スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

狼/男たちの挽歌・最終章 ~暑苦しさと汗臭さと男臭さと~

ガイコツ
どうもです。
今回は「狼/男たちの挽歌・最終章」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はジョン・ウー監督の1989年の作品だ。
先日買ったブルーレイボックスに収録されていたので観てみたようだ。

ガイコツ
でも実際は「男たちの挽歌」と付いているのは邦題だけでシリーズとは関係ない作品みたいですね。
ジョン・ウー監督でチョウ・ユンファ主演だったらもう男たちの挽歌でいいんじゃね?みたいな配給側の適当なノリを感じますね(笑)

ロボコップ
これのタイトルに最終章とか付けちゃったばっかりにツイ・ハークのⅢは公開当時は男たちの挽歌を名乗れなかったとかヒデー話だよな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




引退を決意していた殺し屋ジェフリーは、クラブ歌手ジェニーを銃撃戦に巻き込んで失明させてしまった。彼はその償いのために最後の仕事を引き受けるが……
Yahoo!映画より引用
The-Killer_b75e58a1.jpg
ジョン・ウーはとんでもないものを撃ち抜いていきました。あなたの心です。
ガイコツ
凄腕の殺し屋ジェフリー!仕事で罪のない人を巻き込むことに嫌気がさし引退を決意した彼だったが、仕事で巻き込み視力を奪ってしまったジェニーの治療費ために最後の仕事へと赴く。しかしこれはこれから起きる大きなドンパチの序章に過ぎなかったのだ・・・!といった話です。
いや~とにかく熱いですね!

ロボコップ
ツイ・ハークの「男たちの挽歌Ⅲ」も熱さはあったけどジョン・ウーのはやっぱり違う熱さ・・・というか暑苦しさ、汗臭さ、男臭さが作品全体からムンムンと漂ってくるのがスゴイな!
なんど熱中症で倒れそうになったか分からないくらいだぜ(笑)

ガイコツ
登場人物にしてもただいいキャラとかいうだけではなくて頑張れ!頑張れよぉ!って男泣きしながら応援したくなるキャラが揃っているのが素晴らしいですよね。
あと今回も女性キャラがキーパーソンなんですがⅢとはキャラの性質が全然違うのが面白いなと思いました。

killer-chow.png
チョウ・ユンファと今回のヒロイン
ロボコップ
そんな泣きながら応援したくなる登場人物たちについてだが、まず主人公のジェフリーを演じるチョウ・ユンファは言うまでもなく最高だぜ。
仕事は沈着冷静に、しかし仁義には厚いという設定の時点でもう最高ですわ(笑)

ガイコツ
そして今回もその重んじていた仁義が踏みにじられて怒りが爆発します、この流れはもはやデフォですね(笑)
あと今作のチョウ・ユンファがすごいところは捨てシーンが一切ないところですね。
ほぼ全シーンメチャクチャカッチョよく映っているので目を皿のようにして観なければならず大変でした。

the_killera.jpg
このチョウ・ユンファになら撃ち抜かれてもいいと思う。
ロボコップ
次にその他の登場人物についてだけどこれもみんなチョウ・ユンファに負けない熱い奴らが揃ってるぜ。
チョウ・ユンファを追いかける刑事役のダニー・リーも第一印象はは北芝健に似てるとか思ってたけど後半に行くにつれ段々熱くなってくるのな!

ガイコツ
追いかけるうちにチョウ・ユンファと男同士お互いに分かりあうようになってくるのがいいですよね~!
立場は違って対立はしているがこいつは俺と同じで分かってる人間だ、みたいな。
あともう一人、チョウ・ユンファの殺し屋仲間シドニー役のチュウ・コンも最高でしたね。

ロボコップ
こいつも最初はなんかパッとしない奴だなぁとか思ってたら後半に男気マックスになるんだよな。
ボコボコにされながらも約束の金を持ってくるシーンは涙なしでは見られないぜ!
どのキャラも自分を曲げられないことによって孤独になっていくんだけど、唯一こいつらとは分かりあえるみたいな儚い絆があるのが泣けるんだよな。

dany.jpgkitashiba.jpg
ダニー・リーはどっちだ!
the_killer.jpg
最後に泣かせる男シドニー!
ガイコツ
最後にアクションシーンですが、容赦なくド派手にドンパチやっててやっぱり最高ですね~!
ただドンパチで派手なだけでなくもちろんカッチョイイガンアクション満載です。
あと間の使い方がうまいですよね。

ロボコップ
ただ漫然とドンパチやってるわけではなくてチョウ・ユンファが静かに佇んでるシーンから突如激しい銃撃戦が始まったりして動と静の対比みたいなのがすごくうまいんだよな。
個人的にはサングラスの反射で隠れている敵を発見した直後にズバババと銃撃戦が始まるところとか最高!

killer_1989.jpg
the killer
みんな最高!
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
熱いです、泣けます、最高です、傑作です、以上です(笑)


ロボコップ
興味のある人はつべこべ言わず観るんだ!それだけだ!(笑)
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
最終章とかついてますがシリーズと関係なく単品で観られる作品なのでシリーズ観てない方も是非観てみてくださいね!
ではまたー!




