スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年振り返り委員会

レザーフェイス顔プロフィール用
え~、今年も一年間グダグダとしたブログにお付き合いいただきありがとうございました。
来年もグダグダしているのは変わらないと思いますが何卒よろしくお願いいたします。

ガイコツ
・・・という挨拶だけではイマイチ味気ないのでついでに今年映画館で観た作品ベストテンみたなものをやってダラダラと今年を振り返っていきたいと思います。
まあいろんな人がやってるから真似してやってみたいってだけみたいですが(笑)

ロボコップ
いつも通り思い付きと欲望のままの行動だな(笑)
ではまず今年映画館で観た作品をずらずらっと並べてみよう。


ホビット 思いがけない冒険
ロンドンゾンビ紀行
テッド
ゴーストライダー2
レッドライト
ジャンゴ 繋がれざる者
オズ はじまりの戦い
チキン・オブ・ザ・デッド/悪魔の毒々バリューセット
汚れなき祈り
ヒッチコック
コズモポリス
死霊のはらわた
探偵はBARにいる2
フッテージ
クロユリ団地
マニアック
イノセント・ガーデン
アンチヴァイラル
ギャングバスターズ
ダークスカイズ
飛び出す 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
パシフィック・リム
ベルリンファイル
アイアン・フィスト
オーガストウォーズ
ワールド・ウォーZ
パニック・マーケット3D
ホワイトハウス・ダウン
エンド・オブ・ウォッチ
スーサイド・ショップ
クロニクル
サイド・エフェクト
パッション
死霊館
トランス
バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所
セブンサイコパス
キャリー
マラヴィータ
悪の法則
47RONIN
フライング・ギロチン
鑑定士と顔のない依頼人
ゼロ・グラビティ

以上44本!縁起悪っ!

ガイコツ
週一くらいのペースで通ってるな~という感覚だったのですがまあその感覚通りぐらいの本数ですね。
そして終わってみれば邦画が「探偵はBARにいる2」の一本だけとメッチャ偏ってます(笑)
「凶悪」や「そして父になる」「風立ちぬ」なんかは観に行っとけばよかったかなぁと思ったり思わなかったり・・・。

ロボコップ
あと洋画でも「キャビン」と「武器人間」が予定が合わなかったりで観に行けなかったのが心残りだぜ。
まあ後悔先立たずなのでもうソフトレンタルして観るしかないわな。
では次はこの中で個人的に好きな作品をランキング形式で挙げてみるぜ。


1位 パシフィック・リム
2位 ホビット 思いがけない冒険
3位 悪の法則
4位 ゼロ・グラビティ
5位 エンド・オブ・ウォッチ
6位 クロニクル
7位 チキン・オブ・ザ・デッド/悪魔の毒々バリューセット
8位 パッション
9位 鑑定士と顔のない依頼人
10位 マニアック 汚れなき祈り


ガイコツ
ダラダラとこのランキングについてコメントしていきますと1位と2位はもう出来云々とかの話ではなくて好きだからとしか言いようがないですね~。
「パシフィック・リム」に関しては公開前から楽しみにしてきていざ観たらとても楽しかったのでメロメロです(笑)

ロボコップ
3位の「悪の法則」は好き嫌いがかなり別れてるみたいだが劇中に出てくる荒野のようなカラッとしたドライな世界観が個人的にすごいツボだぜ。
あと世界観を見せるだけ見せてあとは観る側でご勝手にと放り出すところも好きだったりする。

346480view003.jpg
キャメロン・ディアスの悪女役が強烈な「悪の法則」
ガイコツ
4~6位は見せ方が上手い映画ですよね。
「ゼロ・グラビティ」は宇宙でフワフワしているような気分になったり飛んでくる破片を思わず避けてしまったりとまさに“映画体験”ってカンジでしたし、あとの二本はPOVを上手く使って目線や感情を主人公と共有できるように工夫されてましたね。

ロボコップ
7、8位は作り手の色がすごい出てるような気がするのがいいな。
「チキン・オブ・ザ・デッド」はさすがトロマ映画と唸るようなバカな面白さがあったし、「パッション」の方もデ・パルマ節炸裂ってカンジでニヤニヤしっぱなし(笑)

poultry.jpg
初トロマ映画は衝撃的でした
ガイコツ
9位の「鑑定士と顔のない依頼人」はぼっちの友だけはいいヤツと思っていたら・・・。
この作品は手紙→リハビリ→ナイト&デイで手袋を外して待つというラストシーンも余韻があって大好きです。
10位は絞り切れなくて二本になってしまいました。

ロボコップ
「マニアック」はあのオリジナルをこんな風にリメイクできるんだっていう驚きがあって新鮮だったな。
個人的には今年のホラーのリメイクの中では一番好き。
「汚れなき祈り」は「悪の法則」と好きな理由が似てて自分の知らないエクストリームな世界を垣間見させてくれるところがとても面白かったな、映像も綺麗だったし。

the-best-offer-220103l.jpg
この作品以外にも「サイド・エフェクト」や「トランス」など面白いミステリーを多く観られた年でした。
ガイコツ
というわけでランキングをダラダラと発表しましたがいかがだったでしょうか。
すごく個人的な趣向で選んだものなので全く参考にはならないと思いますが筆者は満足したようです(笑)
ではそろそろ今年最後の記事も終わりにしましょう、ではまたー。





↓あなたのひとポチで筆者の運勢が大吉になります↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/12/31 15:56 ] 雑談 | TB(0) | CM(2)
あけましておめでとうございます
家事や育児の合間に、パソコンをつけて、たまにこちらのブログを読むのをとても楽しみにしてる、ホラーゲテモノ映画好き主婦、tainao7です。

写真を掲載し、こじゃれたギャグもはさみながら映画を面白く紹介しているのは、うまいなぁ・・・と感心してます。

また、目をつける映画がユニークでおもしろいですよね。

普通の人はトロマ映画なんて、わざわざ映画館に見に行かないですもん。

今年もたくさん映画をみて、楽しいブログを書いてください。
映画館にいけない私は、alailamaさんの解説がとても楽しみなんです。
ことしもよろしくおねがいします。
[ 2014/01/01 12:28 ] [ 編集 ]
Re: あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
そしてコメントありがとうございます!

楽しんでいただけているなんてとても嬉しいです!
特にギャグなんていつも滑ってるだろコレ~と読み返しながら胃が痛くなっているので(笑)

トロマ映画に関してはおっしゃる通りで観客からしてすごく濃ゆ~い普通じゃない人たちが劇場に集っていて普段シネコンを利用することが多い私は異様な雰囲気にちょっと驚いた記憶があります(笑)

ダラダラと変わり映えのしないブログですが今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2014/01/01 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。