スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悪霊のはらわた ~パチモン?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「悪霊のはらわた」について話していきましょう。

ロボコップ
一応言っておくが死霊じゃないぞ!悪霊だぞ!
この映画はソニー・ラグーナトミー・ヴィルクンド監督の2012年の作品だ。
スウェーデンの作品だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、某所でスウェーデン版「死霊のはらわた」などと評価されていたり貶されていたりしたので、一応観て確認してみるかということで借りて観てみたようです。
あまりにパチモンくさいタイトルなのでちょっと手に取るのを躊躇いましたけどね(笑)

ロボコップ
躊躇するのと同時にすごい本数のタイトルの似たパチモンが出てるはずなのにこの邦題はまだ使われてなかったんだとなんかちょっと感心もしてしまったな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




週末をすごすため山小屋にやって来た、アルビンとイダのカップル、7人の友達グループ。だがその家の地下室には、恐るべき悪霊が棲みついていた。とり憑かれた者は、人間ではない邪悪な存在に豹変する。そしてその血を浴びた者も、魂を奪われ魔物と化すのだ。1人また1人、悪霊に憑依されてゆく仲間たち。生き残るには仲間を倒し、その息の根を止めるしかない。凄惨な殺し合いの挙句、2人だけ生き残ったアルビンとイダ。だがついに、イダが悪霊の血を浴びてしまい…。
アルバトロスフィルムHPより引用
e2b294ed7d86f21c4d961dbb9d059bd31.jpg
※パッケージはイメージです
ガイコツ
若者たちが人里離れた一軒家に遊びに行って地下室の魔物に魅入られて死ぬよ!という話です。
死者の書を読んだら蘇るとかそういうことはないので襲ってくる対象の設定は違いますが大体「死霊のはらわた」と同じストーリーと考えてもらって大丈夫だと思います(笑)

ロボコップ
まあここまで似てたら逆にパクリだなんだ指摘する方が野暮な気がするな(笑)
テイストの方はなかなかシリアスなカンジでオリジナルの方じゃなくてリメイクの方の死霊のはらわたと似たような方向性で作られているかなってカンジがするぜ。

ガイコツ
なのでやりすぎで勢い余って笑ってしまうような描写を期待するとリメイクの時と同じくちょっと肩透かしな印象になるかもしれないですね。
ただB級にも関わらず変に笑いに走らず真面目にやっているところはなかなか好印象でした。

02_20140214231226221.jpg
悪霊に魅入られてこんなになっちゃいます
ロボコップ
次に登場人物についてだが、大して人物描写もないし設定を説明するためだけに出てくるようなキャラクターもいるからほとんど注意して観ていなくても大丈夫だと思うぜ!
注目すべきキャラクターは生き残って自ずと絞られてくるしな(笑)

ガイコツ
演技についても特に取り立てて言うこともないのですが、こういう作品ならではのグチャドロ面での女性陣の頑張りには頭が下がる思いがしますね~。
男がグチャドロするよりやっぱりきれいな女性が変わり果てた姿になる方が断然インパクト強いでしょうし。

23.jpg
主人公の男(名前は忘れた)、フィギュアスケートとかやってそう
ロボコップ
次に襲ってくる悪霊(?)についてだが、人に乗り移って悪さをするところは死霊のはらわたと同じなんだけど乗り移るためのハードルが低かったりこういう作品によく出てくる訳知り顔のオッサンに弱点を教えてもらえなかったり生き残る側にとってはかなりハードな設定になってたな。

ガイコツ
悪霊の親玉に至っては目が合ったらアウトというお前はゴーゴンかと言いたくなるようなチート設定でしたしね。
その代わりなのか知りませんが物理攻撃にやたら弱くて他の悪霊に乗り移られた人たちと比べても親玉だけアッサリ過ぎるくらいな死に方をしてしまったのはちょっと拍子抜けしましたけど(笑)

21.jpg
悪霊の親玉、フィギュアスケート・・・はやってないだろうな多分
ロボコップ
最後にゴア描写についてだけど、ここはスゲー頑張ってて素晴らしかったな。
安っぽいCGとかもなかったし特殊メイクもちゃちなものじゃなくてしっかりとしていて見ごたえのあるゴアシーンが多かったと思うぜ。

ガイコツ
またその特殊メイクの出来に作っている側も満足しているためか結構ちゃんとグチャドロのところを見せびらかしてくれるのが嬉しいですよね~。
まあ作品のテイストがシリアスなので見せびらかされて笑えるものではないのですが(笑)

ロボコップ
でもシリアスとはいえふざけているように見えない程度のケレン味はあったし、適度な嫌悪感を与えてくれるなかなかバランスの取れたゴアシーンだったんじゃないかなと思うぜ。
個人的には地味だけど上唇食いちぎられちゃった描写がお気に入りだな。

06_20140214231809aa2.jpg
上唇うんぬん以前にもう色々おかしくなってますね
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
邦題から漂うトンデモパチモン臭に反してゴア描写などがなかなかしっかりとした作りでホラー好きな方なら結構楽しめる作品だなと思います。

ロボコップ
まあそこまで期待して観る作品でもないと思うけどB級ホラーでなんかいいのないかなと探している人は是非観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
「死霊のはらわた」みたいな作品観たいけど本家はもう擦り切れるほど観ちゃったしな・・・という方にはすごくオススメですよ!(笑)
ではまたー。




↓クリックしていただけるとバレンタインデーにこんな記事書いてる筆者も成仏すると思います↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2014/02/14 23:21 ] サ行 ソニー・ラグーナ | TB(0) | CM(2)
昔、ブルース・リーが大ブームになった時に、「ブルース・リ」と言うパチモン俳優がドラゴン怒りの鉄拳や死亡遊戯のパチモンカンフー映画を作りまくってましたね・・。日本でも「美空ひばい」なる歌手がいましたが。
これら、パチモン俳優にしても、悪霊のはらわたにしても然りなんですが、便乗商法を通り越して、パクリスレスレの事をやっているにもかかわらず、どことなく憎めないのは何故でしょうか。やはり、どこかに映画愛と言うか、オリジナルに対するリスペクトが感じられるからなんでしょうかね?
この、悪霊のはらわたにも、alai氏的にスプラッター、ホラー、そしてサム・ライミ(ロメロでしたっけ?)のオリジナルに対する愛が感じ取れたという事なんでしょうかね。もっとも、この邦題は日本の配給会社が勝手に付けただけかもですが・・
[ 2014/02/15 14:24 ] [ 編集 ]
Re: ユウさん
コメントありがとうございます!

人気者になればなるほどパチモンはたくさん出てきますよね~(笑)
おっしゃる通りでパクリスレスレでも憎めないのはただ稼げるから適当に真似しているわけではなくオリジナルが好きで彼らなりに一生懸命作ってるのが伝わってくるからなんでしょうね。
この悪霊のはらわたもただの真似ではなくて楽しい作品を作ろうという心意気や愛は伝わってくる作品でしたよ。
まあパクリ扱いしまくっているもののオリジナルタイトルはEVIL DEADと全然違うタイトルなんですけどね(笑)
[ 2014/02/17 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。