スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イベント・ホライゾン ~フラッシュゴア!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「イベント・ホライゾン」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はポール・アンダーソン監督の1997年の作品だ。
一応言っとくと「バイオハザード」とか「ソルジャー」とかの方のポール・アンダーソンだぜ。
一部の人からは“ダメな方の”って揶揄されている人だな。

ガイコツ
個人的にはそこまで言うほどダメだとは思わないんですけどね、「ソルジャー」とかも嫌いではないですし。
まあたしかに上手い監督かと言われるとそうも思わないのもたしかですが・・・(笑)
筆者はこの作品、そんな監督の作品の中で特にレビュー評価が高い作品のようなので観てみたようです。

ロボコップ
“ダメな方の”という評価が勝つか、作品レビューの高評価が勝つのか作品とは違ったところでもある意味観るのが楽しみな作品だな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




西暦2047年。調査救助船が海王星への極秘任務に飛び立った。その目的は7年前に海王星で消息を絶った超深度宇宙探査船イベント・ホライゾン号の救助であった。実はイベント・ホライゾンには重力制御による新航法システムが取り入れられており、今回の作戦に特別参加したウェアー博士はそのシステムの開発者だった。やがて海王星でイベント・ホライゾンの姿を捕えた一行は船内に侵入するが、同時にクルーが幻覚や幻聴に苛まれるようになっていた……。
Yahoo!映画より引用
event_horizon_ver1_xlg.jpg
“ダメな方”とは言わせない!
ガイコツ
7年前に海王星で行方不明になったイベント・ホライゾン号が発見された。救助のために向かった救助部隊とイベント・ホライゾン号の設計者のウェアー博士であったがこのイベント・ホライゾン号、何かがおかしい・・・という話です。
ビジュアルに雰囲気のあるSFホラーですね。


ロボコップ
まず宇宙船のデザインに美しさがあるし内装やギミックもなかなか凝ってて観てるだけでも楽しくなってくるところはあるよな。
イベント・ホライゾン号の中はさらに不気味さも兼ね備えてていいカンジだし。


ガイコツ
その一方でどこかで観たことがある描写が満載だったりもしますよね。
この作品の場合しっかり高いクオリティでオマージュしていて魅力になっているのでいいんですが。
こういうこだわりを見ると監督オタクだなぁとちょっとニヤニヤしてきてしまいます(笑)

eventhorizon01.png
美しいけどなんか怖い通路を抜けて・・・
Scary Tunnel
美しいけどなんか怖いトンネルを抜けると・・・
event_horizon_desktop_1920x1080_wallpaper-368602.jpg
美しいけどなんか怖いよく分からないものが待ってます
ロボコップ
次に物語についてだがこっちはこっちでポール・アンダーソンらしさがある気がする、あんまりよくない意味で(笑)
話の幹がどこかよくわからないというか、何となく話が進んでいる感があるんだよな。
あと話の凹凸が少なくてのっぺりしているように感じるところがあったり。

ガイコツ
さっきも言った通りビジュアルはいいですし、クライマックスになるにつれて爆発など派手なシーンも増えてくるんですが畳みかけるような描写はちょっと少ない気がするんですよね。
イベントをいくつも同時進行しないで、一つ一つ処理してるシングルタスクなイメージというんでしょうか。

Pods.jpg
ビジュアルはいいです
ロボコップ
次に登場人物につていだが、今も続けて活躍している人も多い結構豪華な役者陣だよな。
救助船の船長役のローレンス・フィッシュバーンはちょっと抑え目な演技で冷静なリーダーを演じてててカッチョよかったぜ。

ガイコツ
派手さはないんですが揺るがない安定感があって、それが役柄ともよくあっていたなと思いましたね。
あと今回強烈なのはイベント・ホライゾン号の開発者役のサム・ニールですよね。
「マウス・オブ・マッドネス」のときもそうでしたが、この人は狂いっぷりが素晴らしいですね~(笑)

ロボコップ
わざわざセリフで表現しなくても表情とか目つきでこの人ヤバいぞってカンジが伝わってくるのがすごいよな。
それに加えて今回はビジュアル的にも特殊メイクでクレイジーな方向にぶっ飛んでるのがまた素晴らしい。
よくぞあんなヒドイ特殊メイク引き受けた!と言いたいぜ!(笑)

event-horizon-lawrence-fishburne1.jpg
安心と信頼のフィッシュバーン
ガイコツ
最後にその他の印象に残ったことについてですが、ゴア表現にかなり力が入ってて驚きましたね。
クレイジーにぶっ飛んだサム・ニールの姿はもちろんですが、その他のフラッシュバックなどでちょっとしか映らないシーンでもかなりこだわった作りになっていて感心しました。

ロボコップ
フラッシュバックだから普通に観てるとそこまでヤバいようには感じないんだけど、コマ送りとかにして観るとガッツリR18なホントえげつないカットばっかりでやべぇなこの作品って思うよな(笑)
そういうのが好きな人は是非コマ送りで観直してみることをオススメするぜ。

1355139962724.jpg
サム・ニールをこんなにしたのはどこのどいつだ!よくやった!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
話はちょっとのっぺりしているところもありますが、ビジュアルのクオリティは高くていい意味でマニアックさもありますし、役者陣もいい役者さんが揃っているのでなかなか楽しく観られる作品だと思いますね。

ロボコップ
さすがに監督の作品の中で評価が高い作品なだけはあったな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
ゴア表現すごいと言いましたが、苦手な方もコマ送りとか変なことしなければ大丈夫だと思うので興味のある方は是非観てみてはいかがでしょうか。
ではまたー。




↓あなたのクリックで筆者が狂ったサム・ニールのような笑みを浮かべて喜びます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
なぜかサム・ニールの画像で爆笑。良い俳優なのに「大脱出」ではほとんど見せ場なしwしょうがないと言えばしょうがないんですが。
[ 2014/01/19 20:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!
返信が遅れてしまって申し訳ありませんm(_ _)m

おっしゃる通りで良い俳優なんですが一般的な“スター俳優”とはちょっと違うクセがありますよね。
ちょっと目つきに狂気が感じられて怖いというか・・・演じている役柄のせいもありますが。
「大脱出」にも出てるんですか!?知りませんでした。サム・ニールが出てるんなら観に行こうかなぁ・・・(笑)
[ 2014/01/25 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。