スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベルリンファイル ~エグくなーい~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ベルリンファイル」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はリュ・スンワン監督の2013年の作品だ。
以前映画館で観た予告編がなんだか面白そうだったので観に行ってみたようだ。

ガイコツ
あと主演のハ・ジョンウが以前観た「哀しき獣」やら「チェイサー」やらで見覚えがあったのも大きいかもしれませんね。
どっちもなかなか面白い作品でしたし。

ロボコップ
ハリウッド映画ならまだしも韓国映画とかになるとどれが面白そうかとか手掛かりが少ないから予告編とかこういう役者や監督のつながりで選んでしまうことが多くなるよな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




北朝鮮諜報員ジョンソンは、アラブ組織との武器取引現場を韓国情報院のエージェント、ジンスにかぎつけられ、からくもその場から脱出。なぜ取引の情報が南側に漏れたのか疑問を抱くが、ほどなくしてジョンソンの妻ジョンヒに二重スパイ疑惑が浮上する。やがてジョンソン自身も巨大な陰謀に巻き込まれていき、CIAや中東諸国、ドイツの諜報機関までが事態に介入し、さまざまな思惑がベルリンで交錯する。
映画.comより引用
o065009201025009_650.jpg
スパイアクションって響きがなんか好き
ガイコツ
ベルリンで繰り広げられる北朝鮮と韓国の諜報員の熾烈な戦い!北朝鮮の元英雄ジョンソンはアラブ組織との取引が韓国の諜報員ジンス妨害されたことから北朝鮮内部に内通者がいることに勘付く。ジョンソンの妻にも疑いがかかる中一体誰が内通者なのか、そしてその裏に渦巻く陰謀とは!?という話です。
内通者とその陰謀の謎を中心に話が展開していくスパイアクションといったカンジの作品ですね。

ロボコップ
謎が解明されていく中で物語が二転三転していってどう展開していくか分からないから緊張感が途切れないし、合間合間にあるアクションで物語の緩急も程良くついていてなかなか上手く作られてるなと思ったぜ。
謎の多さと人物関係の複雑さから終盤で整理されるまでちょっと話が分かりづらい部分もあったけどそこさえ我慢できればなかなか面白い作品だと思うぜ。

ガイコツ
あと韓国映画ということである程度エグイことを想定していったのですがこの作品はそういう部分は少なくてエンタメ寄りになっているのがちょっと意外でした。
容赦ない重い話好きな方には少し物足りないかもしれませんが人を選ばず観られる作品になっている思います。

main_large_201308022232204ec.jpg
北のエースことピョ・ジョンソンさん
ロボコップ
次に登場人物についてだけど、主人公の北朝鮮の諜報員ジョンソン役のハ・ジョンウがいい味出してるな。
普段は寡黙であんまり感情を露わにしない、とにかくタフでストイックと凄腕諜報員感が滲み出てるカンジ。
でも単なる超人ではなくて人間らしいところもちゃんとあるという。

ガイコツ
妻のことにはなりふり構わず必死になったりと人間らしい・・・というか人間臭いところを端々に感じさせるのがいいんですよね~。
激しいアクションの後にはちゃんと手当のシーンも挟みこまれているところも個人的に好きです(笑)

sub1_large_20130802223223c39.jpg
奥さんは俺が守る!
ロボコップ
次にそのほかの登場人物についてだが、北のジョンソンと対となる韓国の諜報員で韓国側の主人公ともいえるジンスについてだがこちらもキャラが渋くていいな。
諜報員として腕は立つんだけど昔堅気の堅物で組織でうまく立ち回れないから出世できないという。

ガイコツ
こちらも人間臭い、男臭いカンジがなんともイイカンジですよね~。
あとは登場人物全体のの描き方として北朝鮮だから悪、韓国だから善みたいな単純な描き分け方をしないでどちらにも食えないやつらがいて裏で思惑が渦巻いているというのが良かったと思いました。

sub3_large_20130802224431c2f.jpg
南のいぶし銀ことジンスさん、ロケーションもグッド!
ロボコップ
最後にアクションについてだが、やっぱり韓国映画って追いかけっことか近接格闘のシーンのスピード感がすごいあって上手いな~。
物語と同じくアクションの方も痛い描写やエグミは少なめだったけど見ごたえは十分だったぜ。

ガイコツ
あとアクションの中でところどころある本当か分からないけど妙に説得力のある描写が面白かったですよね。
韓国のジンスに銃をこめかみに当てられたジョンソンが「南ではこめかみに当てるのか、照準がずれるぞ」とか言って本当に銃撃を避けちゃったりするところとか(笑)

ロボコップ
あとハンドガンの弾が切れた時に銃身を持って柄の部分を鈍器として殴りあったりな。
後から考えると本当なのかなと思うところもあるんだけどなかなかケレン味があるから観てる時はおぉ!スゲーカッチョイイ!と興奮してしまったぜ(笑)

main_new_large.jpg
みんな大好きなこの構図ももちろんあるぞ!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
韓国映画に多い容赦のなさはあまり感じられないですが緊張感のある物語にスピード感のあるアクション、人間臭さのあるキャラとなかなか面白いスパイアクション作品だと思います。

ロボコップ
エグミも少ないので人を選ばず楽しめる作品だと思うので興味のある人は観てみてはいかがだろうか。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
映画館で観られる方はもうじき公開が終了する頃だと思うので早めに行かれた方がいいと思いますよ!
ではまたー。





↓スパイとか陰謀はないので安心してよろしかったらひとポチお願いします↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/08/02 22:53 ] ラ行 リュ・スンワン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。