ポール・ヴァーホーヴェン トリック ~挑戦!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ポール・ヴァーホーベン トリック」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はタイトルでもわかるようにポール・バーホーベン監督の2012年の作品だ。
同時期に公開している堤幸彦のトリックと混同されないように監督名がタイトルに入ってたりするのかね?(笑)

ガイコツ
筆者はこの作品、みんな大好きバーホーベン監督の「ブラックブック」以来の新作だということで観に行ってみたようです。
御大の待望の最新作だというのにやってるのが渋谷の一か所だけというのにはビックリしましたけど。

ロボコップ
まあこの映画の企画自体ががちょっと特殊というのも関係しているんだろうけどな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリー・・・というか企画の概要はこんなカンジ。




「スターシップ・トゥルーパーズ」「氷の微笑」の鬼才ポール・バーホーベンが、「ブラックブック」以来6年ぶりにメガホンを取ったサスペンス。映画の冒頭4分だけを公開してその後の脚本を一般公募し、送られてきた1000以上もの脚本から監督自ら選出したものを繋ぎあわせて製作。その過程を追うドキュメンタリーを併せた2部構成となっている。50歳を迎えたプレイボーイの資産家ムレコは、愛する家族や美しい愛人に囲まれて満ち足りた毎日を送っていた。ところが、海外にいるはずの元愛人ナジャの突然の出現により、完璧だった彼の人生は崩壊していく。
映画.comより引用
poster2_20140129172520426.jpg
ヴァーホーヴェンフォーエヴァー!
ガイコツ
元々89分と上映時間の短い作品なんですが、さらに前半20~30分くらいがソフトにおまけとしてついてくるようなメイキング映像で本編は一時間弱とさらに短いのでちょっと驚きましたね。
たしかにこれを一本の映画としてたくさんの映画館でかけるのは難しいかもしれないなと思いました。

ロボコップ
前半のメイキングは企画の説明だったり撮影風景だったりホントにおまけのメイキング映像みたいなカンジだからそういうのに興味がない人にはちょっと辛い仕様だったりするしな。
筆者はそういうの好きなので楽しかったみたいだが。

ガイコツ
動いているバーホーベン監督が観られただけでももうご褒美みたいなもんでしたからね(笑)
メイキングの内容の方は、企画や撮影の話はへぇ大変だなぁくらいの感想しかないんですが、バーホーベン監督の75歳でも常にチャレンジして自分の糧にしようとする貪欲な姿勢にはちょっと感動しちゃいましたね~。

media_xxl_4811079.jpg
進化する変態!
ロボコップ
で、次に肝心の本編の方だが、最初の4分だけ決まっててあとは公募した脚本を継ぎ接ぎしてできた作品とは思えないスムーズな話運びでビックリしたな。
小品ではあるんだけど企画が~とか抜きにしても面白い作品だったぜ。

ガイコツ
話の内容としては不倫などの人間関係を描いたコメディで、ビジュアル的には派手なシーンは全くないんですが、人間の内面のバカでえげつない部分をシニカルに面白おかしく描いているところはさすがバーホーベン監督といったかんじでらしさがあって面白かったですね。

ロボコップ
人間の描き方にはらしさがある一方でビジュアルでエグイシーンがなかったりするので全体的にゲテモノ感が薄れてちょっとスマートな印象の作品になっていてこんなカンジの作品も撮れるんだとちょっと新鮮でもあったな。
まあ他の作品に比べてって話ですっぽんぽんになるところも相変わらずあるにはあるんだけど(笑)

trick_p1_large.jpg
浮気男が色々やらかして波乱を巻き起こします。
ガイコツ
次に登場人物についてですが、オランダの役者でしかも演劇学校にまだ通っている女優を使っていたりするので名前は全然知らない人たちでしたがなかなか演技の上手い人が揃ってて良かったですね。
役者たちも物語の続きを知らされない状態で演技していたらしいんですが全然そんなこと感じさせませんでした。

ロボコップ
メイキングの時に監督が“最近の役者はね~、舞台とはまた違うTVや映画用のメソッドを勉強しているから自然な演技と目の演技が上手いんだよ”みたいなことを言ってたけどそう言われるだけはあるなと思ったぜ。
あと演技とは関係ないけど脱ぐ役にベッピンさんをキャスティングしたのはグッジョブだったな!(笑)

trick_p4_large.jpg
この記事ではここまでしかお見せできませんぜ、グヘヘヘ。
ガイコツ
最後にオチについてですが、メイキングで監督がオチまとめるのが大変みたいなこと言ってましたがすごくキレも後味もいいカンジで良かったですね。
監督がメイキングで愚痴垂れていたところは基本いい出来っていうのが面白いです(笑)

