ゼロ・グラビティ ~圧倒的!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゼロ・グラビティ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はアルフォンソ・キュアロン監督の2013年の作品だ。
なんかスゲー評判が良くて今年の映画ランキングみたいなやつでも上位常連の作品だよな。
筆者は“そんな評判に影響を受ける私ではない!”とか豪語してたが(笑)

ガイコツ
その割にメッチャ気合い入れてデカいスクリーンで更にドルビーアトモスなる最新音響設備の配備された船橋の映画館まで遠征してましたけどね。
チケットもいい席が取れるように前々日にインターネットで予約して(笑)

ロボコップ
本人の意識では耳塞いでるつもりでも行動は影響されまくりだな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。
映画.comより引用
poster2_201312281922085bd.jpg
えええ影響されてねーし!
ガイコツ
宇宙でなんやかんややってたら爆破廃棄されたロシアの人工衛星の破片が飛んできてスペースシャトルがドガシャーンとなって宇宙空間に放り出されてさあ大変!という話です。
ストーリーは簡単なんですがいや~映像がとにかくすごい作品でしたね!

ロボコップ
正直こんなワンシチュエーションみたいな話で90分も持たせられるのかと思ってたけど全くの杞憂で最初から最後まで夢中になって観てしまったな。
あっという間の90分だったんだけど長い作品を観た後のようなずっしりとした満足感もあったし。

ガイコツ
観る前は絶賛に対して大げさだなぁと思っていたんですがあながち間違いじゃなかったことが分かりましたね~。
ストーリーについてもほとんど度外視するつもりで観ていたんですが意外に盛り上がりどころだったりグッとくるところがちゃんとあってすごい映像だけの作品でもなかったのが良かったですね。

jp-pub-photomain-rev-gvty_large.jpg
宇宙でなんやかんやする二人
ロボコップ
すごいすごい言っている映像についてだけど宇宙空間の表現が圧倒的だったな!
地球や太陽などの美しさの表現とかももちろんすごいんだけど、宇宙空間にいる人間だったりその人間から見える映像の表現がすごい斬新だなと思ったぜ。

ガイコツ
無重力での天地がない状態だったり常に不安定でフワフワしている浮遊感の表現がほんとにリアルで映像だけでそれを疑似体験しているような気分になりますよね。
劇中で宇宙に初めて来た人は浮遊感で吐くみたいな話をしていましたがその気持ちも何となくわかりましたね(笑)

jp-pub-photosub8-gvty_large.jpg
宇宙酔いにご注意ください
ロボコップ
次に音についてだがこれも宇宙空間を表現するのにすごい重要な役割を果たしていたな。
交信の音と呼吸音とあとは圧倒的な静寂
宇宙服だったり宇宙船の狭い空間のこもったカンジも圧迫感があって良かったぜ。

ガイコツ
あの圧迫感があってこそラストの空間が一気に広がったような解放感が味わえますよね。
あと音楽を付けて盛り上げているところもあるんですがあからさまにジャジャーン!みたいなカンジではなくて静寂だったりそこで鳴っている音に寄り添うような形ですごく自然だったのも良かったですね。

jp-pub-photosub9-gvty_large.jpg
何が起きても無音
ロボコップ
最後に二人しかいない登場人物についてだが、サンドラ・ブロックはリプリー的な強い女性の主人公なんだがはじめから強いわけではなくて物語の中で様々な出来事を経て生への執着を持ち強くなっていく様が描かれているのがいいよな。

ガイコツ
中でもクライマックスの覚悟を決めた笑いはすごく印象的でしたね~。
作品中ほとんど出ずっぱりでしたが出ずっぱりにする価値のある演技だったと思います。
次に相方のジョージ・クルーニーについてですが相変わらずイケメンでしたね。

ロボコップ
今回は宇宙服越しで顔はあんまり見えないんだけどそれでも言動、立ち振る舞いから悔しいくらいにダンディさがプンプンしてきやがるんだよな(笑)
特に今回は重大な決断もなんでもないようにさらりとやってのけてしまうイケメン力に完敗だぜ・・・。

jp-pub-photosub6-gvty_large.jpg
操縦でテンパるサンドラさん
jp-pub-photosub2-gvty_large.jpg
スペース・ダンディ、ジョージ・クルーニー
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
まず何と言っても圧倒的な宇宙空間の表現を体験できる素晴らしさがありますし、それだけでなくドラマ性や演技もしっかりしていてとても面白い作品でしたね。

ロボコップ
みんな言ってるけど絶対映画館で3Dで観た方がいい作品なので興味のある人は是非是非観に行ってみるといいと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
評判の作品をちゃんと観られてこれで筆者も安心して年が越せますね(笑)
ではまたー。




↓ジョージ・クルーニー並みにダンディな皆さんのクリックをお待ちしております↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
いかがでしたか?
>ドルビーアトモスなる最新音響設備

