スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホワイトハウス・ダウン ~ツッコミ待ち?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ホワイトハウス・ダウン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はローランド・エメリッヒ監督の2013年の作品だ。
とりあえずぶっ壊すならこの人でしょみたいなイメージのある監督だな。
ホワイトハウス壊すのも一体何回目なのやら(笑)

ガイコツ
筆者はこの作品、「インデペンデンス・デイ」は好きなのですが「GODZILLA」「デイ・アフター・トゥモロー」など別にそこまで好きではない作品もある監督なのでどうなのかなと思いつつもやっぱり年一回は劇場でUSA!しとかないといけないかなという思いに駆られて観に行ってみたようです。

ロボコップ
「世界侵略: ロサンゼルス決戦」「バトルシップ」と楽しんできた筆者なら今回もきっと楽くUSA!できるハズ!
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




議会警察官のジョン・ケイルは、大統領のシークレットサービスになるため面接試験を受けるが不採用となってしまう。幼い娘をがっかりさせたくないと、ジョンは娘をホワイトハウスの見学ツアーに連れ出すが、その時、謎の武装集団がホワイトハウスを襲撃、占拠するという前代未聞の事態が発生する。政府が大混乱に陥る中、ジョンは大統領や娘、そして合衆国の命運をかけた戦いに身を投じる。
映画.comより引用
T0013674p.jpg
破壊王エメリッヒがゆく!
ガイコツ
ホワイトハウスがテロリストたちに乗っ取られた!大統領もピンチ!偶然居合わせた大統領のSPを志望したけど落ちた男、チャニング・テイタムが人質となった娘のため、国のため立ち上がる!・・・といった話です。
雰囲気的には「ダイ・ハード」をエメリッヒが作ったらこうなったみたいな作品ですね。

ロボコップ
王道で大味なエメリッヒ節全開ツッコミどころ満載といったカンジでいろんな意味で面白い作品だったな(笑)
銃撃戦とか爆発とかとにかく色んなもの破壊しまくって飽きさせないのはさすがだったぜ。
あとそれぞれのシーンに一々クスッと笑えるオチをつけてるのが良かったな。

ガイコツ
全編シリアスな展開でやられてたら目障りになっていたであろうツッコミどころもこういうテイストならまあいいかと笑いどころにうまく転化させいましたね、ちょっとズルい気もしますけど(笑)
舞台は現実に近いですが起こってることはとにかく徹底して荒唐無稽です。

sub3_large_2013090123573829e.jpg
ホワイトハウスが陥落してからが本番!
ロボコップ
次に登場人物についてだが、主演のチャニング・テイタムは特にここが!みたいなシーンはそんななかったけど安定感のある王道ヒーローとして安心して見ていられたな。
あとそんな安定感に支えられて大統領役のジェイミー・フォックスがフリーに暴れてたのが面白かったぜ(笑)

ガイコツ
「ジャンゴ」が大統領になった!と思ってたらその大統領が小気味のいいジョークをかましたりロケットランチャーぶっ放したりとにかく好き放題やってますからね~。
威厳もクソもあったもんじゃないので普通の大統領役としてはアウトだと思います(笑)

ロボコップ
でもこの映画だとまあこれはこれでいいかと思えてしまうところが不思議なところだぜ(笑)
あと脇役なんだけど娘たちと一緒に人質にとられるホワイトハウスのツアーガイドがコメディリリーフでいい味出してて個人的には作中で一番好きなキャラだったりする。

dfr_01902_rdfr_06271_r_large.jpg
タンクトップヒーローなチャニング・テイタムとフリーダムプレジデントなジェイミー・フォックス。
ガイコツ
次に敵役についてですが少し意外だったのがアメリカに敵対する国などの外からの敵ではなくテロリストがアメリカ人だったって部分ですよね。
テロを起こそうとした発端もアメリカの失敗の犠牲になったことだったりしますし。

ロボコップ
とはいえテロリストの最終的な標的がアメリカじゃないところとかはなんかちょっとアメリカ人らしい部分を感じた気がするけどな。
愛国心を煽る描写はあるものの敵が身内だったのでそこまでUSA!というカンジがなかったのがチョイ残念(笑)

dfr_11132_r_large.jpg
敵は内に潜んでいるぞ!気をつけろ!
ガイコツ
最後にみんな大好きアクションや爆発シーンについてですがとにかくこれでもかってくらい見せつける姿勢が感じられて良かったですね。
出し惜しみしてる感ゼロで終始楽しく見られました。

ロボコップ
全て正々堂々ちゃんと見せますっていうカンジでなんかすごい清々しい気持ちになったよな。
明るい場所で飛んでいるヘリコプターとかはそのまま見せすぎたせいで多少CGで作った感まで見えてしまっていたのはご愛嬌だけど(笑)

dfr_02550_r_large.jpg
主人公の娘役のジョーイ・キング。クロエ・グレース・モレッツといいこういう系統の顔が人気?
ガイコツ
そろそろまとめにはいりますが、
大味、王道、出し惜しみなしでエメリッヒ節全開な楽しい娯楽作品だと思いますね。
ツッコミどころまで含めて楽しいです(笑)

ロボコップ
まあ頭空っぽにして観る分にはすごく楽しい作品だと思うのでバトルシッパーの方々にはオススメだぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
USA!はそこまでできないのでそこだけは要注意ですよ!(笑)
ではまたー。




↓この作品に劣らぬ大味なブログですがひとポチしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。