トゥームストーン/ザ・リベンジ ~MV?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「トゥームストーン/ザ・リベンジ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はロエル・レイネ監督の2013年の作品だ。
最近レンタルが始まったばかりの作品なんだが主演がダニー・トレホということで借りてみたようだ。

ガイコツ
トレーラーはずっと前にYouTubeなどにアップロードされていて、公開されたら観に行きたいななどと思っていたのですがひっそりとビデオスルーされてしまったので落胆しつつレンタルしたようです(笑)
キャストもダニー・トレホの他にミッキー・ロークとかもいたのになんで劇場公開されなかったんですかね?

ロボコップ
大人の事情ってやつはよう分からんなぁ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




アウトロー集団のリーダーゲレロは、ある鉱山の町から略奪を計画していた。しかし、刑務所から自由の身になった片親違いのレッドの裏切りにあい殺されてしまう。事件から1年後、ゲレロは悪魔と契約を結び復讐のために蘇った。その復讐が始まるとき、トゥームストーンの町は血の海と化すのだった!
ENTER JAM?より引用
dead-in-tombstone-689619l.jpg
トレホが西部でバンバンバン!
ガイコツ
金鉱の見つかった町を襲撃したトレホ兄貴をリーダーとするならず者集団!しかし金を強奪したはいいもののその後の方針を巡って裏切りが起こり殺されてしまうトレホ兄貴!しかし地獄の悪魔と契約を結び復活!裏切った6人を血祭りにあげてやるわ!という話です。
ダニー・トレホが復讐するだけの簡単な話です(笑)

ロボコップ
まあウエスタンでダニー・トレホってだけでもうウキウキだから話なんて簡単でも大丈夫なんだぜ。
といっても90分以上話を持たせることができてなくて演出で引き延ばした感がありありなのは問題だけど。
どこぞのアーティストのMVでありそうな演出が多用されまくってて胃もたれがしてくる(笑)

ガイコツ
フォァ!みたいな風切音とともにアングルが頻繁に切り替わる演出やスローモーションが重要なシーンからどうでもいいシーンまで全編通してずーっと使われるづけますからね~。
シーン一つ一つはカッコイイので最初のうちはいいのですがそれがずーっと続くと段々カッコつけてないで早く話進めろよ!という気分になってきます(笑)

8fd5.jpg
早々に裏切られて死んじゃうトレホおじさん
ロボコップ
次に登場人物についてだが、ダニー・トレホがカッチョイイに尽きますな!
演技云々の前にまず何と言ってもパッと見でコイツアウトローだ!って分かる強烈なビジュアルがいい(笑)
役柄も見た目のまんま悪党なんだけどただ本能に任せず抑制が効いているのもいいよな。

ガイコツ
あとガンアクションでは二丁拳銃を披露するところもトレホファンとしては見逃せないポイントですね!
もう何やっててもダニー・トレホなら褒めるみたいな勢いですが、正直ほとんどそれだけで成り立っているような作品なのでそこ好きじゃないとどうにもならないです!(笑)

7e684d9dc10254fac3746d6bd563a9d1.png
死んだけど恨みを晴らすために蘇っちゃうトレホおじさん
ロボコップ
その他の登場人物については悪魔役のミッキー・ロークがすごいリラックスした演技で楽しそうに悪魔を演じてたのが印象的だったな。
地獄でニヤニヤしながらダニー・トレホをいろんな方法でいじめるところとかすげー幸せそう(笑)

ガイコツ
恐怖はあまり感じないんですが全体的にすごくいやらし~いところが悪魔的で良かったですね。
あとダニー・トレホに復讐される奴らについては、はじめに死ぬ奴なんかはあんまり個性を出す暇もなく退場するのでアレですがボス役のアンソニー・マイケル・ホールはなかなかイイカンジで悪党やってましたね。

ロボコップ
とても敵わないような大物ってカンジでもなくかといってすぐ倒せるような小物臭もそこまでしないちょうどいいスケールの悪役だったな。
あんまり褒めてないようなカンジになっちゃったけど一応褒めてるからな(笑)

7044.jpg
楽しそうにトレホおじさんをいじめるミッキー
361f3eb9247f676b111d2f89bf837201.png
ジューって言ってるね!ハハッ!(ネズミのような高い声で)
ガイコツ
最後にアクションについてですが、MV的な画を撮るのが好きな監督なのでこういうのは得意かと思ったら意外にガンアクションとの食い合わせがいいわけでもないんですよね。
西部劇やマカロニ・ウエスタンともジョン・ウーともまた違ったカンジで新鮮ではあるんですけど。

ロボコップ
瞬間瞬間はかっこよさげに見えるんだけど繋いでみると誰がどこ狙って撃ってるのかとかがイマイチ分かりにくかったり全体像がイマイチはっきりしないアクションになっているのがちょっと残念だったな。

7045.jpg
エクストリームな方法で恨みを晴らすトレホおじさん
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
役者たちの魅力はたっぷりですし物語の舞台やシチュエーションもいいのですが、演出がクドさが気になるのがちょっと惜しい作品でしたね。

ロボコップ
とはいえダニー・トレホは今回も渋く活躍するので全国1億2000万のトレホファンの方々は是非ともチェックべき作品だと思うぜ(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
トレホファンでない珍しい方々は・・・まあスルーしてもいいんじゃないでしょうか(笑)
ではまたー。




↓全国1億2000万人のトレホファンの皆さんのクリックをお待ちしております↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/12/25 23:58 ] ラ行 ロエル・レイネ | TB(0) | CM(4)
トレホさん、また暴れてるんですか(笑)
[ 2013/12/27 13:38 ] [ 編集 ]
Re: 烏天狗さん
コメントありがとうございます!
トレホさん、また暴れてます(笑)
マチェーテあたりからこの人を暴れさせる流れがより加速してきている気がしますね~。
マチェーテ・キルズももうすぐ公開で楽しみです!
[ 2013/12/27 22:03 ] [ 編集 ]
ウエスタンなのに何故かDAリボルバーが?
[ 2014/01/02 16:12 ] [ 編集 ]
Re: 名無しの日本人さん
コメントありがとうございます!
多分そこらへんの考証はマカロニ・ウエスタン的なカンジで非常にテキトーなんだと思います・・・。
まあでもカッチョイイですよね、リボルバー!(笑)
[ 2014/01/02 20:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL