アイアン・フィスト ~バカ丸出し!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アイアン・フィスト」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はRZA監督の2012年の作品だ。
筆者はこの人のことよく知らなかったのだがヒップホップアーティストで「キル・ビル」とかに音楽で関わっていたりする人みたいだな。

ガイコツ
そういう縁で宣伝文句でも“タランティーノ史上最強チーム結成”なんて書いてあるんですね、タランティーノは実際そこまで製作に絡んではいないみたいですが(笑)

ロボコップ
とはいえイーライ・ロスが共同脚本だったりキャストが割と豪華だったりするのはタランティーノパワーのおかげなのかもしれないな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




19世紀、無法者が跋扈し、武装グループ同士の抗争が絶えない中国の叢林村(ジャングル・ビレッジ)。名もなき鍛冶屋は、猛獅会と群狼団という敵対する2つの勢力から特注の武器を依頼される。そんな中、土地を治める総督から金塊輸送の護衛を頼まれた猛獅会の首領・金獅子が、部下である銀獅子の裏切りに遭い、非業の死を遂げる。銀獅子は猛獅会を率いて群狼団を殲滅すると、金獅子の息子ゼン・イーのもとにも刺客を送り込み、その命を狙う。やがて、瀕死の重傷を負ったゼン・イーを鍛冶屋が匿うことに。一方、金塊輸送の噂が広まり、叢林村には多くのよそ者が集まっていた。その中には謎の白人ジャック・ナイフの姿も。一方、銀獅子一味に捕まった鍛冶屋は、拷問の末に両腕を切り落とされてしまうのだったが…。
allcinemaより引用
the-man-with-the-iron-fists-001.jpg
鉄拳制裁アイアン・フィスト!
ガイコツ
群雄割拠の叢林村!政府の輸送する金塊を狙う強者たち!その抗争に巻き込まれ腕をちょん切られた腕利きの黒人鍛冶屋「お前らゆるさーん!」といったカンジの話です。
まあお話なんてあってないようなものですね(笑)

ロボコップ
そのほとんどない話の中でもいろんなB級C級Z級の流派(?)が入り乱れて戦うところや、物語のメインが復讐譚であるところ、ノリを重視したふざけた演出などタランティーノを意識しているのかなと感じさせる部分が結構多かったな。

ガイコツ
その意識が上手くいってる部分もありましたし、ん?と思う部分もなきにしもあらずだったのですが全体としてはいいカンジで厨二病臭くて作ってる人のバカっぽさが滲み出ていてかなり好みな雰囲気の作品に仕上がっていたので個人的にはすごいよかったです。

the-man-with-the-iron-fists09.jpg
同じ年「レ・ミゼラブル」にも出演しました!なんで出演したし、ラッセル・クロウ!
ロボコップ
次に個性溢れる登場人物についてだが、キャストからしてなんかスゲー濃いんだよな(笑)
場違いな大物ラッセル・クロウに「キル・ビル」のルーシー・リューにヴァンダム主演の駄作「ストリート・ファイター」でリュウを演じてたバイロン・マンなどなんかいろんな意味ですごいメンツが揃ってるぜ(笑)

ガイコツ
その他のキャストも総合格闘家だったりプロレスラーだったり何かしらインパクトがありますしね~。
正直な話主演のRZAが一番影薄い疑惑があります(笑)
役どころ的にも寡黙な男なので主演といえど言うほど目立ってませんし・・・。

man-with-the-iron-fists-pic07.jpg
リュウなのに脇役という不遇な立場にグレてとうとう悪玉の親分にまで上り詰めた男、バイロン・マン!
ロボコップ
そんな主役を潰すような濃いキャストの中でも特にルーシー・リューがカッチョ良かったな!
娼館の女主人という役なんだけど腹に一物抱えた一筋縄じゃいかない雰囲気が怖かったぜ(笑)
年齢を重ねて貫禄が出てきて「キル・ビル」のときよりも個人的には好きかも知れない。

ガイコツ
あとルーシー・リューは戦う姿も美しいのがすごい良かったですね。
あとはブラス・ボディというなぜか分かんないけど体を金属にできる巨漢の役を演じていたデビッド・バウティスタも個人的に好きですね~。
元プロレスラーということもあって体がとにかくスゴイ

ロボコップ
どんなに攻撃してもビクともせずニヤニヤしているというほとんどセリフもない役なんだけどあんだけ体がガッシリしてるとその描写にリアリティが出てくるよな(笑)
なんというかアメコミに出てくるソ連の刺客みたいだったぜ。

The-Man-with-the-Iron-Fists_08.jpg
わざわざ金色に塗りたくらなくても絶対強いマッチョマン、デビッド・バウティスタ!
ガイコツ
最後にアクションシーンについてですが、スピード感があってかつケレン味タップリでなんというかゲームみたいなアクションでしたね。
格ゲーとなんたら無双を混ぜたようなようなカンジと言いますか、とにかく演出で魅せることと爽快感を重視したアクションになってますね。

ロボコップ
本場のカンフーのようなストイックさはそこまで感じられないけどそれとは違ったベクトルでなかなか楽しめるアクションだったと思うぜ。
あと容赦なく血しぶきをドバドバ噴き出すところも好き嫌いわかれるところかもしれんが個人的にはよくやったといいたいところだったな(笑)

lucy-liu-as-madame-blossom-in-the-man-with.jpg
みんな大好きキラーアネゴ、ルーシー・リュー!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
タランティーノ風味な作風、バカっぽさ丸出しの設定やストーリー、やたら濃いキャラ達、楽しい血しぶきドバドバアクションなどとことんB級ですがハマる人にはガッツリハマる作品だと思います。

ロボコップ
B級映画やアクションが好きな人は観に行ってみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
何も考えないで観られる作品なのでストレス解消にももってこいですよ!(笑)
ではまたー。





↓印象が薄いので主演のRZAの画像を載っけ忘れてしまった!見たい人はこちらで探してみてほしい!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/08/05 23:23 ] ラ行 RZA | TB(0) | CM(2)
面白そうです!
こんにちは^^

凄く面白そうな映画ですね!
気になってしまいました><
ストーリーがあってないようなものだったり突っ込みどころが多そうな気がしますが、それを知った上で観たら凄く楽しめそうです。
何気にキャストが豪華ですね!
勢いがありそうな映画です。
主人公が一番影薄い、っていう部分で吹きました(笑
タランティーノ風味なB級厨二映画、という感じでしょうか?
機会があれば是非観てみたいと思います^^
[ 2013/08/07 16:58 ] [ 編集 ]
Re: 面白そうです!
コメントありがとうございます!

良くも悪くもやりたいように好き放題やっているフリーダムなカンジが面白い映画でした!
おっしゃる通りで作品のB級厨二な雰囲気を知った上で観れば楽しめる部分の多い映画だと思います。
なぜか分からないけどキャストが豪華ですよね~!・・・そのおかげで主人公が食われているという残念な面はありますが(笑)
機会があれば観てみてください!
[ 2013/08/07 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL