スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エクステ ~狂気!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エクステ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は園子温監督の2007年の作品だ。
「みんな!エスパーだよ!」って園監督が関わってたドラマを最終回までこの前見終えたので園監督の映画も久しぶりに観てみるかということでレンタル屋で目に付いたこれを観てみたようだ。

ガイコツ
「みんな!エスパーだよ!」は面白かったんですが色々な意味でひどい作品だったのでお口直し的な意味もありますね(笑)
染谷君はすごい頑張ってましたけどね!


ロボコップ
まあ気になる人は観てみてはいかがだろうか・・・とドラマの話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





ある日、横浜港に到着した巨大コンテナから膨大な量の髪の毛に埋もれた少女の遺体が発見される。その直後、美容師の卵・優子が働く美容室の周囲で次々と不可解な出来事が起こり始める。やがて優子の元に、エクステを売り歩く山崎という男が現れ……。
映画.comより引用
exte-hair-extensions.jpg
♪つ~けげつ~けげつけげつげ~
ガイコツ
非業の死を遂げた少女の髪から作られたいわくつきのエクステ、付けたやつ関わったやつみんな凄まじい死に方していくよ!という話です。
なんというかすごいエキセントリックな雰囲気の作品ですね。

ロボコップ
ジャンル的には一応ホラーではあるんだけど園子温監督の狂気を纏って突っ走れ的な強烈な演出が作品全体に色濃く出てる作品だよな。
ケレン味もたっぷりだし。

ガイコツ
怖いはずのホラー描写に関してもなんかものすごくコッテリとした味付けがされすぎていてよく分からないことになってますからね(笑)
色んな部分がとにかく狂ってるなというのをすごく感じます。

061225_exte_main.jpg
めくるめくモジャモジャの世界・・・!
ロボコップ
次に登場人物についてだが、いわくつきエクステを配って回る髪の毛フェチの変態男を演じている大杉漣がメチャクチャ狂っててすごいビビる(笑)
そしてとにかく気持ち悪いのなんのって!(褒めてます)

ガイコツ
エキセントリックなこの作品の中においてもキワモノ的な際立った存在感がありますよね。
さすがとんでもない狂人を生み出すことに定評のある園子温作品だなと思いますね(笑)

ロボコップ
♪ヘアーヘアーマイヘアーと楽しそうに歌って踊るキモい大杉漣を見られるのはこの作品だけ!
「冷たい熱帯魚」のでんでんみたいにこの後他の作品を見るときも引きずりそうなレベルの強烈な気持ち悪さだったぜ・・・(笑)

vlcsnap152505cl8.jpg
ド、ド変態の大杉漣だ~!
ガイコツ
その他の登場人物についてですが、主役の栗山千明はなぜだかはよく分からないですがやっぱり存在感がすごいありますね。
これがオーラとか華とかいうヤツなんでしょうか。

ロボコップ
特別好きなわけでもないんだけど何というか・・・すごい独特な魅力のある人だよな。
あとはほとんど話に絡んでこないけどチョイ役で柳ユーレイが出演していて、あぁ今日本のホラーを観ているんだなぁという気分がすごく高まった(笑)


exte-hair-extensions-kr3_3.jpg
存★在★感!
ガイコツ
先程すごいコッテリな味付けと言ったホラー描写についてですが、髪の毛の持っている生理的嫌悪感を抱かせる部分を強調したいや~な描写と園監督の笑ってしまうくらいハイテンションな狂った描写が絶妙に混ざり合ってものすごくシュールなシーンが出来上がってますよね。

ロボコップ
あまりにシュールすぎて観てるこっちも笑ったらいいのか顔しかめたらいいのか段々よく分からなくなってくるからな(笑)
ここまで反応に困るホラー描写は久々かもしれん・・・。

vlcsnap148454vi2.jpg
vlcsnap148989zu4.jpg
シュールすぎて反応に困るシーンの一部
ガイコツ
そろそろまとめに入りますが、
狂った園子温ワールドをサクッと手軽に楽しめる面白いホラー作品だと思いますね。


ロボコップ
園監督の作品はなんか重い作品が多いと敬遠している人にもこの作品は結構オススメできると思うぜ。
では今回はこのくらいかな、じゃあの。


ガイコツ
・・・そういえばお口直しのつもりで観たはずだったのにスッキリするどころか余計にコッテリしてしまった気がします(笑)
ではまたー。





↓お口直しにひとポチいかが!↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
[ 2013/07/10 23:16 ] サ行 園子温 | TB(0) | CM(4)
大杉漣って、こう言う役凄く楽しんでやってる気がします。
変な役多いですし。。。

あらためて画像を拝見すると、一歩間違えたら…ギャグですね。
わらかしてるとしか思えません(笑)。

[ 2013/07/11 05:27 ] [ 編集 ]
大杉漣、いいですねー
私の大好きなホラーの一作です。

のろいの本体である、最初の、不幸な人身売買少女は影を薄めてしまい、最後にはヒロインを助ける始末。(笑)

とにかく大杉変態ワールド一色。
「ヘアーヘアー」の歌もすばらしいけれど、それよりも、「発狂する唇」の中で、大人のおもちゃを持ってとち狂っていたシーンが忘れられません。
そういえば、DVDの特典にあの歌のフルバージョンもありましたね。

そうそう、この映画が出てきたころ、「どうして目や口から毛があふれ出るのに、鼻から出ないんだろう」という疑問をよく目にしました。

・・・・天才バカボンになっちゃうからですね。
[ 2013/07/11 07:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

大杉漣は確かにすごく楽しそうでしたね~。
これからもたくさん変な役を思いっきり弾けて演じてもらいたいです(笑)

一歩間違えたら・・・というか一二歩間違えてギャグになってるのもいくつかある気がします(笑)
[ 2013/07/11 23:34 ] [ 編集 ]
Re: 大杉漣、いいですねー
コメントありがとうございます!

tainao7さんもこの作品お好きなんですね!
そういえば呪いの本体の少女は結局どうなったんでしょうね・・・。
ヒロインたちも完全に事件のこと忘れて前向きに生きていこうみたいなカンジですし(笑)

大杉変態ワールドにはとにかく圧倒されましたね~。
「発狂する唇」にも出演されてるんですか・・・しかもまた変態っぽい役で(笑)
DVDの特典教えていただいてありがとうございます!危うく見逃すところでした・・・!

毛が鼻から出ない理由・・・笑わせていただきました(笑)
[ 2013/07/12 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。