スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンダーワールド エボリューション ~ドラゴンボール現象~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アンダーワールド エボリューション」について話していきましょう。


ロボコップ
この作品はレイ・ワイズマン監督の2006年の作品だ。
「アンダーワールド」の続編だぜ。
前作みてないと何が何だか全くわからないから気をつけろ。
ストーリーはこんなカンジだ。



ヴァンパイアの闇の処刑人セリーンは、一族を治めるビクターが自分の家族を虐殺していた過去を知り、復讐を果たす。同族から追われる身になった彼女にとって、唯一の味方はヴァンパイアとライカン(狼男)の混血種であるマイケルだけ。2人は追っ手をかわしながら張り巡らされた陰謀を暴くうちに、何世紀にもわたって種族闘争を繰り広げてきた、ヴァンパイアとライカンの創世の秘密に迫っていく。やがて2人は、血族を超えた禁断の恋に落ち…。
アンダーワールドエボリューション
愛の逃避行中のセリーンさん(年齢不詳)


ガイコツ
ストーリー読むとセリーヌとマイケルの愛の逃避行の話に見えますが、
不死の一族の始祖であるコルヴィナス一家の話がメインストーリーですね。


ロボコップ
おイタが過ぎてビクターに幽閉されちゃったライカンの始祖ウィリアム
ビクター死んだしウィリアムを解放しようとする弟大好きなヴァンパイアの始祖マーカス
ドラ息子達に手を下せず息子たちのおこした事件の後始末をして回っている不死の始祖コルヴィナス
とみんなひと癖あるどころじゃ済まないない一家だな(笑)
で、主人公たちはウィリアム解放しちゃいかんでしょ、ということでマーカスたちと戦うんだよな。



ウィリアム
どら息子その1 完全に我を忘れていますわー
マーカス
どら息子その2 完全に悪魔ですやん

ガイコツ
上にも出てますが、マーカスが蘇るときに偶然ライカンの血を飲んでしまったので混血種になってしまうんですが完全に悪魔になってますよね(笑)
マイケルはくすんだハルクなのに、何この差!


ロボコップ
コルヴィナスに血統的に近い関係だから強いとかなんとからしいけど、羽とか諸々差が出すぎだよな(笑)
あとこいつらの登場によって前作に比べて強さがインフレしてくるんだよな。


ガイコツ
この映画だと強さも年功序列ですからね。
そうすると始祖が必然的に最強になるわけで。
最古にして最強とか中二が好みそうな設定ですよね(笑)


ロボコップ
その強さを示すためか知らんが、前作しぶとく生き延びた敵の幹部クレイブンがあっさりやられたのは残念な気持ちになったな。
お前噛ませやるためだけに生き延びていたのかよ・・・。


ガイコツ
まあその強いマーカスとウィリアムもパワーアップしたセリーヌと前作から強さに定評のあるマイケルに負けちゃうんですけどね。
敵が強くなった分だけ主人公も強くなるってドラゴンボールか!ってカンジですね(笑)



久利りんのことか
スーパーヴァンパイア人になる今作のセリーヌさんの活躍にこうご期待

ロボコップ
その二人の中でも特にウィリアムがマイケルに普通に負けるのが残念でならなかったな。
映画の前半から中盤みんな解放するのめっちゃ反対してたからどんなに強いんかとワクテカしてたのにいざ終盤出てきたらこれかよ感がすごい。


ガイコツ
たしかに勝つにしてももっとギリギリのところで勝ってほしくはありましたね。
とまあストーリーとキャラについてグダグダと文句言っていきましたが、
アクションについては前作よりも進化してますしそれなりに見どころはありますので前作気に入った方なら楽しく見られると思いますよ(今さら感)


ロボコップ
前作はあまりなかったセリーンのセクシーなシーンもあるのでケイト・ベッキンセイルを愛でる会(存在するか知らん)の皆様も満足できる仕様になっているぜ。
まあ要はあんまり細かいこと気にせずアクションケイト・ベッキンセイルを楽しんだらいいんじゃないかなと思うわ。


ガイコツ
どんな作品でも楽しんだもん勝ちですからね。
ときどき我慢できないレベルのもありますが(笑)
今回はこんなもんですかね。
ではまた。


ロボコップ
じゃあの。




↓クリリンのことかのモノマネしたことある方はクリック!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2012/02/29 21:57 ] ラ行 レン・ワイズマン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。