ロボコップ
物語の繋がりにしてもそうだけど普段よりも難しいから意識して力が入ってて逆にいつもよりうまくいってるっていうことがありそうなカンジだよな(笑)
何にせよ観た後バーホーベン監督スゲーって思ったわ。

trick_p5_large.jpg
隠し子騒動まで!?
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
メイキングもバーホーベン監督好きな方にはある程度楽しめる仕様になっていると思いますし、本編の方は小品ながらキレがあって面白いサスペンスコメディになっていて面白い作品になっていて一粒で何度も美味しい作品だと思います。

ロボコップ
バーホーベンファンの方々には一館でしかやってないしもうすぐ公開終わっちゃうから映画館では観られなくてもソフト化されたら是非観てほしい作品だぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
ビジュアル的にはマイルドでバーホーベン初心者の方々にもオススメなので興味のある方は是非観てみてはいかがでしょうか!
ではまたー。





↓デッドオアアライブユークリックミー!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
新機軸
へえ~、ですね。いつものエグイやつでなく、かつ、
コメディもので、さらにかつ、面白い映画撮れるって
いうのがスゴイですねえ。さすが懐が深い。

にしても、バーホーベンさんも75才なんですかあ。
写真見る限り、とてもそんな年には思えませんが。
若いなあ。まあ、お若いうちにそろそろドギツイの
やってもらいたいですねえ…。
[ 2014/01/31 00:08 ] [ 編集 ]
Re: 新機軸
コメントありがとうございます!

ポスターに女はうんたらかんたらって書いてあったんで「氷の微笑」や「4番目の男」系の話かと思っていたのですがコメディものでビックリしました。でも、うまくやってしまうところはさすがバーホーベン監督でしたねぇ。

おっしゃる通りで監督若いですよね。
人生にハリがあると違うんでしょうねぇ。
今回のも面白かったですがやっぱりドギツイのももう一度観たいですね(笑)
[ 2014/01/31 23:18 ] [ 編集 ]
なんで国に帰っちゃたんですかね、ハリウッドシステムに嫌気がさしたから?
この人と映画を撮りたいと思ってる俳優ってたくさんいると思うんだけどなあ
トム、次のミッション・インポッシブルでバーホーベンを雇ってくれww
[ 2014/02/02 18:29 ] [ 編集 ]
Re: ヒッシーさん
コメントありがとうございます!

おっしゃる通りでハリウッドシステムがあんまり合わなかったようですね~。
この作品のメイキングの部分でも、いろいろ刺激は受けたり勉強にはなったけどハリウッドではやりたいことが全然できなかったと言ってました。あんなスゲー作品ばっかり作ってたのに全然やり足りなかったのかよとツッコみたくなりますが(笑)
バーホーベン監督のミッション・インポッシブルはヤバいですね!妄想が膨らみます(笑)
[ 2014/02/02 22:07 ] [ 編集 ]
今更ですが、バーホーベンのトリックを見たわたしが来ました。この作品、劇場で見たかったんですが、結局見逃してしまって、先日ツ○ヤに新作でレンタル開始されたので、ようやく見れたのですよね。まあ、内容的には、ガチで作った映画と言うよりは、バーホーベンの趣味で撮った企画物って感じでしたね。
しかし、わたし達は、なんで今だにバーホーベン監督に期待を持ち続けてるんですかね?客観的にみたら、とっくの昔にピークを過ぎてて、ハリウッドからも遠ざかったバーホーベンに、ロボコップやトータル・リコールやスターシップ・トゥルーパーズみたいなエキサイティングな映画が撮れない事は解るはずなんですよね。でも、トリックを見てたら、齢75になったバーホーベンが「この映画の経験を、今後10年の映画創りに活かしたい」って言ってるのを見て、映画監督としてのバーホーベンは、全然死んでいないんだっと事が分かって嬉しかったですよ。またいつの日か、最高に下品で悪趣味でドスケベでグロくてエキサイティングなバーホーベンの新作が見れるかもですネ。
[ 2014/06/10 22:19 ] [ 編集 ]
Re: ユウさん
コメントありがとうございます!

ユウさんも観られたんですね!
仰る通りでガチな映画というよりは雰囲気的にもちょっと肩の力が抜けたカンジではありましたね。
バーホーベンファンには最初のメイキングの方が本編だったかもしれません(笑)
たしかに冷静になって考えるとハリウッド大作に戻ってくることはないだろうなとは思うんですけど、それでも何かやってくれるんじゃないかという期待を持たせてくれる監督だなと思いますね~。
この作品のメイキング観たときその期待はまだ持っててよさそうだなと思いちょっと安心しました。
最高に下品で悪趣味でドスケベでグロくてエキサイティングな新作、待ち遠しいですね!
[ 2014/06/14 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL