スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウェス・クレイヴンズ ウィッシュマスター ~ゴアゴアパーティ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ウェス・クレイヴンズ ウィッシュマスター」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はロバート・カーツマン監督の1998年の作品だ。
監督ではないけどタイトルの通りウェス・クレイヴンが製作総指揮をしている作品だな。

ガイコツ
結構前にどこのサイトだったか忘れてしまったのですが映画の悪い神ランキング(?)みたいな記事でこの作品の悪役であるジンが取り上げられていたのを読んでからこの作品を観てみたいと思っていたんですよね。
で、先日レンタル店で偶然目についたので借りてみてみたようです。

ロボコップ
最近はなんかもう借りる作品決めないで店内フラフラしてその場で決めて帰ることが多くなってきたな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




古代の神像が港で荷降ろしの最中、船員のミスで落下。中から真紅の宝石が出てくる。宝石は鑑定人のアレクサンドラのもとに運び込まれるが、中から悪魔ウィッシュマスターが甦る。彼は3つの願いをかなえると言い、そのために邪悪な殺人を繰り返す。
Yahoo!映画より引用
wishmaster.jpg
みんなみんなみ~んな かなえ~てく~れる! ※ただし魂と引き換えです
ガイコツ
ゾロアスター教の神アフラマズダの古代の像が運搬中の事故で大破!それによって像の中に隠されていた宝石が発見された!その宝石を鑑定することを依頼されたアレクサンドラだったが実はこの宝石には恐ろしい悪魔ジンが封印されていて・・・という話です。
典型的な古いものいじってたら古の邪悪なものが復活しちゃった系の話ですね。

ロボコップ
話の展開もその邪悪なものによってどんどん犠牲者が出る中最後主人公が勇気を振り絞って立ち向かうといったカンジですごくオーソドックスだぜ。
そんなオーソドックスな話なんだけどこの作品は話のテンポがいいのが印象的だな。

ガイコツ
余計なことをダラダラと描かないのはもちろんですが見せ場をこまめに作ってあって飽きさせないよううまく工夫しているなと思います。
あと正直真面目に観ても怖くはない話なのでコメディ色を入れてあるのも良かったですね。

Wishmaster-horror-movies-14527546-500-281.jpg
蘇らせちゃったアレクサンドラさん。
ロボコップ
次に登場人物についてだが、悪役のジンは強烈だけどそれ以外は主人公を含めてキャラとして印象に残るキャラはあんまりいなかったかな。
まあ大体のキャラが登場して間もなく死ぬことが多いからってのもあるんだろうけど(笑)

ガイコツ
でもそういった出てきて死ぬ役にフレディのロバート・イングランドだったりキャンディマンのトニー・トッドだったりジェイソンのケイン・ホッダーだったりやたら濃すぎるメンツが揃って出演しているのが笑えますよね。
同窓会かよ!みたいな(笑)

Wishmaster-horror-movies-14646179-500-281.jpg
Wishmaster-horror-movies-14646038-500-281.jpg
左はジンさんが世をしのぶ姿、右二人は同窓会参加者
ロボコップ
次にやたら強烈な悪役のジンについてだが、コイツはキャラ設定がいいんだよな。
願い事を叶えると願った人の魂を奪うことができる、ジンを蘇らせた人の願いを三つ叶えると地獄の扉が開かれる、願い事を叶えるのにしか魔力は使えない、願い事は叶えないといけないっていうルールがある。

ガイコツ
このルールによってジンの目的と制約がはっきり分かると同時にその制約の中で何とか目的を達成しようとする必死感が感じられるのがいいんですよね。
半ば無理やりにでも願い事聞きだしてやろうとかなり前のめりになっていたり(笑)

ロボコップ
あと願い事を聞き出せたらその願い事をひねくれた解釈をして叶えるのが面白いよな。
こんな光景見たくない→目ん玉取るよ!とかパーティー盛り上げたい→阿鼻叫喚の地獄絵図にしてあげる!とか。
単純に帰れ!とだけ願われたらすごすごと帰り始めるところもちょっと可愛くてグッドだぜ!(笑)

Wishmaster-horror-movies-14646860-500-281.jpg
カツアゲ的なテンションで願い事を言わせようと必死なジンさん
ガイコツ
最後にみんな大好きゴアシーンについてですが、監督が特殊効果畑出身なこともあってか特殊効果に力が入ってて素晴らしいですね~!
生々しさもあるんですが見ていて面白いものが多かったです。


ロボコップ
ジンが魔法の力で色々やった結果のゴアシーンだからリアリティをそこまで感じるわけではないので単純に見世物的な面白さが強いのがいいんだよな。
“うげぇ!”よりも“すげぇ!”って言葉が自然に出てくるカンジで。

Wishmaster-horror-movies-14527259-500-281.jpg
ガイコツ「チャーッス!ガイコツでーっす!」男「イヤァァァァ!」
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
オーソドックスな話ですがテンポも良く、特殊効果などの見所も多く最初から最後まで楽しんで観られる面白い作品でしたね。

ロボコップ
あと地味に出演者たちも豪華なのでホラー好きでまだ観てない人は是非観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
出演者たちのことを知らなくてももちろん楽しめる作品なので別にホラー詳しくない方でも大丈夫ですよ!
ではまたー。





↓私の願いはあなたがこれをポチッとしてくれることです!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。