スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハロウィンⅡ(ロブ・ゾンビ版) ~イメチェン!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ハロウィンⅡ」について話していきましょう。

ロボコップ
この作品はロブ・ゾンビ監督の2009年の作品だ。
ハロウィンを近づいてきたし、去年は同じ時期に「ハロウィン」を観たということで今年はその続編を観てみたようだぜ。

ガイコツ
同じ「ハロウィンⅡ」でもホントはリック・ローゼンタール版の方を先に観たかったらしいのですが、近所のツ○ヤには驚くべきことに置いていなかったのでこちらのリメイク版の方を先に観ることになったようです。

ロボコップ
過去シリーズの方の1以外の作品って大きな店舗でしか置いてないのな、結構驚いたぜ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




あるハロウィンの夜、孤独な少年マイケルは家族やその恋人を惨殺し殺人鬼と化すが、実の妹ローリーの手によりこの世から葬られたはずだった。しかし、精神バランスを崩したローリーのもとに、再びマイケルが現れ……。
映画.comより引用
halloween2_201310170014412c9.jpg
マイコーイズフォーエヴァー!
ガイコツ
前作なんとか生き延びたものの事件のトラウマで病み気味なローリー。さらに死んだと思っていたマイコーまで生きていたからさあ大変!という話です。
細かくいろいろありますが基本的にはいつも通りマイコーが暴れる話ですね(笑)

ロボコップ
でもメインストリームの部分はいつも通りなんだけど演出だったり枝葉の部分はオリジナルや前作と雰囲気が違うなと思ったぜ。
ロブ・ゾンビ色が前面に出てきているような気がする。

ガイコツ
前作もマイコーの幼少時代を描いたり冒険をしていましたが今回もマイケルについての描写などは独自色を出そうと結構冒険しているな~と思いました。
それがいいことかっていうとそこは賛否両論ありそうですけどね。

hallo2ween14433.jpg
今回のマイコー君
ロボコップ
そんな冒険気味なマイコーについてだが、マイケルの人間性というかマイケルに何が見えているのかを繰り返し描いていたのがすごく印象的だったな。
マイケルの母親がやたらホラーないでたちでマイケルを導いているという幻想の描写があったり。

ガイコツ
このシーンはマイケルがこれを見て行動していたのかと知って納得する気持ちもありつつあんまり知りたくなかったという気持ちもあってちょっと複雑ですよね。
個人的には何考えているか分からない謎な部分が魅力だとも思っていたので・・・。

ロボコップ
今回はマイケルの謎な部分をなるべく明るみに出して人間として描こうという意図がすごく強いよな。
今まで黒い穴としてしか映っていなかった目の部分も今回はちゃんとその奥にある瞳も映していたりビジュアル的にもそれを強く感じるところがあったぜ。

h2_halloween_2_2009_1024x576_836006.jpg
やたらホラーなかあちゃん、怖い
ガイコツ
次にマイケル以外の登場人物についてですが、ローリーの性格など色々チェンジしているのは前作からなのでそんな驚かないのですがですがルーミス博士の変貌っぷりにはたまげました。
ただのリッチになりたいオッサンです(笑)

ロボコップ
ルーミス→マイケル→ローリーの追いかけっこの構図が崩れているというレベルの話じゃなく、ストーリーの大半のシーンでマイケルについて書いた自分の本の販促活動に勤しんでるからな(笑)
こんなルーミス博士見とうなかった!

halloween_II_07.jpg
みんな、ワイの本買ってくれや!
ガイコツ
最後にみんなお待ちかねのマサカーのシーンについてですが、今回はかなりストイックな描写が多いですね。
遊びだったり溜めのシーンがほとんどなく人が映る→マイコーが映る→人が死ぬというレベルであっという間に人が殺されていきます。

ロボコップ
殺し方についても遊び心やケレン味はあまりなくて無心で包丁でめった刺しとかかなりストイック・・・というか陰惨な印象が強いな。
リアリティを感じさせるという点でなんかいつものホラー作品とはまた違う意味で怖かったな。

img_1502831_61491681_0.jpg
無心になって刺しまくるマイコー君、怖い
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
良くも悪くも過去の作品からイメチェンが行われている作品ですね。
筆者的にはうーんという部分も多かったのですが見ごたえのあるところもあったので興味のある方は観てみてはいかがでしょうか。

ロボコップ
なんというか無責任な勧め方だけどまあ百聞は一見に如かずともいうしな(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
ハロウィンパーティーしない人たちはささやかなハロウィン気分を味わう記念行事として観るのもありだと思いますよ!(笑)
ではまたー。





↓ハッピーハロウィーン!あなたの1クリックがハロウィンと関わりを持てない筆者の心を救います↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/10/17 22:52 ] ラ行 ロブ・ゾンビ | TB(0) | CM(8)
相互リンクの件
浪速で え~がな !! @管理人『サスケ』です
是非、相互リンクのお願いしますw

[ 2013/10/18 00:24 ] [ 編集 ]
ロブ・ゾンビ監督は意外と真面目?
ロブ・ゾンビの作品は「デビルズ・リジェクト」と最新作の「ロード・オブ・セイラム」しか見ていないんですが、何というか思った以上に真面目な人だなぁという印象が強いですね。全体的に手堅く攻める感じはけっこう好きなんですが、何かこうもうひとつケレン味が足りないというか、もうちょっと映画的なこけおどしがあってもいいんじゃないかと思ってしまいますね。