いいですね(・∀・)!
最新設備での『ゼロ・グラビティ』鑑賞は、やっぱりよかったんでしょうね~

音の表現が評判いいですよね。
残念ながら、ちょっと音を立てている観客が側にいたので、
そっちにイライラしっぱなしで、作品の音までは気が回らなかったのですが…(´・ω・`)

やはり、「IMAXで!」と評判の作品は、素直に従っておくべきですね!
[ 2013/12/29 15:18 ] [ 編集 ]
良いお年を!
お久しぶりです。
私もネット予約してから鑑賞しました。とにかく前評判がものすごくて
「この映画を誉めない人は人にあらず」ってな空気がムンムン。

半信半疑で鑑賞しましたが、期待を裏切らない出来でした!
特に最後の〇〇シーンは(ネタバレになるので、あえて伏せます)鳥肌たちました。
客観的に観るのではなく、主人公目線で宇宙空間を体感できるのはテーマパークのアトラクションぽくて
退屈しませんでしたし。
SFは不得意なジャンルですが、もう1回映画館で鑑賞したいですね~。

(今年も色んな映画の紹介と解説、ありがとうございました。
 スワローズは「最下位」という悲しい結果となりましたが、バレさん新記録&ライアン大活躍と
 明るい話題があったのはせめてもの救いです。
 来年こそは・・・といいたいですが、ケガ人がでないだけでも御の字かなぁ。
 苦しい戦力事情でありますが目指すからには「優勝」してほしいですね!)
[ 2013/12/29 20:02 ] [ 編集 ]
Re: いかがでしたか?
コメントありがとうございます!

ドルビーアトモスは壁にも天井にもスピーカーがたくさんついてて包み込む音響ってカンジで環境音がすごく自然な気がしましたよ!

近くに音出す人がいると大変ですよね~。
ポップコーンをやけにパリパリ音を鳴らして食べてたり挙句の果てに持ち込んだお菓子のビニール袋クシャクシャいわせていたり・・・。
ずっとドカンドカンやってる映画ならまだしもこの映画では堪らんですね。

行く前は料金高いだの色々言いたくなりますが実際観てみるとIMAXはちょっと違うなと思いますよね。
いつも本編前のデモ画面で感動します(笑)
[ 2013/12/29 23:36 ] [ 編集 ]
Re: 良いお年を!
コメントありがとうございます!

この映画は評判すごいですよね~!
観る前はあんまり褒められすぎてて逆に怪しいって思ってました(笑)

いざ観てみるとホント期待を裏切らない出来で面白かったですね~!
おっしゃる通りでまさにアトラクションってカンジでのめりこんでしまいました。
こういう映画館でこそって作品は上映が終わってしまうともう体験できないのでやってるうちにもう一回という気持ちになりやすいですよね。

スワローズは来期は個人だけでなくチーム全体で明るくなれる話題が出てくると嬉しいですね~。
新投手コーチの高津の手腕、あと数少ない新戦力の真田にも期待しています。
せめてクライマックスにどうにか残ってくれるといいんですがどうでしょうかね・・・。
一番はやっぱり「優勝」ですけどね!

今年はありがとうございました。来年もよろしくお願いします!
[ 2013/12/30 00:23 ] [ 編集 ]
わたしの両親は、わたしが生まれる前に、男の子、女の子どっちが生まれてもいいように、「友(ゆう」と言う名前を考えてくれてました。だから、女の子にライアンなんて名前をつけた親は本当にひどいと思います。ライアンって、日本の名前で言ったら五郎とか健二ですよね?もしかしてライアンの親はヤクルトファンだったんでしょうか・・。
最後に、少し早いですが、来年のセリーグの予想順位をさせて頂きます。

1位 巨人
2位 中日
3位 阪神
4位 広島
5位 横浜
6位 ヤクルト
[ 2013/12/31 17:55 ] [ 編集 ]
Re: ユウさん
コメントありがとうございます!

あんまりアメリカの名前事情はあまり分からないのでアレですが男の子を望んでいたからっていう理由は酷いですよね。
もし親が野球好きだったならアメリカ人なのでヤクルトファンじゃなくて本家ノーラン・ライアンのファンでしょうかね・・・でもライアンは姓なのでこれも違うかな?(笑)

順位は巨人は手堅いですが2位以下はちょっとのことで簡単に入れ替わりそうな感はある気がしますよね~。
中日は中田の移籍はそんな痛くないと思いますが大きな補強もないので谷繁新監督の手腕に期待ですね。
阪神と広島は久保や大竹の穴を埋められるかですよね。阪神に新しく入ったオ・スンファンはクローザーとして強力そうです。
DeNAは久保が入って来シーズンはもっと上がってきそうな気もするんですがどうなんでしょう・・・。
ヤクルトは好きですが怪我復帰組も多くてやってみないと分からない部分が多いですしこの位置に予想されるのもまあ納得ではあるんですよね。
ユウさんの予想が当たらないことを個人的には祈っているのですが・・・(笑)
[ 2014/01/01 22:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL