉)
ガイコツ
ミサイルやら革命家やら大統領やら美女やらが出てきて色々あるけど、マチェーテおじさんがなんか色々悪いヤツらをどんどん成敗するよ!という話です。
まあストーリーなんてどうでもいいですよね!

ロボコップ
話自体は前作よりもあっちゃこっちゃいくけど観てて頭は全く使わない、とにかく108分間ずーっとバカなことやってる作品だよな(笑)
ここまで観た後に何も残らない映画(褒め言葉)も珍しいと思うぜ。

ガイコツ
上映中ずーっと笑っていた記憶はあるのですが何に笑っていたのかもう大体忘れてますからね(笑)
なんか中学生・・・いや小学生が考えたような下らないネタ(褒め言葉)の連続なんですがそれを大人が全力でやってくれているのが素晴らしいと思いますね~。

Machete-Kills.jpg
どんなネタでも本気でやれば恥ずかしくないし!
ロボコップ
次に演出についてだが、最近この作品みたいなテイストを模倣した作品もちょくちょく観てるんだけどやっぱり本家は演出上手いなと感じたな。
すごくこってりとした演出なんだけど話のテンポは殺していないというか。

ガイコツ
単にこの演出やってみたい的な作り手の自己満足ではなく、ちゃんと目的に合わせて効果的な演出を選択している印象でコッテリはしているんですが冗長には感じないんですよね。
まあそもそも話自体が冗長ではないのかって言われたら何も言い返せないですが(笑)

machete-kills-danny-trejo-michelle-rodriguez636-370.jpg
本家の風格!
ロボコップ
次に登場人物についてだが、マチェーテおじさんダニー・トレホは今回も相変わらず最高最強だぜ!(笑)
今作は大統領から押し付けられた任務を遂行しているうちにいつの間にか世界の危機と闘ってるっていうちょっとジェームズ・ボンディッシュな役回りだったな。

ガイコツ
命を狙われたり助けられたり何かと女性からモテモテなのもそうですし、今回はヘンテコギミック搭載のマチェーテが登場したり何かと共通点を感じましたよね~。
まあビジュアル面では文明を感じさせないビジュアル(褒め言葉)でボンドとは全然違うんですけどね(笑)

machete_kills_amber_heard_danny_trejo_a_l.jpg
出来る男は女性男性関わらず皆を惹きつけてやまないのである!
ロボコップ
最後に登場人物についてだが、女性陣がキレイな人が多くて眼福だったな(笑)
前回も出演していたミシェル・ロドリゲスはもちろん、今回から登場するアンバー・ハードアレクサ・ヴェガなどみんなこの作品らしい強い女性で見せ場もそれぞれあって良かったと思うぜ。

ガイコツ
あと女性と言えばレディー・ガガは演技というよりまんまレディー・ガガしてましたね(笑)
次に男性陣についてですが、大統領役のチャーリー・シーンと悪のボス役のメル・ギブソンデミアン・ビチルなどみんななかなか渋くいい雰囲気を醸し出していたと思いますね~。

ロボコップ
チャーリー・シーンは大統領演じていること自体がネタみたいなもんだったな(笑)
メル・ギブソンの役はスターウォーズ好きという設定でビジュアルからやられてることまで色々スター・ウォーズ的で面白かったぜ。
あと地味にトム・サヴィーニが今回も登場してるのがなんか嬉しかった(笑)

13092001_Machete_Kills_14.jpg
チャーリー・シーン大統領で経済再生や!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
観た後何も残らないどうしようもなくおバカな作品(褒め言葉)です。
ここまでおバカだとなんか清々しくて幸せな気分になれますね(笑)

ロボコップ
フェイク予告編作ってたりもう続編作る気満々みたいだがどうなるんだろうな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
向こうで結構コケたようなのでちょっと心配ですが期待して待ちたいですね~(笑)
ではまたー。




↓全宇宙のトレホファンの皆様のクリックをお待ちしております↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
あ、ようやくコップのはらわた本来の映画レビューに戻りましたね。ファンタジー超大作より、こっちのほうが見たかったんですよね、無理しちゃって・・。
まあ、かく言うわたしもキルズは公開日に見に行ってしまってるので、そういう意味ではalai氏に勝るとも劣らない好きモノなのかもですが・・。
でも、キルズは期待どおりのスーパー楽しい映画でしたよ。バカなシナリオにアホな演出、ヘタな演技にダサい映像。はっきり言って、こんなゴミ映画のなにが面白いのか、自分でもちゃんと説明できないんですが、でも、この映画は最高に素晴らしい作品であると断言出来ます。だって、わたしは映画館で、本当に本当に、楽しいひと時を過ごせたんだから。
ちなみにわたしはガガ様がいちばんインパクトありましたね。多分、合計で正味10分にも満たない出演時間だと思うのですが、そんな短い出演時間とは思えないくらい強烈な存在感でしたよ。さすがオーラがちがいますね。なんか、ガガ様、ラジー賞にノミネートされたみたいですが、ガガ様を通常の演技力のモノサシで計るコト自体が間違い。どうせなら、キルズの出演者全員にラジー賞を授与しなさいよってかんじですネ。
マチェーテ最高!!
[ 2014/03/10 12:58 ] [ 編集 ]
予告じゃ規制が入って全然満足できない!w
もちろん切り株的な描写も満載なんですよね?
[ 2014/03/10 17:43 ] [ 編集 ]
Re: ユウさん
コメントありがとうございます!

ユウさんから薦めていただいた後すぐ観に行きましてやっと本来(?)の映画レビューにこぎつけました(笑)
ユウさんは公開日に観に行かれたんですかー。私が観に行ったときも自分含めなかなかボンクラそうな人たちが揃っていましたが、公開日ともなるとさぞ熱狂的な人たちが揃っていたでしょうね~。
キルズはなんというかボンクラがバカな映画観に行って余計バカになって帰るという需要と供給がガッチリと噛み合ってる作品だなと思います(笑)
期待していたもの(バカな描写以外何もないですが)はテンコ盛りで私も幸せな時間を過ごせました。
ガガ様はあれで良かったですよね~。むしろあの演技じゃないガガ様なんてガガ様として出演する意味がないと思いますよ!
キルズ出演者全員にラジー賞は・・・強敵アフターアースの壁は厚かったですね(笑)
マチェーテキルズアゲインに期待です!
[ 2014/03/12 00:22 ] [ 編集 ]
Re: ヒッシーさん
コメントありがとうございます!
もちろん切り株描写もしっかりありましたよ~。
ヒッシーさんも是非観てバカになりましょう、幸せですよ!(笑)
[ 2014/03/12 00:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL