スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲 ~家族愛?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」について話していきましょう。
やたら長いタイトルですね(笑)

ロボコップ
この映画はジョン・ラッセルホップ監督の2013年の作品だ。
そしてトビー・フーパー本人が作った「悪魔のいけにえ2」をスルーして悪魔のいけにえの正統続編を名乗っているけしからん作品だぜ。

ガイコツ
この事態を重くみた筆者は早急に調査せねばならんということで劇場に足を運んだようです。
そして楽しむ暇もないほどかなり綿密な調査を行ってきたようです・・・!

ロボコップ
初日ということもあってかチケットのもぎりのところでレザーフェイスがチェーンソー持って「ブィィィィン!」とか言いながらお出迎えしてくれていてテンションあがったとかそんなことは決してなかったからな・・・!
明らかに浮かれていた筆者の話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




1作目のラストで命からがら逃げ出したサリーの証言で悪事が明るみになったソーヤー一家は、自警隊の手で皆殺しにされた。唯一生き残った赤ん坊ヘザーは自警隊の夫婦に助け出された。時は経ち、成人になったヘザーの元に祖母が亡くなったとの知らせが届く。そして祖母が生前住んでいたとされる洋館に友人たちとともに向かうが、そこには死んだはずのレザーフェイスの魔手が伸びでいた。
Wikipediaより引用
0f1c39b5.jpg
綿密な調査を行わねばならん・・・!

筆者のうかれた様子調査風景
IMG_1537.jpg
ムムム!このパネルは!?ちょっと顔を入れてみたいぞ!とりあえずパシャリ!

IMG_1540.jpg
ちゃんと形として残る思い出証拠もおさえとかねばならぬ!ということでパンフ!
真ん中の方にある丸いステッカーにはYou are Sawyer family!!!って書いてある・・・勝手に認定された!!

ガイコツ
町の人たちに皆殺しにされたソーヤー家の唯一の生き残りで出生の秘密を知らされないまま育てられた少女ヘザー。そんなヘザーの元にある日今まで存在すら知らなかった祖母の訃報が届く。祖母の遺産として大きな屋敷を相続することになり喜ぶヘザー、しかし屋敷は住人が一人セットで付いてきていたのだ・・・!という話です。
簡単に言うと祖母の屋敷相続したらレザーフェイスついてきたんだけど!って話です(笑)

ロボコップ
話の展開をざっくりと分けると前半がレザーフェイスが大暴れ、後半が町の人に主人公ヘザーとレザーフェイスが追い回されたりてんやわんやといったカンジだぜ。
前半はいつも通りなんだけど後半がレザーフェイスではなくソーヤー家を根絶やしにしようとする町の人を悪として描いてるのが今までと違うところかな。

ガイコツ
あと後半に関しては同じく町の人に追われる者としてのレザーフェイスとヘザーの血のつながりや絆を描いているのも珍しい部分ですよね。
ただ個人的にはそこがイマイチノれなかった部分でもあったりするのですが(笑)

texaschainsaw3d_713_main.jpg
前作のシーンの一部も微妙に3D化したものが見られます
ロボコップ
次に登場人物についてだが、主人公のヘザーはちょっとセクシーでスクリームクイーンとしてもビシッと決まってるカンジでいいですな!
スクリームとセクシーさ以外の部分は・・・あんまり印象にないけど(笑)

ガイコツ
やっぱりというか何というかレザーフェイスのインパクトが強すぎて周りのキャラ、特にちぎっては投げされるキャラはほとんど印象に残らないですね・・・。
まあデニス・ホッパーみたいな殺人鬼を食ってしまうキャラがいる方がおかしいんでしょうが(笑)

203428_400.jpg
主人公のヘザー with ちぎって投げられる軍団
ロボコップ
そんな周りを消し飛ばしてしまうくらいのレザーフェイスについてだけど、前半の大暴れパートの面白さはさすがレザーフェイスだなと感心してしまう出来だったと思うぜ。
チェーンソーで白い煙ふかしながら走ってくる大男、やっぱりこれすごいいいな!