↓あなたの熱き心をこのワンクリックに!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/09/19 22:31 ] サ行 ジョン・ウー | TB(0) | CM(4)
見るからに、熱そうですわ
今の日本にはこういった映画ないですね~

チョウ・ユンファってそこまで男臭い顔してないのに、演じるとカッコイイので不思議です。


私事ですが、趣味の芝居の公演が先日やっと終わり、そして今、来月に引っ越しを控え更新も滞っている状態です。
なかなか訪問もできず、すみません。。。
[ 2013/09/20 03:24 ] [ 編集 ]
リメンバー男気映画!!
一作目の「男たちの挽歌」以降は同じことやってるだけなんですけどね(笑)。銃弾と火薬の量がどんどん増えていく以外は何も変わらないんだけど、ジョージ・A・ロメロのゾンビ作品とか「男はつらいよ」シリーズなんかと同じで、この男臭いワンパターンに一度ハマると、あとはもう韓流ドラマにハマる主婦よろしく、男気デジャヴなお決まりシーンで120パー泣かされてしまいますね。

こういった男臭い暑苦しさと悲哀感でガンガン攻める映画はほんと少なくなってきてるような気がします。近年だとやはり「ザ・レイド」あたりがイイ感じに暑苦しかったですかね。あと男臭い感じとはまたちょっと違いますが、「男の夢」というか「オタクの夢」の“押しつけ感”で言えば、「パシフィック・リム」なんかはかなり暑苦しくて最高でした(笑)。最後の最後でハリウッド的キスシーンを完全にスルーしたあたりも実にステキです(笑)。

リメイク版「ロボコップ」も(予告編を見る限りでは)かなりスマートになっていて、あの西部劇的ないかつい男気はなさそうでした。せめて銃はクルクル回してからしまってほしいものです。

こうなりゃ後はもう、ジョン・カーペンター大師匠に三度スネーク・プリスケンを暴れさせてもらうしかないような気がします。ちょうどオリンピックも決まったことだし、ウルヴァリンも日本に来たことだし、「エスケープ・フロム・トーキョー」を是非ともやってほしいなぁ。東京監獄のボスは石原慎太郎あたりにやってもらって。
[ 2013/09/20 04:23 ] [ 編集 ]
Re: シャロンさん
コメントありがとうございます!

たしかに最近は汗臭さを避けてクールにやるのが主流になってきている感はありますね~。
熱くやって全く問題ないヒーローものまで「ダークナイト」の影響やらなんやらで妙に斜に構えていたりしますし。(ダークナイトは良かったんですが・・・)

チョウ・ユンファは静止画では伝わらない、演じているのを見て初めて分かるカッコよさがありますよね~。

シャロンさんはお芝居をされているんですか!楽しそうな趣味でいいですね~!
人前で何かパフォーマンスをして見に来てくれた人から色々反応が返ってくるのはすごく面白いですよね!
お忙しいとは思いますがシャロンさんの更新を楽しみに待ってます!
[ 2013/09/20 22:55 ] [ 編集 ]
Re: リメンバー男気映画!!
コメントありがとうございます!

たしかに一作目からやってることはほとんど変わってないんですよね~。
でも本数観ていくうちにどんどんと「男隊の挽歌」ワールドに引き込まれてきて反射的に男泣きできるようになってきている気がします(笑)
親が数年前似たような韓流ドラマばかり見ているのを不思議に思っていましたが私もジャンルは違えど同じような道を歩んでいるのかもしれないとアンジーさんの言葉でハッとさせられました。

最近はクールでスマートなのがトレンドみたいでこういう暑苦しいのはたしかに少ないなと感じますね。
おっしゃる通りで「ザ・レイド」は熱かったですね~!リッチなハリウッド映画ではなかなか生まれてこないハングリーさやムチャやってる感があったと思います。
「パシフィック・リム」は監督の妄想を全力でぶちまけたような熱さがあってこちらも思わず燃えてしまいました。

ロボコップはどうなんでしょうねぇ・・・。
予告編見る限りだとただのいい子ちゃんSFになってしまってやいないかちょっと不安になるカンジでしたね。
ED209も階段でこけなさそうですし(笑)

「エスケープ・フロム・トーキョー」いいですね~!
ポスターは荒れたビル街で佇むスネーク、その後ろには折れた東京タワーなんかどうでしょうか・・・!
妄想が膨らむ膨らむ(笑)
[ 2013/09/20 23:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。