そりゃあカーペンターだって真面目なんでしょうが(笑)、本人が望む望まぬに関係なく、生まれ持ったケレン味というか天性のB級感覚というか、ああいった味わいがロブ・ゾンビにはない気がしますねぇ(まぁ2本しか見ていないので、あまり知ったようなことは言えないのですが、、、)。

個人的にはシェリ・ムーン・ゾンビ(のお尻)が好きなので、ゾンビ版「ハロウィン」もチェックしてみようと思います(当然、私もハロウィンは仮装もせずに自分の家で過ごすと思うので、その時にでも)。
[ 2013/10/18 12:14 ] [ 編集 ]
旧作もよかったけど
まあ、こっちのリメイクの続編も、楽しめましたねー。
最後のオチにはびっくりだけども。

私は昨日やっと「死霊のはらわた」のリメイクを見たのですが・・・
旧作の恐ろしさにリアルタイムでおののいた世代なので、全く怖くなかったというのが正直な感想です。
「なんでかんたんに元に戻るねん、っていうか、えらいべっぴんさんやけど、途中で負ったヤケドはどうしたんやー」って
思わず関西弁でツッコミしちゃいました。

あれよりは、こっちのリメイクの方がずっと良かったです。

まあ、どうしてもリメイクとなると、「旧作と比べて・・」という感想が出てしまうのですが、たくさんあるリメイク作品の中では、「ハロウィン」はとてもよく作られている映画だと思いますよ。
[ 2013/10/18 17:45 ] [ 編集 ]
Re: 相互リンクの件
以前から『サスケ』さんのブログは楽しく拝見していたのでリンクしていただけて嬉しいです。
早速こちらからもリンクさせていただきますね!
[ 2013/10/18 21:10 ] [ 編集 ]
Re: ロブ・ゾンビ監督は意外と真面目?
コメントありがとうございます!

「ロード・オブ・セイラム」観に行かれたんですね!面白そうで気になっているのですが私はまだ観に行けてません。
ロブ・ゾンビはアンジーさんのおっしゃる通り手堅くて、画面を綺麗に作るのが巧くて、さすがミュージシャンなだけあって音楽も良くてホラー映画作りに関してはすごく優等生的な監督だなと思いますね(それでも悪趣味なことには変わりないのですが笑)

カーペンターの作品はなんというんでしょうか・・・しょうがねぇなあ!とか言いながらも世話を焼いてやりたくなるような、観てるこっちも支えてやらないと!みたいなことを思わせるようなダメな愛らしさを持っていますよね(笑)
ロブ・ゾンビはそういう点でスマートな優等生なのでこっちが支えてやらなくても一人立ちしてやっていけそうな気がします。

2作目は個人的にはアレな部分もありましたが1作目は文句なしで面白かったので是非観てみてください!(ハロウィンってどういう生活していたら関わることができるんでしょう・・・)
[ 2013/10/18 21:47 ] [ 編集 ]
Re: 旧作もよかったけど
コメントありがとうございます!

tainao7さんはこちらの作品を結構気に入られているようなのですね。
私は一作目の方はすごく楽しめたのですが二作目の方は予想以上にストイックになっている殺戮描写やルーミス博士などのキャラの変化に少し面喰ってしまったかなという部分がありますね~。

逆に「死霊のはらわた」のリメイクの方はお口に合いませんでしたか・・・。
有無を言わせぬ話の勢いなどオリジナルに比べると・・・というところはありますが単体でみるとそう悪くはないと思ったんですが難しいところですね~。
出てくるキャラが全く違ったのではじめから違う話だと割り切ってオリジナルの方にあまり意識を引っ張られなかったのが私的には良かったのかもしれません。
でも姉ちゃんがきれいな状態で生き返ったのは私もオイオイっ!てツッコミましたけどね(笑)

リメイクはやっぱり普通の作品以上に評価がガッツリ分かれるところなのかもしれないですね。
自分とは違うtainao7さんの意見もお聞きできて面白かったです!
ありがとうございます!
[ 2013/10/19 20:37 ] [ 編集 ]
はじめまして
こんばんわ。
この映画のことでどうしても気になっている事があります。

それは劇中に出てくるサイコビリーバンドのことです。
すごくかっこよかった記憶があるのですが、バンド名がどうしても思い出せません…
実在するバンドなのでしょうか?

ご存知でしたら教えてください!!
[ 2013/11/19 00:23 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして
はじめまして!
コメントありがとうございます!

詳しくないのでIMDbなどでぱっと調べた程度ことしか言えないのですが、
演奏しているのは"Captain Clegg and The Night Creaturesと"いうバンドで多分映画のためだけに組まれたものではないかなと思います。
あとバンドのボーカルでCaptain Clegg役のJesse Daytonは彼個人の名義で活動しているらしくYoutubeにも動画が結構あったので探してみてはいかがでしょうか?
コメントにURL貼るとFC2に弾かれてしまうようなので貼れなくて申し訳ありませんがそんなカンジです。

このコメントを書く際に改めて曲を聴き直してみたのですがさすがロブ・ゾンビ作品なだけあってこういうところもセンス抜群ですね~。
[ 2013/11/19 23:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。