スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

殺人の追憶 ~本当にあった怖いなか話~

ガイコツ
どうもです。
今回は「殺人の追憶」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はポン・ジュノ監督の2003年の作品だ。
筆者はこの作品が初めてだけど「グエムル -漢江の怪物-」とかも撮ってる監督みたいだな。

ガイコツ
筆者はこの作品、観たいなと思っていたところ丁度ヨドバシのワゴンに叩き込まれていたのを発見、保護し観てみたようです。
いや~自称ワゴニストやってて良かったですね~(笑)

ロボコップ
ワゴニストって要はケチンボを言い換えただけな気がするが気にしないでおこう・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




1986年10月23日、ソウル南部の農村で手足を縛られた若い女性の無惨な変死体が発見される。また数日後には、同様の手口で2人目の犠牲者が出た。さっそく地元の刑事パク・トゥマンら捜査班が出動。だが、懸命な捜査も空しく、一向に有力な手掛かりが掴めず、捜査陣は苛立ちを募らせる。その上パクと、ソウル市警から派遣されたソ・テユン刑事は性格も捜査手法もことごとく対称的で、2人はたびたび衝突してしまう。こうして捜査は行き詰まり、犠牲者だけが増えていく。そんな中、ついに一人の有力な容疑者が浮上してくるのだが…。
allcinemaより引用
memories of murder poster
デコボココンビがゆく!
ガイコツ
1986年から起こり始めた連続強姦殺人。地元のパク刑事とソウル市警からやってきたソ刑事が事件解決のために立ち上がる。思うように捜査が進まず犠牲者が増えていく中一人の容疑者が浮上する・・・!という話です。
実際にあった未解決事件をもとに作られた物語みたいですね。

ロボコップ
物語としても面白いんだけどその頃の韓国の農村の雰囲気だったり当時の韓国の独特の空気がちょっと感じられてそういう意味でも面白い作品だよな。
ホントにこんなことあったのかよと疑いたくなるような描写もあったりして。

ガイコツ
当時の田舎の警察の杜撰な捜査の様子とか結構衝撃的ですよね。
拷問で自白とって証拠ねつ造して犯人でっちあげるというのが日常茶飯事という。
そういった部分で現代と近い部分もありつつも異なる社会なんだなという印象を受けますね。

1042.png
のどかな田舎!でも排水溝の先には・・・。
ロボコップ
またこの作品の面白いところはその社会の杜撰で残酷な部分をシニカルなユーモアを入れて描いているところだよな。
拷問して吐かせる描写だったりも残酷さを強調せず間抜けな印象を与える描写にしていたり。

ガイコツ
ただその代わり事件の被害者の描写は容赦なく残酷に描いているのが印象的ですよね。
杜撰で愚かだった警察や社会を描きつつもその事件がどれだけ際立って酷いものだったのかというのがよく伝わってくるように対比的な描かれ方がされているのかなと思いました。

memoriesofmurder02.jpg
お前がやったと吐くまでいじめるのをやめない!
ロボコップ
次に登場人物についてだけど地元のパク刑事とソウルから来たソ刑事の対照的なキャラクターのそれぞれ変化がなかなか面白いな。
田舎のパク刑事はさっきも言ったように拷問や証拠ねつ造してでも犯人を挙げようとする。

ガイコツ
それに対してソ刑事は一つ一つの手がかりから少しずつ容疑者を割り出していこうとしていきます。
最初の方はソ刑事は当時の社会に放り込まれた現代的な感覚を持った人といった印象も受けますね。
そしてその対照的な二人が事件の捜査の中でそれぞれ変化していくんですよね。

ロボコップ
パク刑事は事件を捜査していく中で犯人を決めつける捜査の限界を知り、また一方ソ刑事は手がかりを積み重ねて容疑者を割り出していく捜査の限界を知るといったカンジでそれぞれが自らの捜査の限界にぶち当たるんだぜ。
また限界にぶち当たったときの二人の変化自体も対照的で面白かったな。

memories-of-a-murder001.png
真ん中二人が話題の二人の刑事。はたしてどう変化していくのか・・・!?
ガイコツ
最後にラストについてですが、未解決事件をもとにしたということもあって全くハッピーエンドではないのですが余韻の残る終わらせ方をしているな~と思いますね。
決してスッキリはしないモヤッとする部分のある終わり方なのですが不快なカンジはありませんし。

ロボコップ
あとラストでタイトルの意味が分かるっていうのもニクい作り方だよな。
筆者も最後になって“そういうことか!ガッテンガッテン!”とか言ってたな(笑)

mom3.jpg
この表情の意味は・・・!?そしてこっち見んな。
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
1980年代の韓国の農村という現代に近いんだけど異なる社会というのが舞台として魅力がありますし、その中で起こる事件のミステリー、それを捜査する刑事たちの変化など非常に見るべきところが多い面白い作品ですね。

