スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パシフィック・リムの感想をサラッと話す会

ガイコツ
どうもです。
今回は抽選に運よく当たりジャパン・プレミアを観に行くことができた「パシフィック・リム」について話していきましょう。


ロボコップ
とはいってもまだ公開されていない作品なのでネタバレしないように今回は全体の感想をサラッと言ってくだけにするつもりなんだぜ。
公開されたらまた観に行って別の記事で詳しく・・・といってもいつものざっくりしたカンジだが内容も踏まえた話もしていく予定だ。


ガイコツ
この記事についてもネタバレはしないように注意はしてますが意図せぬものがあるかもしれないのでやっぱり一応この先はネタバレ注意で読んで下さいね!





2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡をかけて団結し、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は英知を結集して人型巨大兵器「イェーガー」を開発。KAIJUとの戦いに乗り出す。それから10年が過ぎ、人類とKAIJUの戦いは続いていたが、かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロット、ローリーは再び立ち上がることを決意。日本人研究者のマコ・モリとコンビを組み、旧型イェーガーのジプシー・デンジャーを修復する。
映画.comより引用
Pacific-Rim-Poster.jpg
うおおおお!サラッとなんてできるかー!
ガイコツ
話は簡単に言うとロボットと怪獣がドーンときてガシャーンとやる話なのですがとにかく熱いですね!
8割方、いや9割以上燃えシーンで構成されていると言っても過言ではないかもしれません。
観てるこっちもずーっと燃えっぱなしで観た後筆者なんか燃え尽きてグッタリしてましたからね(笑)

ロボコップ
休みなく燃えシーンが続くっていうのはすごく疲れるよな、もちろんいい意味でだけど(笑)
もうとにかく作品全体が監督の好きなことを時間いっぱいに詰め込めるだけ詰め込んだっていうカンジの構成になっていてそのほかの要素についてはホント必要最小限に抑えられているぜ。

ガイコツ
オリジナル作品ですしビジュアルガイド読む限りだとかなり設定も作りこまれてるにも関わらず世界観について冒頭3分で一気に説明するという力技っぷりですからね(笑)
ダラダラ説明されるよりこっちの方がずっと良いのですがあまりに簡素で観ながら笑ってしまいました。

Pacific_Rim_Image18.jpg
好きなもの、詰め込んでます。
ロボコップ
次に見所のロボットと怪獣がドーンときてガシャーンと対決するシーンについてだけどホントスゴイド迫力で対決してる間中鳥肌立ちっぱなしだったぜ!
割と冒頭の方から対決シーンがあるんだけどその時点でおなかいっぱいになれるレベルだったな(笑)

ガイコツ
もし開始10分くらいのシークエンスが終わったところでFINって出て映画が終了したとしても拍手して納得して帰るくらいの満腹感がありましたからね~(笑)
あと戦い方についてですが日本の特撮やロボットアニメっぽさとかプロレスっぽいところがあるのがいいですね。

ロボコップ
派手さとケレン味がたっぷりだし優勢劣勢が入れ替わりが激しく起こる中で傷つきながらギリギリの戦いを繰り広げるところがもうホント燃えるんだよな!
このスマートさのかけらもないところが最高だぜ!(笑)

IMG_1567.jpg
開会前のレッドカーペットの様子
画面に写ってるのはMFJ(マイ・フェイバリット・イェーガー)のチェルノアルファちゃん!無骨!

ガイコツ
次に画面についてですがただ派手なだけじゃなくてすごく細かいところまでこだわって作りこまれているのはさすがデル・トロ監督というカンジがしましたね。
対決の部分の作りこみはもちろん素晴らしいですしそれ以外のチラッとしか映らないところに関してもガッツリと作りこまれてるなという印象です。

ロボコップ
個人的には特にシャッタードームというイェーガーの基地の中の描写はすげーワクワクしたから見所だと思うぜ。
あと画面がしっかりと作りこまれているからか3D演出もなかなか効果的に感じる場面が多くて良かったな。
遠景での奥行きもよく感じられるし、雨の描写や対決の中で建物の破片が飛んでくる飛び出す描写についてもかなり楽しめたわ。

ガイコツ
あと個人的にすごく圧倒されたのが怪獣のドアップのシーンですね~。
ドアップで咆哮するシーンとか3Dだと怪獣の鼻息がかかっているような感覚になってもう大興奮でした!
ここらへんの描写については是非大きなスクリーンで観てほしいと思うところですね~。

ロボコップ
まあこの作品全体がデカイスクリーンで観てなんぼスクリーンの大きさと面白さが比例するような部分があるよな(笑)
予告編とかで観たシーンも劇場で観るとホント全く別物に感じるから観るならデカイスクリーンの劇場がとにかくオススメだぜ。

PacificRim-ConFootage-07.jpg
ド・迫・力!・・・のハズなんだけどこれだと伝わらないかなー(したり顔)
ガイコツ
登場人物についてはあんまり触れるとネタバレになってしまうのでアレですが、司令官役を演じるイドリス・エルバが熱かったですね~。
この人「プロメテウス」でも熱いことやってましたが今作も非常に熱い男を熱演してます。

ロボコップ
イドリス・エルバが菊池凛子に日本語で話しかけるシーンが何箇所かあるからイドリス・エルバのたどたどしい日本語が聞きたい人は字幕版がオススメだぞ!(笑)
その他の人物については出演はチョットだけだけど芦田愛菜ちゃんの殺しの泣き演技はやっぱすごいな(笑)
あとゴリさんことロン・パールマンもクセのあるいい役で出てるから好きな人は期待していいと思うぞ。

pacific130328_2.jpg
中年男性が小学生の女児を担ぐ事案が発生
ガイコツ
良い悪い以前にもうとにかく好きな作品だったのでサラッと話すつもりがなんかヒートアップしてしまいました、すいません。
でも極力内容には触れてないのでネタバレにはなってない・・・ですよね?

ロボコップ
もしネタバレをしてしまっていたらコメント欄に“死ねバカ野郎”とでも書いておいてもらえると助かるんだぜ(笑)
そろそろ話をまとめるがスゲー燃えるスゲー迫力の作品なので興味のある方は是非デカイスクリーンで観てみてほしいぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
なんかこの記事書くのにも燃えたのでまたグッタリしそうな気がします(笑)
ではまたー。





↓燃え尽きてグッタリした筆者に火をつけるあなたのクリックをお待ちしております↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。