スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最強ゾンビ・ハンター ~斧トレホ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「最強ゾンビ・ハンター」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はK・キング監督の2013年の作品だ。
「ポールヴァーホーベン トリック」と同じくヒューマントラストシネマ渋谷の“未体験ゾーンの映画たち2014”という企画でかかっている作品だぜ。

ガイコツ
筆者はこの作品、タイトルには惹かれないどころかむしろ積極的に避けようと思うくらいなのですが僕らのヒーローダニー・トレホおじさんが出演しているということでそれだけを目当てに観に行ってみたようです。
チケットカウンターでタイトル言いながら笑いそうになった映画もなかなかないですよね(笑)

ロボコップ
入場の案内とかでタイトルが読み上げられるたび他の映画観に来ていた人が笑う映画も初めてだよ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




謎の新型ドラッグの流行により、人類の大半が人肉を喰らうゾンビと化した。荒れ果てた世界の中で、「ハンター」と名乗るひとりの男がゾンビたちを殺しまくる。やがてハンターは、イエズス神父ら6人の生き残りたちに出会う。ゾンビのいない楽園を目指す彼らに、大量のゾンビや進化したゾンビ、狂気のチェーンソー男が襲いかかる。
映画.comより引用
poster2_20140217205644452.jpg
トレホおじさんゾンビを討つ!
ガイコツ
人を食人ゾンビに変えてしまう新型ドラッグが蔓延し、荒廃してしまった世界。その世界の数少ない生き残りの人たちが生き延びるために色々やるよ!という話です。
まあ大したストーリーはないと言っても過言ではないと思います(笑)

ロボコップ
正直最初からストーリーなんて期待してなかったからどうでもいいしな(笑)
まあそんなどうでもいいストーリーは置いといて、作品全体の雰囲気としてはB級なのは言うまでもないとして演出などはタランティーノやロドリゲス辺りをパクった意識したような雰囲気だったな。

ガイコツ
映画館で小規模公開はされる程度のB級作品てなんかこういう雰囲気の結構多いですよね(笑)
パクリだのなんだの色々言いましたが全体的には安っぽさを逆手に取った軽いテイストで終始クスクス笑いながら楽しく観られたので良かったと思います。

1uy8.png
どんな映画でも一人異彩を放つトレホおじさん
ロボコップ
次に登場人物についてだが、まず最初に注意しなければならないのはダニー・トレホは主演じゃないというところだな(笑)
主役の“ゾンビ・ハンター”はマーティン・コッピングってそこそこイケメンな俳優だぜ。

ガイコツ
ゾンビ・ハンターは主役の割に作中で大活躍するポイントがあんまり多くないので正直インパクトの弱いキャラクターなのですが、演技に関してははちょっとかすれ声でカート・ラッセルのスネーク・プリスキン系のハードボイルド目指して頑張っていたんじゃないかなと思います。

zombie-hunter-899534l.jpg
主役の画像も載せたいところだがトレホおじさんのために割愛させていただく
ロボコップ
次にダニー・トレホおじさんについてだが、役名がイエズス神父で出オチだったり完全に小ネタ要因みたいな使われ方しているよな(笑)
面白いは面白いんだけどトレホおじさんはこれでいいのか!?とちょっと思ったりもする。

ガイコツ
演技に関してもイエズス神父という役を演じているというよりも“俺たちの考えるダニー・トレホ”を演じているような印象が強かった気がします。
まあダブステップに乗せて斧振り回している姿を見られただけで個人的には満足なのでいいんですけどね!(笑)

zombiehunter_main_p_large.jpg
やせいの トレホが あらわれた!
ロボコップ
最後に敵キャラやらゴアシーンやらについてだが、特殊メイクは結構いい出来だったりするんだけどCGがすごく安っぽいのがかなり気になるな。
カッコいいシーンでは映像を加工して隠そうとしている部分もあるんだけど大体は粗丸出し(笑)

ガイコツ
敵キャラについてはどう見てもゲームのバイオハザードをパクったにインスパイヤされたとしか思えないキャラクターが多かったですね。
しかもCGで描かれているキャラクターについてはPS2レベルのグラフィックという(笑)

ロボコップ
もうじきPS4が発売されようというこのご時世にあの拙いグラフィックが出てきたのはちょっと唖然だったな。
しかもフレーム数少ないからか動きがぎこちなかったり倒れたり起き上るのがやたら素早かったりするし。
CGなのになぜか昔のストップ・モーション見ているような気分になったぜ(笑)

zombie-hunter.jpg
どんな敵でもトレホおじさんは立ち向かうのである!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
ダニー・トレホが出演しているという点を除いたら割と普通なB級・・・いやC級ゾンビ映画だと思います。
楽しめましたし個人的には嫌いじゃないですけどね(笑)

ロボコップ
そんなつまらない作品というわけではないのでダブステップに乗せて斧を振り回しているダニー・トレホおじさんが観たいというトレホマニアの方々は是非観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
逆にすごい面白い作品というわけでもないのでダブステップに乗せて斧を振り回しているダニー・トレホおじさんに興味がない方はスルーして構わない作品だと思います(笑)
ではまたー。




↓全世界70億人のトレホマニアの皆様のクリックをお待ちしております↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/02/18 23:05 ] カ行 K・キング | TB(0) | CM(2)
お久しぶりです~。

完全に「主演ダニー・トレホ」にしか見えない宣伝ポスターなんですけど。こりゃサギじゃないですか。

色んな映画のいいとこどり&ゾンビと胸の大きいお姉ちゃんを散らしておけばOK!のB級臭さは
決して嫌いじゃないですね~。
トレホさん、もしかして70才近いか超えてます?いつまでも元気!元気!なトレホさんでいてくださいね。

(世間はオリンピック一色!。私も浅田真央ちゃんの頑張りに感動して野球のことは忘れてた~。
はずありません!来月、スワローズVSオリックスのオープン戦を現地観戦予定です。
今シーズンの注目は館山、復活なるか? 手術で昨シーズン、棒に振ってるので今年は10勝目指して頑張ってほしいですね!)
[ 2014/02/22 13:59 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
お久しぶりです。
コメントありがとうございます!

私も主役でないにしても主役級の扱いなのかなと思い観に行ったのですが全然そんなことはありませんでした(笑)おっしゃる通りでゾンビやお姉ちゃんなど楽しい要素を散りばめていたので退屈しない作品だったと思いますね~、料理するのはあんまりうまくなかった気もしますが(笑)
Wikiによるとダニー・トレホは69歳みたいです、ホント元気ですね~!
いつまでも元気で、ワイルドに戦い続けてほしいです。

オリンピックでワイワイ言っているうちにオープン戦が始まってしまいましたね~。
バレンティンは早速ホームランを打ちましたし騒動がプレーにあまり影響していないようで一安心です(一塁守備は酷かったようですが・・・)
館山はシーズン途中の復帰かと思ったらもう投げられる状態になっててビックリしました。
何度も怪我を乗り越えている強い選手ですし今回も力強く復活することを期待しています!
[ 2014/02/23 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。