ガイコツ
また撮り方がいいんですよね、遠景を撮って真ん中に段々近づいてくるレザーフェイスが!だとか故障してパニックになった車内の様子を映しながらリアウインドウには走ってくるレザーフェイスが!だとかドキドキ感を煽る描写が秀逸です。
後半になると打って変ってアレッという描写も段々増えてきてしまうのが残念ですが・・・。

ロボコップ
後半になると前日レザーフェイスに友人を三人惨殺されたはずのヘザーからは血を分けた親類として認識されてしまう(なぜ許したし)し、悪役は町の奴らに完全にシフトしてしまうし恐怖の対象としての魅力がイマイチ薄れてきてしまうんだよな。


203435_400.jpg
遊園地にもちょっとだけ出張
ガイコツ
最後に3D表現やゴア表現についてですが、3Dについては全体としてみると3Dだからこそ!みたいなシーンはそこまで多くはなかったですね。
何箇所かあざといぐらいにチェーンソーが飛び出してくるところがあったくらいで(笑)

ロボコップ
あの使い方はジェームズ・キャメロンが怒る3Dの使い方だったな、すごい楽しかったけど(笑)
続いてゴア表現についてだけど思ったよりもエグイところは少なかったかな、体真っ二つにされるヤツはいるけど。
血やはらわた成分もあまり強調もされてないから精神的にキツいということはないと思うぜ。

203430_400.jpg
ちょっと体を真っ二つにするだけだからね~!
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
楽しかった部分もイマイチノれなかった部分もありますがなんだかんだで結構面白いアトラクションホラー作品だと思います。

ロボコップ
悪魔のいけにえが狂おしいほど好きって言う人にオススメするのはちょっと怖いけど軽い気持ちで観に行ってみる分には割と楽しめるんじゃないかな。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。

ガイコツ
名作のリメイクや続編を勧めるときはどうしてもチキンになってしまいますね(笑)
ではまたー。





↓ひとポチしていただけると筆者が飛びだすくらい喜びます↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
観に行く予定なので、サラっと流して読ませていただきました。
観て来たら、シッカリ読みにきます^^

パネルの穴から顔出した画像が見てみたかったです(笑)。
[ 2013/07/18 13:12 ] [ 編集 ]
今晩は~。
題名の「飛び出す」はいらんと思いますが。
パンフの表紙だけ見ると真夏に遊園地でやってるお化け屋敷の宣伝広告みたいですね。
というか、これってトビーフーパーに続編の許可もらってるんでしょうか?

元祖「悪魔のいけにえ」は15~6年前に六本木の俳優座の映画館(現在は閉館)で
ニュープリント版が上映されたとき初めて鑑賞。相当、怖かったです。
そんなに血が飛び散る映画ではないんですけどね。

(プロ野球も前半戦が終了~。お楽しみのオールスターが始まりますね。
 わがスワローズは・・・。一昨日、昨日の試合を観て泣きたくなりました(T_T)
 なにがどうしてこうなった?全てはケガ人でしょうか。
 そろそろ首脳陣の進退問題がでそうですが、小川監督は続けてほしいと思ってます。)
[ 2013/07/18 23:37 ] [ 編集 ]
Re: シャロンさん
コメントありがとうございます!

シャロンさんも観に行かれるんですね!
この作品は飛び出すと銘打ってるだけにやっぱり3Dで観たいですよね~。

パネルについては一人で観に行ったので残念ながら他の人たちが顔出してイェーイ!とかやってるのを指をくわえて眺めていることしか出来ませんでした(泣)
[ 2013/07/19 23:36 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

たしかに「飛び出す」ってついてるとちょっと安っぽく見えますよね。
でもあった方が観る前のハードルを下げるという意味ではあった方が無難かも・・・と思ったり思わなかったり(笑)
遊園地のお化け屋敷みたいな雰囲気はかなりあるかもしれません。自らホラーアトラクション3Dって銘打ってますしね。
トビー・フーパーはどう思っているんでしょうね~。パンフパラパラと読みましたが書いてませんでした。
オリジナルのキャストの方が何人か出演されていたりしてますし一応オリジナルをリスペクトはしている作品ではあると思いますよ。

前半戦は最下位ターンとは・・・覚悟はしていましたがキツイですね~。
しかも最後に三タテ、バーネットもせっかく調子を取り戻しかけていたのに回跨ぎで崩れてしまったりとなかなかうまくいきませんね・・・。
とはいえ前半戦多くて辛かった怪我人がだいぶ帰ってきたので後半戦は是非巻き返してほしいです!
あとは不調のメンバーも調子を取り戻してくれればいいのですが・・・日高とかどうしちゃったんでしょうか(泣)
批判も増えてきましたが私も小川監督には続けてもらいたいと思っています。今まで何度か夢を見させてもらいましたし不調と言ってもまだシーズン半分ですからね。是非後半巻き返して批判していた人たちをギャフンと言わせてほしいです。
[ 2013/07/20 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。