スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

氷の微笑 ~エロティック!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「氷の微笑」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はポール・バーホーベン監督の1992年の作品だ。
筆者はこの作品、この前観た「シリアルママ」にこの作品を彷彿とさせるようなシーンがあって観たいなぁと思っていたんだが延び延びになってしまってやっと先日観たようだ。

ガイコツ
「シリアルママ」観たのももう二か月半以上前ですもんね・・・時が経つのは早いもんです。
暑い暑い言ってたと思ったら最近はもう肌寒く感じるくらい季節も移り変わってますしね。
変わり映えしないのは筆者とこのブログくらいのもんです。

ロボコップ
か、変わり映えしないことが魅力だから・・・(震え声)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




アイスピック殺人事件の捜査線上に浮び上がった女性作家。事件を捜査する刑事は次第に、容疑者の妖しい魅力のとりこになっていく。やがて彼自身に殺人容疑がかかってしまうが……。
Yahoo!映画より引用
basic-instinct-poster.jpg
変態監督バーホーベン先生が征く!
ガイコツ
俺刑事のニック!元ロックスターがアイスピックで惨殺された事件を捜査中だ!容疑者として一人の美女が捜査線上に浮かび上がってきた!怪しい、いやコイツが犯人に違いない!しかしベッピンさんやなぁ・・・という話です。
刑事が美女の容疑者について捜査を進めていくと同時にその美女に溺れていくというエロティック・サスペンスな話ですね。

ロボコップ
この作品はエロティックとサスペンスのバランスがすごくいい塩梅なのが素晴らしいよな。
エロティックな描写はちゃんとインパクトが残る形で描いているんだがそれに終始せず、サスペンスとしての緊張感は常に裏でピンと張りつめたものがあるっていう。


ガイコツ
そういう部分のセンスはオープニングの時点で既にビシビシ伝わってきますよね。
エロティックな雰囲気からの急にショッキング描写になることで驚くと同時に一気に目が離せなくなってこれは続きを観たいと思わせるパワーがとにかくすごいです。

basicinstinctbdcap1_original.jpg
エロティックだからという邪悪な理由で続きを観たいと思ったとかそういうことは断じてない!・・・多分。
ロボコップ
次に登場人物についてだが、なんといっても容疑者の美女役のシャロン・ストーンがいろんな意味でもう圧巻としか言いようがないよな。
演技的な意味でもすっぽんぽん的な意味でも素晴らしい!(笑)

ガイコツ
愛した人を破滅に導く怖い女なんですけど狙った人を惹きつける抗えない魅力も持ち合わせているという説得力を持たせるのが結構難しいキャラクターだと思うんですが見事に演じ切っていますよね。
余裕のある立ち振る舞いだったり時折演じて見せる弱い姿だったり妖艶さがムンムンです。


ロボコップ
有名な足を組み替えるシーンとかも釘づけにされるような妖艶さがあるよな。
筆者なんか尋問している検事と一緒にあまりの緊張で汗だくになりそうな勢いだったし。
・・・筆者よ、お前は中学生か。

basicinstinctbdcap2_original.jpg
ノ、ノノノノノノーパンやて!?
ガイコツ
次にその他の登場人物についてですが、シャロン・ストーンを追い詰めようとし、同時に彼女に溺れていく刑事ニック役のマイケル・ダグラスもいい味出してますよね~。
シャロン・ストーンとは対照的に余裕がなく常に焦っているような雰囲気がありますね。

ロボコップ
その焦りが原因で自分自身を破滅的な方向に導いているという危うさも印象的なキャラだったな。
あとはニックの相棒の刑事のガスが個人的に結構好きだったりするぜ。
ニックとの腐れ縁的ななんともいえない距離感がすごくいいなと思う。

basicinstinctbdcap6_original.jpg
ケンカするほど仲がいいお二人さん
ガイコツ
最後にエンディングについてですが、決着したと思わせておいて・・・と最後まで一筋縄ではいかない終わり方をしているのが面白いですよね。
この部分についてはどうやら賛否両論あるみたいですが。

ロボコップ
まあ謎を謎のまま積み残しているようなカンジになるからスッキリしない部分はあるかもな。
でも個人的にはこの作品の魅力であるサスペンスの緊張感を最後まで貫いてくれたという点で結構好みな終わり方だったりするぜ。

basicinstinctbdcap4_original.jpg
ネクストコナンズヒーント!アイスピック!
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
エロティックとサスペンスのバランスもよく物語としても面白いですしなんといってもシャロン・ストーンの魅力が爆発している素晴らしい作品ですね。

ロボコップ
すっぽんぽんマニアの方にもオススメだぜ!・・・というかそういう人はもう観てるわな(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
勿論すっぽんぽんマニアでない方でも面白いので興味のある方は是非観てみてはいかがでしょうか。
ではまたー。