ロボコップ
話もビジュアル的にもちょっとエグイというぐらいなので韓国映画はエグくてダメって方にも観てみてほしい作品だと思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
とはいえダメージを受けても当方は一切責任を負わないのであしからず!(笑)
ではまたー。




↓全国1億2000万人のワゴニストのみなさんもよろしかったらポチッとな!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/08/26 23:59 ] ハ行 ポン・ジュノ | TB(0) | CM(6)
あのラストがたまんないっすよねぇ。
この手の映画で後日談をやると大概蛇足になってしまうと思いますが、この作品に関してはあの後日談があってこそという感じですね。ストーリー的にはモヤモヤなのに、何と言いますか、映画そのものはそのモヤモヤを突き抜けた高みにまで昇華された「人間ドラマ」になっているところが素晴らしいですね。

まぁ、正直言うと何よりも素晴らしいと思うのは、ほぼイケメンが出て来ないところですが(笑)。ソン・ガンホはぽっちゃり体系で二枚目ではないし、ルーキー役の方も都会的・現代的ではあるけれど、決してモテモテ系じゃなく、どこか武骨な感じがイイですね。登場人物たちの見た目が「非リア充」でも、また違った側面からかっこよく描けているところがグッときます(あ、いや、別にリア充を妬んでいるわけじゃ、、、モゴモゴ)。

ソン・ガンホ主演では、「反則王」というプロレス映画もけっこうオススメです。
[ 2013/08/27 00:53 ] [ 編集 ]
Re: あのラストがたまんないっすよねぇ。
コメントありがとうございます!

おっしゃる通りであの後日談あっての作品というのはすごく感じますね~。
後日談なしのモヤモヤエンドでもまあ面白いのには違いないでしょうが後日談があることによって観た後の印象や余韻が大きく異なってくるのがすごいです。

ほぼイケメンが出てないという点はあんまり意識していませんでしたが素晴らしさの一端を担っている可能性は十分にあるかもしれませんね(笑)
この作品に限らず韓国映画はモテ系ではない武骨で不器用なところがあるキャラをいいカンジに描くのが割とうまいですよね。
これからももっと非リア充をカッチョよく描いていってほしいものです(別にリア充を妬んでいるわけj(ry )

ソン・ガンホはプロレス映画にも主演してるんですね~。
あのゴツイカンジはプロレスラーという役柄もよく似合いそうです(笑)
[ 2013/08/28 00:22 ] [ 編集 ]
実は阪神ファンです
おばんです。

ボクにとってはポン・ジュノの現時点における最高傑作ですね。
笑いと暴力と恐怖と不条理と無力感が渦巻く、
どうしようもなく残酷でリアルな現実がたまらなく大好きです。

主演のソン・ガンホもホントにいい顔してますよねぇ!
ボクは彼を見るといつも阪神の安藤投手を思い出します(笑
逆に安藤が投げているところを見るとソン・ガンホを思い出し、
無性に彼の映画を観てみたくなったりしちゃいます(笑
[ 2013/08/29 22:32 ] [ 編集 ]
Re: 実は阪神ファンです
コメントありがとうございます!

私もすごく面白いな~と思っていたのですが、スパイクロッドさん的にはポン・ジュノの最高傑作ですか!
いや~、いい作品がワゴンに残っていたものです(笑)
おっしゃる通りで様々な要素が絶妙なバランスで混じり合って生まれる残酷でリアルな世界が観ていてクセにありますね~。(自分が行きたいとは思いませんが)

スパイクロッドさんは阪神ファンでいらしたんですか!
プロ野球に関してはライバルですね~!
今年はタイガースのライバルとは言える位置にスワローズがいないのが残念ですが・・・。
ソン・ガンホ、たしかに言われてみれば安藤に似てるかもしれませんね(笑)
安藤と言えば最近の試合で二死満塁の場面で出てきてバレンティンを三振に切ったのが敵ながらやるなと思った覚えがあります。
私も今度から安藤を見たらソン・ガンホを思い出すようになりそうです(笑)
[ 2013/08/29 23:55 ] [ 編集 ]
この監督の作品は面白いと聞きます。
私は「グエムル・・・」しか観たことありませんが、きっとこれも早い展開でギャグっぽいシーンがあったりするのかな。

「グエムル・・・」に出ていたソン・ガンホ、ここにも出ているんですね、監督のお気に入りなんでしょうか。
[ 2013/09/02 03:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

ポン・ジュノ監督の作品は評判のいい作品が多いみたいですね~。
たしかにこの作品もちょっとギャグっぽいシーンはちょっとありますね。
「グエムル・・・」でもそういうところがあったということはちょっとブラックなユーモアが好きな監督なんでしょうかね?
この作品がすごく良かったので「グエムル・・・」も賛否あるみたいですがいずれ観てみたいです。

「グエムル・・・」にもソン・ガンホ出演しているんですか!
おっしゃる通りで監督のお気に入りなんですかね~、ひとクセのあるいい役者さんだと思います。
[ 2013/09/02 23:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。