↓すっぽんぽんマニアの方も別にそうでないかたもひとポチしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
このころの体型はグッドでした
こんばんは、すっぽんぽん映画愛好会の予備構成員しろくろです。

シャロン・ストーンのこのときの体型は女優として脂の乗り切った時期だったような気がいたします。後年の「スペシャリスト」あたりになるともう鍛えすぎてまったくこちらのレーダーにヒットしなくなってましたから(スタローンとのラブシーンは「どっちのカラダがカッコ良いかい??」というマッチョ自慢大会にしか見えなかったですね)

あ、スイマセン「氷の微笑」の話でした(ーー;)

これバーホーベン映画としても彼のハリウッド進出以降の作品では異質な雰囲気があって印象的だったのと(オランダ時代の「四番目の男」を彷彿させる感じと言いますか)最後のある意味似たもの同士の組み合わせになる二人の関係が面白かったと思います。
[ 2013/11/09 22:57 ] [ 編集 ]
Re: このころの体型はグッドでした
コメントありがとうございます!
私はすっぽんぽん映画愛好会構成員を名乗るにはまだまだ未熟ですがこれから精進してまいりたいと思います(笑)

しろくろShowさん的にはシャロン・ストーンはこの頃がベストなんですね、参考になります。
「スペシャリスト」は未見なのですがスタローンとのマッチョ比べと聞くと逆にちょっと見たい気もします(笑)
「スペシャリスト」と同じくらいの頃の「クイック&デッド」と比べるとたしかに「氷の微笑」の方が魅力的であった気はしますね~。(衣装やら役柄やら全然違うので基準がかなり曖昧ですが・・・)

たしかにバーホーベン監督の他の作品と比べるとちょっと毛色が違う印象を受けますね~。
「四番目の男」は未見なのですが似たような雰囲気なんですか。手元にソフトはあるので是非観てみます。
お互いが近しい人を失うという似た境遇にあるのも面白いですし、その似た者同士が出会ってからくっつくまで結局全部シャロン・ストーンの筋書通りになってしまっているのが怖いですよね~。
[ 2013/11/11 00:47 ] [ 編集 ]
エロスリラーのパイオニア
この作品も「ケープ・フィア」と同様、ヒッチコック映画へのオマージュ満載ですね。
「裏窓」とか「めまい」を彷彿とさせるシーンがちらほら。アイスピックでの殺人シーンは「サイコ」の
シャワールームシーンそのものではないですか。
僕が映画館で見た時は冒頭のセックスシーンでいきなり男がめった刺しにされる場面と、エレベーターで
主人公の相棒がこれもめった刺しにされるシーンで劇場内のほとんどの人たちが「うわぁあああっ!!!」とびっくりしてました(笑)(特にエレベーターのシーンは僕も椅子から飛び上がった)
シャロン・ストーンが足を組みかえるシーンはYouTubeで問題のヘアー・シーンの瞬間のみ
拡大してアップしていた動画がありました(爆)世の中ヒマな方がいらっしゃるんですね。
僕が本作を映画館で見た時は「愛人~ラマン~」と同時上映という濃厚な組み合わせ。どちらも
エロエロで男性の観客の中には両方見終わった後はあそこが起立しぱなしでさぞかし疲れた方も
いらっしゃったのではないでしょうか(笑)
話題となったニックとキャサリンのセックスシーンは、日本公開版はちょっとカットされていたみたいで
ノーカット版を見るとキャサリンがニックにフェ〇しているところも!
なんかエロいことばかり書いてすみません。数年前にシャロンは来日したみたいですが、写真を見ると
本作の頃に比べるとずいぶんと歳を取ったみたいで残念です・・・・
[ 2014/02/06 10:43 ] [ 編集 ]
Re: エロスリラーのパイオニア
コメントありがとうございます!

やっぱりサスペンスで名作と言われる作品は基礎の部分でつながっているというのはあるんでしょうね。
おっしゃる通りでアイスピックのシーンは凶器の握り方といい色々な部分で「サイコ」を思い出しますよね~。
デデデさんはこの作品を劇場でご覧になったんですね!羨ましいです!
私も劇場で飛び上がってみたかったです。
シャロン・ストーンの足組み替えシーンでそんなことやっている人がいるんですね~、ここまでやってはいなくてもどうなっているんだと目を凝らしている人は世界中に大勢いるでしょうね(笑)
同時上映が「愛人~ラマン~」というのはすごいですね、どことは言いませんが起立しっぱなしかもしくは「氷の微笑」の恐ろしさに萎んでいるかのどちらかでしょうね(笑)
私がシャロン・ストーンを最後に見たのは「キャットウーマン」だと思うんですがあれからも10年経っているんですもんね~、美人ではありますがそれなりに年齢が外見にも出てきてはしまいますよね。
[ 2014/02/07 22:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。